ベビーラッシュでーす。
       ミルク
      

■生後4日の赤ちゃん
ガソリンを入れに行ったスタンドで保護。
育児放棄とのことですが、見つかったのはこの子だけ。


180530_2210~01
幸い、元気の良いオスです。順調に育ちますように・・
         仔猫
      ゆっくり眠ろう・・



■敷地内に現れた親子
1ヶ月前に連絡を頂きましたが、出産間もなくでしたので1ヶ月母子一緒にしてもらうように伝えていました。仔猫だけ引き取る予定でしたが、母猫が皮膚病とのことで今回一緒に引き取ることにしました。
また、寄付金を頂戴しましてありがとうございました。
今後の親子の医療費に使わせて頂きます。

180530_2158~03
母猫は体重が3キロを切っていて、栄養状態も悪く、お乳も全然張っていませんでした。
仔猫と離して高栄養のフードで体力をつけさせます。

      魚
         「生きのいい魚食わせてやれよ」

180530_2159~01 180530_2202~02
仔猫たちも大きさがバラバラで、痩せています。
明らかにミルクが充分飲めていなかったようです。

      トイレ猫
     ただ今、トレーニング中

180530_2157~01 180530_2154~01
①一番大きい三毛ちゃん。名前は桜ちゃん。

180530_2159~02 180530_2200~02
②一番身体の小さい三毛ちゃん。
名前はメイ(5月)ちゃん。

       力
        たくさん食って力をつけろよ!

180530_2156~01 180530_2203~01
③比較的身体がしっかりしているオスの昴(スバル)。

       親子

   離乳食を食べさせることができる方には譲渡可能です。宜しくお願い致します。  

連絡先) 080-3018-5209 
 



■この子内定しました。
ブログを見て山形からのお問い合わせでした。
そしてその日にすぐにいらっしゃって、この子に人目惚れ!


180524_1315~03 180524_1307~02
すでにカリカリを食べられるようになっています。
譲渡は里親さんの事情で6月中旬予定。

180524_1306~02
兄弟がまだ決定しておりません。
引き続き宜しくお願い致します。


魚君たち


■モナリザポーズ名付け親の片岡さん

160712_1442~01 180217_0329~02
オヨネさんの両前脚をクロスする姿がモナリザのポーズに似ていることから、「モナリザポーズ」と名づけて下さった片岡さんが墓参りにいらっしゃいました。

180528_1709~01
綺麗なお花と離乳食の差し入れをありがとうございます。

180530_1736~01 180528_0135~01
同じく墓参りにいらした泉さんのお花と合わせて、オヨネさんのお墓は賑やかになっています。
泉さんからのフードの差し入れもありがとうございました。

      愛
       皆さんからの愛が一杯・・

ハート

★オヨネさんの懐かしい写真が出てきました。
170502_2024~02 170502_2023~01
昨年、ゆのままさんご一家がいらっしゃった時。
ゆのちゃんと一緒に・・何ともいえない表情です 

花と猫

160212_2150~01 160223_1735~01
 2016年2月13日石巻保健所から迎えた当時。
なんとなく若々しい?


スペード2


■物販に追加
以前、ご主人と娘さんと3人でご来場して下さった時、ダウジングでラッキーカラーを見て差し上げました。
その時のお礼にとお友達を誘ってオイルフラワーを持って来て下さいました。


180528_1420~01
中央が製作者。
この日もラッキーカラーを占って盛り上がりました。


180528_1421~01
1本2000円。売上は猫のために使わせていただきます。
ありがとうございました。

     
       熊ハート
        また、遊びに来てね。
           

■薪置き場設置完了
昔努めた会社の上司に依頼して作って頂きました。

180526_1413~01 180526_1407~02
上司は木町でパワーストーンのお店をやっていて、そこの常連さんも手伝いに来て下さいました。

180529_1732~03
二人だと作業も早いです。3時間程度で終了しまた。

       よろしく
       ありがとうございました。
  

       

