FC2ブログ
チビちゃん、天国に行くんだよ・・
     猫天使


■最後のチビちゃん、残念でした。

離乳食スタートしてから食欲旺盛でしたが、2度ほど嘔吐し、服薬後は嘔吐も止まったので安心していましたが、呼吸が荒くなり、受診の結果、確定診断ではありませんが、誤嚥による肺炎かもしれないとのことでした。

DSCN1235.jpg

DSCN1131.jpg
受診した翌日、眠るように亡くなりました。
睡魔と闘いながらようやく離乳食まで育てて来たのに、本当に残念です。先に亡くなった子たちの分まで生きて欲しかったです。

        天使2
         「さぁ、戻っておいで」



■冬に逆戻り
DSCN1255.jpg
昨日からの雪で今日は外出不可能でした。

DSCN1256.jpg
日曜日に廃材を処理してもらっていたので、すぐに使えて助かりました。
ありがとうございました。


      しんちゃん
      「さぶいです~」



■里親さん便り
二代目銀次君とゆず君の里親さんから仲良し写真が届きました。

DSCN1248.jpg
「ゆず君と銀ちゃんは二匹とも元気にやっています。
 大切に育てますのでご安心下さい。」
(向かって左が銀ちゃん、右がゆず君)


            女の子
     どっちも幸せ一杯の表情しているわ・・


■支援品をありがとうございます。
DSCN1257.jpg
若林区の佐々木さんより缶詰をありがとうございます。
    
    トトロ5トトロ
    「みんなで食べます」  


■食育教室便り
看板向かいの笹沼接骨院で行われる毎月1回の食育教室に通っています。
猫たちのためにも決して入院など出来ない身としては、何としても健康に配慮せねばならず、これから食育を本格的に勉強することにしました。「腸が寿命を決める」とも言われ、腸内環境を整えることで免疫力が維持されます。
健康であるためには知識が必要です。
きっと皆様も参考になることがあると思います。


DSCN1252.jpg
500円の参加費で健康的な昼食付き

*副食を制限するとストレスになるので、主食を白米から玄米にするだけでも高コレステロール・高血糖値は安定する。
*理想体温は36.5度~37度。体温が低いと免疫力も低下するので体温を上昇させる食物摂取を心がけるように。
 (根菜類・玄米茶は体を温めるのに最も良い)
*低体温の人は便秘・自律神経疾患になりやすい。
 体温を下げるもの⇒甘味料・油・添加物・薬・小麦粉・乳製品・果物
*インフルエンザ予防には甘味を控えるだけでも有効。
*甘味(砂糖)は癌細胞の栄養源ともなる。
*アルコールのストレート、ロックの人は食道癌が多い。
*小麦粉は腸の細菌がダメージを受け、中毒性が高い。(パン食を控える)
*癌抑制遺伝子をON(活性化)させるには断食が良い。(無理なので粗食を心がけるようにしたい)
 カロリーの取り過ぎが癌細胞を増殖させる。


★体温を下げる物は食べてはいけないということではなく、そのようなものが好きな人、又は低体温の人は意識して体温を高くすることを心がけるようにした方が良いと思います。もちろん、体温を下げる食物は控えた方が良いとは思いますが、入浴・白湯を飲む・体温を上げる食物を意識して摂るなど、ストレスを溜めない程度に自己調整していけば良いと思います。
   
     ネズミ
   まだまだあるけど、とりあえずここまでかなー


スポンサーサイト
Secret