FC2ブログ
      春めいて来ました。   
   
         チューリップ
     
     タラの芽は連休期間かなー



◆ 虹の橋
本日、みちのく動物霊園さんからお供物の寄付を頂戴しました。
以前、亡くなったペットと飼い主の再会を絵本にしたものを紹介しましたが、同じ内容で異なったもう一冊の絵本が置いてあったので見てみましたら、なんと、亡くなったチワワのメリーが夢の中でいた風景とそっくりだったので驚きました。


190415_1510~02 190415_1512~01
この絵本は最初に見たもの。亡くなった白猫が犬や鳥のいる楽園へと足を踏み入れた場面です。

190415_1513~01 190415_1514~01
自分を可愛がってくれた飼い主が亡くなった時、飼い犬は飼い主を迎えに行き、再会できました。

190415_1515~01
そして仲間がいた楽園を出て、飼い主と虹の橋を渡って行き、大いなる光の世界へと合流していったのです。

    猫娘
亡くなってもペットはいつも飼い主さんを想っているのよ。


190415_1511~01
こちらが別の絵本です。内容は同じ。
作者不明の英文が原作で、愛猫を亡くした方がネットで英文を見つけて、絵本にしたものです。
ペットを亡くした方がたまたま本屋で購入したものを霊園に寄付したそうです。


190415_1506~03
亡くなった犬たちが過ごしている草原。メリーが夢の中に現れた時、このような草原に居たのでこの絵本を見た時驚きました。

190415_1507~02 190415_1508~01
絵のタッチは全然違います。上記の絵と比べると表情はあまりないですが、全体的に穏やかな雰囲気が漂っています。
絵本を見ていたらメリーに会いたくなってきました。きっと再会できるでしょう。


これ
    迎えに来てね。それまでは頑張るからね・・
  

  桜
悲しみが長引くとペットは楽園に行けません。


◆お花見
ゆのままさんが満開の桜の写真を送って下さいました。
当地クラインガルテンにも桜の木は数本ありますが、いつも見ずに終わっています。


DSC_1408.jpg
ゆのままさんがお住まいの横浜市の隣、川崎市の桜並木。
DSC_1411.jpg
ソメイソシノだそうです。

DSC_1345 (1)
こちらは2月末に静岡の安倍川河川で撮った河津桜というものだそうです。
DSC_1344.jpg
早咲きで濃いピンクで綺麗で、背丈が低いので間近で見られるので人気とのことです。
DSC_1335 (1)

DSC_0720.jpg


    シャム
     仙台では今が満開です。


★5月1日 「畑交流会」
磯目さんからの第二弾の申し出、ありがとうございます。
これから夏野菜の苗を植えるシーズンに入りますが、霜や強風がある時期でもあるので、植え付けは連休明けに予定しております。その前に畑を耕し、肥料を入れて土を馴染ませておかなければなりません。土の整備は美味しい野菜の収獲と食費の節約に直結しますので大切な作業です。
いつも、この時期になると畑の整備を開始しますが、「美味しい野菜を作ってね」と声掛けしながら土いじりするのは結構楽しいものです。猫の世話に明け暮れる日々の中で、リフレッシュできるひとときでもあります。
連休期間は家族や親戚がいらっしゃったりして忙しい時でもありますので、無理に参加することのないよう、何の予定もない方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。


   猫
     無理のないように・・



◆子供のほめ方
先日、テレビで子供は褒められることでやる気を出す傾向にあり、子供の性質に応じたほめ方が効果的ということを言っていました。確かに叱ることが多いと消極的、自己否定などの性格になってしまうので、積極的で自信を持っていける子に育てるにはほめる方が良いですね。お孫さんやお子さんのタイプはどんなタイプかちょっと考えて、参考になさっては如何でしょうか。


◎子供は大きく次の4タイプに分けられる。
①好奇心旺盛タイプ⇒新しいもの好き・飽きっぽい
②慎重タイプ⇒心配性・人見知り・緊張しやすい
 ①と②のタイプはこまめにほめると良い。

③こだわりタイプ⇒目標を定めてこだわって達成に向かう
 このタイプの子には目標達成を待ってほめると良い。
④社交的タイプ⇒人からほめられたい、報酬依存型
このタイプの子にはみんなの前でほめると良い。

これらの四つのタイプを全部持っている子もいるでしょうが、どのタイプの傾向が強いかを見ると良いとのことです。
そして、これらの性格は遺伝的影響を受ける傾向にあるとのことでした。


       猫バー
   叱るよりほめて育てる方が伸びるのだー

スポンサーサイト
Secret