■5月26日
これまで2回の来場で、ピン!と来る子と巡り合うことがなかったのですが、このクロちゃんの画像を見て問い合わせがありました。
メスの黒猫希望で、「待ってました!」という思いでいらっしゃったのですが、再度性別を確認したらオスでした。
すみません・・
 

180526_1127~01 180523_1729~01
とりあえずお試しということで・・


       足跡
       1ヶ月だと微妙なのよねー



■5月27日
カリカリが食べられるようになったらお迎えの2頭が本日サロン卒業しました。

180527_1224~01
看板の所で待ち合わせ。

180527_1224~03 180527_1213~01
細菌性皮膚炎も大分良くなりましたがまだ完治していないので、引き続き薬を塗って頂くということで託しました。

180527_1224~02 180527_1213~03
この子が発生源でしたが、すでに治っています。

       感謝
         愛が皮膚病を治してあげる・・


■オヨネさんに献花をありがとうございます。
これまで何度かご来場下さった高橋さん、オヨネさんにお花を持って来て下さいました。自動給水機の寄付もありがとうございます。

180525_1258~01 180527_2143~01
オヨネさんにぴったりのアレンジメントフラワー。
自動給水機にすると飲む量も多くなります。


180525_1324~01 180525_1333~01
オヨネさん亡き後はソラ君が接客担当。
きちんと任務を果たしている? 

      白トラ
     「サボるなよ」

180525_1334~01 
大丈夫みたい・・

180527_0922~01
尻尾のない、独特の歩き方が可愛いオヨネさん。
多くの方々から慕われ、可愛がって頂きました。
近々みんなの墓標作りをする予定です。

    
         オヨネ
  オヨネさんが人間だったらこんな感じ?    



■会社の猫の餌やりを終えて寄って下さいました。

顔なしさん、トイレ掃除をありがとうございます。
今日は一段と汚れがひどかったと思います。


180527_1312~01 180527_1304~01
トイレの底にうんちがべったり・・
縁から外したうんちをトイレの容器で隠したとしか思えない!
掃除が途中でしたが、引き継いで掃除して下さいました。


180527_1614~01
猫砂の差し入れ、助かりました。

    ありがとう2


■看板を見てのご来場

180524_1332~02 180524_1332~03
 時間がなく、ゆっくりとできませんでした。
又のご来場をお待ちしております。
 
     

      バラ


■花ちゃん、嘔吐と下痢が続き受診。   
食欲はあるのですが、食べては吐き、を繰り返して段々痩せて来ているので受診しました。

180526_1806~02 180526_1806~03
検便は異常なし。血液検査の結果、白血球が異常に多く、体内で炎症が起きているようです。蓄膿症の膿が体内に入り、胃のスムーズな動きを異常にしているとのこと。一度に食べる量を少なくしてみるようにとの指示でした。
少なめの量で日に五回位に分けて与えると、嘔吐はなくなりました。 
この方法、吐き癖のある猫に試してみる価値はあると思います。  
  
   

     クロ
     「花婆は歯がないから
   消化の良いものをやってくれよな」
 
        




   
      オヨネさんが天国へ

      天使2



■午後10時過ぎに旅立ちました。
トイレに入ったまま横になっている姿を見て、命の灯火が僅かであることを悟りました。
それからずっと抱いて、30分後に腕の中で息を引き取りました。


180217_0329~02 171026_1811~01
オヨネさんは他の猫とは違っていました。
腕の中でオヨネさんを見つめていると、オヨネさんもじっと私を見つめて・・メッセージが伝わって来ました。
「仲間が人間によって殺されているけど、それでも私たちは人間を助けているのだよ・・」と。
涙が止まりませんでした。


171001_1344~01 180114_1246~02
 只野さんから頂いたクッションがお気に入りでした。

171211_1049~01 171205_1625~02
皆さんから支援して頂いたad缶が命を繋いでいました。

      天使
     「オヨネは人気者じゃったのう・・」


171125_0438~01 171119_1349~01
片岡さん手作りの洋服も似合っていました。オヨネのために介護用品もたくさん頂戴してありがとうございました。
山中さんにも食事介助して頂きました。



