2017.05.22 嬉しい悲鳴!
 表紙はナナちゃん親子です

       デコ2
       ( 画像提供 遠藤さん)


■本日の譲渡は3件です。 



① 岳子ちゃん、お試しで山形へ

170521_1339~02
27年の11月、泉ケ岳に捨てられた子でしたので「岳子」と。正式に譲渡が決まったらすてきな名前をつけてもらうといいね。

170521_1339~03 170521_1341~01
すんなりとケージに入って、山形のお家へ・・
先住猫とうまくいくことを願います。


     クロ猫
         「岳子、うまくやれよ」


②残された猫ちゃんのために心の支えを・・

170521_1123~01 170521_1123~02
亡くなった子の写真を拝見しましたが、2頭のしっかりした絆が伝わって来る写真でした。
山形からのお越しですが、仙台にいらっしゃる際には是非お立ち寄り下さい。

170521_1122~01
残された子はメスとのことなので、この子が新たな張り合いになればいいですね。

⇒はるかさんからのコメントで「こむぎ」ちゃんと命名されました。先住猫の「しょこら」ちゃんとの対面もうまくいったようで安心しました。

おじょうちゃん
   「トイレやタオルなどありがとうございました・・」


③ お隣の富谷市からお迎えです。 

170521_1029~02
電話連絡を頂いておりました。 
メスの八割れちゃんに白羽の矢が・・

170521_1027~01 170521_1029~01
「お家に来るか?」

170521_1031~01 170521_1032~01
3日間滞在の5兄弟、すべて譲渡決定です。
宜しくお願い致します。


    スゲー
         「素直にスゲー!!」

★ 本日の時点で譲渡対象の仔猫はおらず、乳飲み子たちの予約ということになります。


■「飼えないけど遊びに来ました」と・・
170521_1359~03 170521_1400~01
「高齢のため猫との生活は諦めています」と奥様。お二人とも猫好きで、特にご主人は目を細めて猫を眺めていらっしゃいました。残された日々を好きな猫と一緒に・・という強いお気持ちをお持ちでしたら当サロンでサポートしていくつもりです。サロンでの生活がストレスに感じている高齢猫にとって静かな環境を提供できるのであればその子のためにもなります。

   ライオン
   「人間にとっても猫にとっても幸せなのが一番だよな・・」


■山中さん、ナナちゃんに面会
170521_1247~02 170521_1245~01
ナナちゃんにフードの差し入れ、ありがとうございます。
170521_1249~01
人間を信頼しているからこそ隠すことなく安心して子育てしています。

花


■猫の魅力を引き立ててくれます。
中継後の休日はきっと忙しいだろう・・と遠藤さんご夫妻がお手伝いに来て下さいました。フットのシャンプーやら猫部屋の掃除、餌やり、台所の洗い物など病院へ行っている間に済ませて下さって助かりました。本当にありがとうございます。そして、この子たちのデコ写真・・感謝!!

デコ1
向かって左から小太郎、ブラック、ビリオ、エイト(遠藤さん命名)

デコ5
三毛のオスは相場1千万円との事・・ 
三毛のオスの海(カイ)です。どーする、海?

デコ4
チロにはいつも顔を舐められて、パックをしたようにカピカピになってしまいます。

デコ6
小太郎は今どんな気持ちなの?

デコ3
ドライヤーで命拾いした子なので「ライヤー」と命名 

デコ8
年下野良猫のノラオと恋仲のオヨネ。
離されると益々燃える恋心・・オヨネの気持ちが伝わってきて私も切ないです。 


   洗濯くま
     「マヤめ・・こんなに洗いものをためて 


★スマホでブログを見る方に

  パソコン画面ですと連絡先やメールアドレスなど全部入るのですが、スマホだとその箇所が画面から外れてしまうようです。
ですのでしばらくの間、電話番号を最後に記載致します。

  命のリレー 連絡先) 080-3018-5209



   


「てれまさむね」の中継のおかげです。!

     犬と仔猫



■中継を見た知人が教えてくれました。

170520_1444~03 170520_1443~04
宮城野区からいらっしゃいました。
「どの子にする?」(パパ)


170520_1443~02 170520_1443~01
「この子も可愛いわねー」     「僕はこっちかな」

170520_1453~01
「この子に決定!!」
猫を飼うのは初めてとのこと。
ご主人はワイヤーネットの手製ケージの画像(里親の庄司さんが送ってくれました)を見て、作る気満々でした。


お花
  「お茶も差し上げませんで失礼しました。」


■丸森からいらっしゃいました。
お父様とお母様は隣で待機。

170520_1310~01アビシニアン

  おじょうちゃん
  「チビちゃんたちをよろしくお願いします」

 