171111_1525~01 180123_1819~02
容態がいつ急変するかわからないので記念写真を・・
昨年の11月13日のことですので随分頑張りました。

171111_1523~03 170902_1031~01
山中さんと同じ日に伊東さんも記念写真を。

    クスン
    オヨネさん・・安らかに・・
170825_1401~03 180122_0224~02
昨年の8月。
猫嫌いのオヨネさん、仔猫とキキとの珍しいツーショット。


鳥ライン
     祈り
       楽しい思い出をありがとうございます。

171119_1532~02 171110_1509~03

オヨネさんは1年半前、石巻保健所から迎えました。その日は別件で石巻へ用事があり、保健所はスルーしていく予定でした。すでに30頭の猫がいてそれ以上増やしたくない、と思ったからです。
でも、聞こえて来るのは亡くなった最初の飼い猫、リリーの言葉。「まだ余裕があるでしょ」。
確かに余力はあります。仕方ないので保健所へ電話して、仔猫がいたら引き取る旨を伝えると、「仔猫はいませんが、老猫が1頭いるのですが・・」と。
「1頭だけならまぁ、いいか・・」と保健所に。保護官舎でポツンと居たのがオヨネさんでした。

     オヨネ
    「若い頃は美猫だったのよ」(オヨネ)

171110_1509~05 171119_1532~03
飼い主が9頭の猫をアパートに残して入院し、保健所が捕獲に入った時他の猫は外に逃げて、捕まったのがオヨネさんだけだったのです。今思うと、オヨネさん、走れないので良かったのです。外に逃げたら生きてはいけなかったでしょう。


180204_1230~01 180224_1211~01
 サロンでは接客係りとして活躍してくれました。
    
       出逢い

180324_1736~03 180324_1736~01
遠藤さんご夫妻と最後のお別れ写真を・・

      ハート花束

180512_0257~02 180512_0232~01
最後の写真。夜にガーゼとコットンが切れていたのを忘れていて、交換をどうしようか、何で間に合わせようかと考えていました。ピッタリと使い切った時に亡くなるなんて、オヨネさんらしい・・。


      天使の祈り
      天国から見守っていて下さい。    




■里親決定!
プログを見て来場されました。
最近、ラブラドールを亡くして家族が寂しい思いをしているので今度は猫を・・ということになりました。


180523_1538~01
どっちの子がいいかしら・・

180523_1540~01 180523_1539~01
               ソラもお別れの挨拶?

180523_1601~01 180523_1601~02
   この子に決めました!
3人のお子さんたちも喜ぶでしょう。宜しくお願い致します。


   茶トラ
     「今日から新しい家族と一緒だよ」


■亘理からいらっしゃいました。

以前、自動給水機を送って下さった堀原さん。
おかげで今までより水をたくさん飲むようになりました。


180524_1308~02 180524_1307~04
お母様とご一緒にご来場。

180524_1306~03 180524_1307~02
寄付金といろいろ差し入れをありがとうございました。
             うさぎ

180524_1313~02 180524_1315~01
ソラは仔猫が大好きなようで・・即席パパに仔猫も困惑気味。

 180524_1306~01 180524_1315~03
 4兄弟のうち残っている2頭です。

    ひまわり
    お問い合わせお待ちしております。


PAP_0124.jpg
堀原さん宅の猫ちゃんたち。
猫との生活は途切れることなく続いているそうです。
12歳になる2頭の兄弟は愛護団体から、1頭はお父様の会社の近所で育児放棄になった子を6年前に引き取ったとのこと。
みんな可愛いですね。


PAP_0139.jpg
オスが排尿の粗相をしていて、その原因がトイレの場所の移動であることをかなり遅くに知って、トイレを元の場所に戻したけれど粗相の癖は今だ治らないのがお悩みとのこと。
トイレの移動はできる限りしない方が良いということですね。

    泣き猫
   「悪いとわかっていても、どうしようもないのです・・」



■メスが追加でやって来ました。

180522_1134~01 180522_1132~01
先のメスとオスは元気一杯。

180523_1728~01 180523_1727~01
昨日、メスのクロちゃんが捕獲されてやって来ました。

180523_1727~02 180523_1729~01
ゆうべは一晩中母猫を呼んでいました。


      南国女
       今は仔猫同士で遊び始めて一安心。   


     迷子の迷子の仔猫ちゃんー

    カエルの合唱
        お家が決まって良かったねー


■サロンから2頭目です。
1年前の5月に生後2ヶ月になる八割れ君を家族に迎えて頂きました。遊び相手になる子が欲しい・・と思っていたようです。
「猫が居ると家の雰囲気も違いますね」と猫生活にすっかり魅了されていらっしゃいました。

180520_1510~01 180519_1224~01
ブログに乗ったこの後ろ姿に一目惚れ。
この子と決めていらっしゃいました。


180520_1428~01 180520_1414~02
離乳食の与え方の練習も必要です。

180520_1429~01 180520_1509~01
ご主人と一緒にしっかりとマスター。
よろしくお願い致します。

         雨季
        またにぎやかになって楽しいね。  


■蜘蛛の巣の掃除をありがとうございます。


180521_1543~01 180521_1545~01
伊東さん、サロン周辺の蜘蛛の巣取りをして下さいました。
180521_1701~01 180521_1702~03
あちこちの蜘蛛の巣に落ち葉がひっかかって・・魔女の家みたいになっていました。
         魔女
         魔女のホウキで蜘蛛の巣掃除をするのよ。

180521_1702~01 180521_1701~02
こんなに綺麗にして頂いて・・
でも、今年も再び蜘蛛たちがやってきます。

      蜘蛛の巣

180521_1542~01
差し入れのドリンクをありがとうございます。
      
★サロンの環境は小虫や蛾やアブ、カメ虫が多く、特に夜は出入りする都度に虫たちが室内に侵入します。それを防止するには蜘蛛の巣が一番効果的です。昨年は女郎蜘蛛という綺麗な色の蜘蛛が巣を張っていました。この自然の中で生活するには虫たちとの共存も必要です。ですのでデッキは蜘蛛の巣だらけで雰囲気はあまり良くありませんが、ご理解下さい。決して怠けて掃除しないのではなく、あくまでも共存スタイルということで・・。
また、クマ蜂もテーブルの中に巣を作っていますが、この蜂のおかげで危険なスズメ蜂は巣を作らないようです。
        クマ蜂
           クマ蜂  
スズメ蜂が侵入して来ると一斉にクマ蜂が攻撃しているようです。クマ蜂は身体が大きいので驚くと思いますが、威嚇はしても人間を攻撃することはありません。そして受粉にも欠かせない蜂です。クマ蜂は毎年テーブルの裏の木を口で削ってテーブルの中に巣を作っています。蜂と遭遇したら、「何もしないから大丈夫だよ」と声をかけて蜂を無視して下さい。クマちゃんはわかってくれます。
   

        スズメ蜂
        クマ蜂め!!




■猫日記

デッキの掃き掃除を終え、ちりとりをちよっと置いた隙に・・
180520_1055~01

180520_1054~02 180520_1053~01
ゴミが程よいクッション?
 チャチャのお尻はゴミだらけでした。


     輝輝坊主
     床に□や○の形があれば入りのが猫だよ

180520_1053~02
デッキの住人タヌ君のお気に入り場所。

          ライン



★愛は強し

以前、茶トラのビリオとパステル三毛の子がカップルになっているという記事を書きましたが、ヒリオがあまりにもあちこちの若いメスにちょっかいを出しているので、「3年前に去勢済みなはずだけど・・」と不安になりました。尻尾を上げてタマタマ君を確認しようと何度か試みるも逃げまくっていました。その様子を見てパステルが私の前に立ちはだかってビリオを守ろうとするのです。「私の彼氏に何をする気なのっ!」と怒っている・・これには驚きました。
ビリオを追いかける都度、私の前に来て睨む彼女の姿にビリオに対する愛を感じましたー。いいですねー。