■ナナちゃん、風邪で受診。

看護婦
 「授乳に影響のない注射をします」


170520_1840~01
ケージの中では大暴れでした。

170520_1844~01 170520_1843~01
 暴れる子はケージの中で点滴した方がいいですね。



      猫姉妹
     明日も仔猫が来る予定です。


★仔猫を飼うにあたって★
パソコンには多くの情報がありますので、知識を身につけて「賢い飼い主さん」になって下さい。知識は受診の際にも役立ちます。

① 自力での体温維持がまだ完全ではないため体温保持の援助が必要。
  今の時期でもまだホッカイロやペットヒーターが必要です(特に夜)。人間が肌寒いと感じる時、猫はその倍の寒さを感じています。特に仔猫にとって寒さは免疫力を低下させる大きな要因ですのでフワフワの膝かけやペット毛布の中にカイロを入れてあげて下さい。

②仔猫にとって睡眠は大切
寝いてる時はそっとしておいて下さい。自ら遊ぼうとしない限りはあまり構わないこと。可愛いとつい撫でる時間も多くなってしまいますが、猫にとって過度のスキンシップはストレスになります。

③良質のフードを与えて下さい。
仔猫の時期は骨や内臓が正常に育つ大切な時期。フードの質は免疫力の保持やその後の成長に大きく影響します。
「猫だから安い餌でいい・・」という意識は、結果的に医療費の出費を多くするだけです。



④食欲減退、下痢、嘔吐、鼻づまりやくしゃみなどがみられたら「様子を見る」ではなく、すぐに受診して下さい。
様子を見ている間、刻々と状態が悪化します。身体が小さい分、重篤になるのも早いです。

トトロ
   「大切なのは猫の気持ちになって考えることよ」


最新里親募集!
  2017-5-19版



        にぎやか猫
         仔猫は忙しいのだ・・


■中継後、飼い主希望の問い合わせや保護依頼がありました。

仔猫を保護したけどその後のいろんな事情で途方に暮れていた方や、飼い主の死亡に伴う猫の保護などの相談があり、差し当たり3頭の仔猫の飼い主さん募集を致します。


連絡先 080-3018-5209

仔猫
①オス 1ヶ月⇒28日譲渡決定

170519_2246~03 170519_2246~01
②オス 40日⇒譲渡決定

170519_2241~02 170519_2244~01
③ オス 40日⇒譲渡決定

170519_2238~01カッパ猫
  ただ今、威嚇中!!


★ ご連絡、お待ちしております。

 

■春ちゃん、回復の兆し。
通院の効果はもちろんですが、支援して頂いたad缶とOS-1を強制的に食べさせていたので重篤な脱水症は免れました。ミネラル水とモニター中のサプリメントも効果的だったのかもしれません。最悪の肺炎にもならず、本当に良かったです。

170520_0057~01 170520_0058~02



■離乳食をありがとうございます。 
山形のゆきママさんよりたくさんの離乳食を頂きました。
これから仔猫が続々来る予定ですので助かります。


170520_0019~01 170503_1451~01
    ありがとう


■コメントありがとうございます。

◎ はるかさんへ⇒ 日曜日はオープンしておりますので是非遊びにいらして下さい。トイレも使用させて頂きます。

◎ ゆずママさんへ⇒ゆず君は寂しがり屋さんのようですが、人間依存に陥ることなく成長させることも愛情のうちです。皆さんの愛情を受け止め、きっと逞しくなりますよ。


      クロ
  「甘えん坊なのが猫の魅力・・その姿に皆心奪われるのだ・・」

猫が可愛く映ればいいのだ・・

      トトロ1


■中継、無事終了しましたー

年末の大掃除を今した、という感じ。
特にデッキのコタゴタはなくなりました。アラが見えないように・・と願いつつ撮影は終了しました。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした。


(TV画像提供:くっきーさん)
170518_193344.jpg 170518_193353.jpg 
ミルクを飲ませる時の要領について説明中


170518_193404.jpg 170518_193426.jpg
保護したらまず身体を温めることが大切。ホッカイロがない場合は、お湯を2つのペットボトルに入れて、タオルで包み、間に仔猫をいれるといいです。

170518_193526.jpg 170518_193509.jpg
本日、飼い主さんに譲渡の茶トラ君です。

170518_1849~01
それと女の子の飼い主さん。
猫を飼っていらっしゃる娘さんが後見人になって下さいます。


★この女の子の兄弟がまだおりますので飼い主さんを募ります。
画像は後日掲載いたします。



よろしくカエル


170518_1721~03 170518_1721~04
取材スタッフの方々とレポーターのお姉さん。


170518_1722~01 170518_1720~03

170518_1720~01 170518_1720~02
合唱カエル
   ヤッペー、ヤッペー体操 


■岳子ちゃん、譲渡が内定しました。

昨日、ブログを見て山形からいらして下さいました。
2頭の猫ちゃんを飼っていましたが、1頭が亡くなり、残された子が寂しそうにしているので友達になりそうな子がいれば・・と。


170517_1516~02 170517_1516~01
お勧めは岳子ちゃん。おっとりした性格(相手の出方次第ですが・・)でケンカにはならないだろうと推測・・というより、願いを込めてお友達になってあげて下さい。
日曜日の午後にお迎えです。