180521_1134~03 180521_1134~02
目やにで片目がくっついているビリオ。
目薬を点すには洗濯ネットに捕獲しないと触れません。
そしてパステルの厳しい眼差し・・「ちょっとタマちゃんを確認しただけだよー 

      カップル
         「私が守るわ・・」



★早坂さん、現場からの報告ありがとうございます。
クロちゃん「夜遊び、バレたかー」って思っているかも・・それにしても猫ってすごいですね。
クロちゃん、バレたので夜遊びしなくなるかもしれないです。その後の様子を元の飼い主さんに聞いてみたいと思います。


     クロ
    「バレたらしょうがねー、大人しくしているか・・」


       だんだん増えてくる・・
      猫顔
       余力のある方いませんかー?


今朝、玄関先にダンボールに入って捨てられていたとのことです。保護宅ではすでに11頭の猫を飼っているのでこれ以上増やせない、と保護依頼がありました。
猫を飼っている優しいお宅と知った上で頼られたのでしょう。


180519_1221~01 180519_1222~01
みんな状態が良く、明らかに野良の子ではないです。
元気で人慣れしているのですぐに譲渡可能です。


180519_1223~02 180519_1214~01
小粒のカリカリは大丈夫です。
    天使5
      よろしくお願い致します。  

★里親募集でーす

180519_1208~01 180519_1222~04
③ メス

180519_1208~03 180519_1222~02
④ メス
       輝輝坊主
        「みんな可愛いよ」

180519_1210~02 180519_1222~03
⑤ オス

180519_1209~02 180519_1245~01
⑥ オス

180519_1224~01 180519_1224~03
「う~ん・・」            「出た?」
トイレも大丈夫です。


       里親
        仔猫なら先住猫とも大丈夫かしら・・



■猫の幽体離脱第二話

早坂さん宅に譲渡されたクロちゃん。元の飼い主のSさん(奥さん)から数日前に電話がありました。
すでに早坂さんにもらわれていったことは伝えていましたが、「クロちゃんは元気ですか?」と聞いてきました。
クロちゃんを譲渡したことを忘れているのかしら・・と思いましたが「新しい飼い主さんの所で元気にしていますよ」と伝えると、「亡くなったのではないかと思って・・」と言うのです。なぜそう思ったのか理由を尋ねると、これが驚き!!
「クロちゃん、毎晩布団の上に乗ってくるから亡くなったのではないかと・・」。


       クロ
       「毎晩おじゃましています・・」

クロちゃん、いつもSさんの布団の上で寝ていたそうです。しかし、3年前にクロちゃんを戻してからというもの、クロちゃんにすまないという気持ちと寂しい気持ちとで、爪とぎや食器を処分することができずにそのままにしているということです。そしてクロちゃんは決まって3時半になると布団に乗ってくるそうです。


猫の幽体離脱の話はこれで二回目。クロちゃんが戻りたいのではなく、Sさんのクロちゃんを思う気持ちがあまりに強いためクロちゃんの魂を引き寄せたのではないかと思います。「猫は熟睡している時に魂が遊びに行っている」という話を聞いたことがありますが、まさにその通りです。もちろんクロちゃんを戻すことはできないので、新たにミミちゃんを迎えることをご主人と相談してみるように伝えました。
ミミ
高齢のミミちゃんを看取ることになるかもしれない旨も了解して頂きました。

ご高齢なので飼えなくなった時はサロンに戻してもらうということで余生を猫と楽しく暮らしてもらいたいと思います。しかし、娘さんはペットを飼うことには反対。現在まで連絡がないということはご主人にも反対されたのだと思います。
飼い主の早坂さん、3時半頃のクロちゃんの様子をチェックしてみて下さい。 


         サーフィン
          今度はサーフィンでもすっか・・