花束

■春ちゃん、かなり具合が悪い様子。

点滴も暴れることなく無事終了。
でも、食事介助でad缶を食べてくれるので回復の見込みがあります。


170517_1113~01


■授乳が可能であれば譲渡致します。

170516_0039~01

ミルク組の面々。本来ですと譲渡は1ヶ月後なのですが、春ちゃんのカリシウィルスの感染が心配なので出きるだけ早く飼い主さんに託したいと思います。
仔猫を育てた経験があれば尚良いですが、ミルク、離乳食の与え方をお伝え致しますので可能な方は是非ご連絡下さい。



    戦い

 「カリシウィルスめ!!」


      ボクたち仔猫は人気だね
     サカナ
       
■作日、アッテを見た高校生のお姉さんから連絡がありました。
先住の茶トラ君を亡くして、家族皆が寂しがっていたようです。
石巻保健所から迎えた黒白の子に一目惚れ・・特にお母さんが早くもらいたいということで本日いらっしゃいました。

170516_1906~02
最初ナビでいらっしゃったので、いつもの七北田ダムコースに誘導されてしまいました。
気を取り直して「やまぼうし」を目指して・・無事サロンに到着してご対面!
下痢気味で昨日受診しましたが、寄生虫や細菌は無し。食べすぎかもしれません。
里親さん行きつけの病院で引き続き受診して下さるとのことです。


■病院で受診を待っている間、騒ぎまくり・・
最近、下痢が続いていたので受診しました。

170515_1717~02 170515_1712~01
食欲旺盛で元気ですが、きっと寄生虫がうようよ?

170515_1712~02
体重は300グラム。1ヶ月で約500グラムなので、生後3週間位だと思います。
検便の結果、細菌も寄生虫も見当たらず、食べ過ぎによる消化不良かもしれないとのことです。


170515_1711~01
春ちゃん、ヨダレがすごく、カリシウィルスに感染していたようです。いつものad缶とOS-1の組み合わせで強制給仕です。それにサプリとミネラル水を加えて様子を見ます。
異なったウィルスが重なるとかなりやっかいです。



天使1
   「良くなりますように」


■ナナちゃん、子育て頑張っています。
胎盤が着いたまま放置され、冷たくなっていたチビちゃんでしたが、ようやく目が開きました。ゆのパパさん、ドライヤー担当、ありがとうございました。

170516_0053~01 170516_0046~02
170516_0045~02 170516_0043~01

トラ 
  「仔猫の上に座らないようにね」

170516_0047~01
「私の可愛い子たち」

170516_0039~01 170516_0042~01
ナナちゃんの子ども(白と白黒)に草むらで保護されたチビちゃんを加えてママには頑張ってもらいます。ナナちゃんのお乳は皆さんから頂戴した高カロリー離乳食のおかげで本来の張りが出てきました。他の子たちは粉ミルクでしっかり育っています。

犬
「メリーも避妊する前はお乳が出て、仔猫を育てていたんだよ」


■支援品をありがとうございます。
 草むらから仔猫を保護された方が支援品を届けて下さいました。
170517_0520~01
ロイヤルカナンの離乳食は仔猫たちが大好きです。水分も適度にあるので飲み込みも楽なようです。
また、是非面会にいらして下さい。



ハートライン


■只野さんから頂いたぬいぐるみは、メタボ猫で正解!!
170515_0827~01
アザラシかとも思っていましたが、ソファーの掃除をしていて、何気なく後ろを見たら・・ 
猫で間違いなし!


うさぎと猫
  「まったく・・恥ずかしいわ 


★宝ママさんへ★

いままでペットにかなりの医療費がかかったようですね。
私の見解では、医療費にもやはり限度を設けるのがよろしいかと思います。私もそうですが、どんなに対処療法してもその先に死が待っている以上、そして経済的な問題も考慮して、無意味な延命治療はしない方が良いと思っています。
そういう私も腹膜炎になったリリーを点滴に連れて行っていました。それは万が一にでも奇跡が起きるのではないか・・という、はかない望みを持ち、「限りを尽くした」と自分を納得させたいだけだったのです。日々の点滴で命が延びるのは2日程度・・リリーに安らかに逝ってもらいたいと思った時、私は通院を止め、時間があれば外に出していました。一緒に外で過ごす時間は穏やかに流れていき、すべてが「これでいいのだ」と思えたのです。延命治療しないからといって自責の念を持つことも、ペットに申し訳ないと思うことも必要ないのです。
 宝ちゃんとは短いお付き合いでしたが、家族の愛情を一身に受けて、短いながらも幸せな生涯です。猫だらけのサロンで、ストレスを抱えながら最期を過ごすことこそが本当に申し訳ないことだと思います。
ペットの延命に関してはいろんな意見があると思いますが、「経験を生かして出した答えが正解」ということではないでしょうか。
是非、ご自分の判断に自信を持って下さい。


IMG_20161028_104621.jpg 向かって右が宝ちゃん。

宮城県愛護センターでなかなか里親が決まらないということで迎えた子でした。