FC2ブログ
   大往生でした・・

   天使


■チーちゃん、老衰で逝きました。
飼い主さんが難病になり歩くことも出来ず、平成27年7月にサロンに来たチーちゃん。当時で15歳ですので大往生といっていいでしょう。深夜、ソファーでうたた寝をして目が覚め、台所に横たわっているチーちゃんを発見。うたた寝をするまでは普通にあちこち歩いていたのでおそらく心不全だと思われます。まだ体が温かだったので息を引き取って間もなかったのでしょう。
   
    181121_0049~01
 亡くなる前日、甘えてきました。
内心、年を越すことはできないかもしれないと予感していました。


チー 180920_0258~01
固形は食べられず、皆さんから頂いたロイヤルカナンの離乳食を食べていました。
    猫天使
     とても美味しかった・・ありがとうございます。



■ご支援ありがとうございます。
14日にチーちゃんの飼い主さんの知人、高橋さんと阿部さんがいらっしゃいました。チーちゃんに最後の面会ができて良かったです。

181114_1325~03 181114_1325~02
二回目のご来場です。

181114_1456~01 181116_1724~01
支援品をありがとうございます。


181114_1328~01
お買い上げありがとうごさいます。

181114_1209~01 181114_1453~01
高橋さん、猫ベッドのカバーをたくさん作って下さいました。
181114_1729~01 181116_1725~01
   泣き猫
    これで洗濯が楽になります・・


181114_1226~02 181114_1218~01
ボアシーツをクッションに・・グレーも気に入ったようです。

181120_1855~01
他の子たちもお気に入り。

    猫コタツ
     コタツの上に乗れない子にいいね。



★仔猫の保護以来を受けていた菅野さんと妹さんが支援品を届けて下さいました。

181115_1537~03 181115_1537~04
181117_2127~01
こんなベッドもあるのですね。

181115_1539~01 181116_1047~03
肉球クッションもありがとうございます。
        ねずみ
       カワイイ!   

181115_1537~02 181116_1402~01
  たくさんの寝具をありがとうございます。

181122_0552~01 181122_0547~01
菅野さんが保護し、一時預かりをして下さっていた谷上さんが連れて来たグレーのサビちゃん(メス)。

181122_0605~01 181122_0604~01
夜に撮ったもので・・。
2頭ともまだ警戒中。ネットでのスキンシップを根気強くしていけば譲渡可能です。
共にワクチン済みです。


      ヌスット
      里親募集です。よろしく!



181122_0332~01
伊東さんよりありがとうございます。


181121_1822~01 181121_1824~03
里親の石川さんよりありがとうございます。

 チビ
 ナッツとチビちゃんはとても仲良しとのこと。
     
    うさぎ天使
      暖かいハートをありがとう・・



181112_1958~01
みんなのお気に入りコーナー。

181120_1740~01
小林先生からの毛布もコタツ掛けに使っています。


      ありがとう
     今年の冬はこれで乗り切れそうです。



■メリーからのメッセージ

以前、夢で草原にいたメリーですが、献花してもらったのに花のない草原に居たのが気になっていました。飼い主である私が花を買って捧げないからなのか・・とも思いましたが、そうではないようです。
人間の場合は供養花が霊界の道に咲き、それによって癒されると聞いたことがあるので動物もきっとそうだろうと思っていました。
しかし、メリーからのメッセージは思ってもいないものでした。

野原
「花はいらないのよ・・」それがメッセージでした。なぜなら、動物にとって花の香りはきつく、嗅覚を麻痺させるものなのです。確かにメリーは生前散歩する時、花壇を避けて草むらを好んで歩いていました。つまり、動物の習性は霊界でもそのまま持ち越されるという訳です。だからメリーは草むらにいたのです。
170921_2141~01 170410_1922~01

墓石に花をたむけるというのは人間にとって当たり前のことでも、動物には必要のないものだということをメリーは言いたかったようですが、皆さんの気持ちを考えると申し訳ない・・という気持ちもあって、草原にいたメリーは少し戸惑った表情でいたのです(犬も猫も嗅覚で獲物を獲る動物全般に言えることだと思います)。私もこのことをブログに書くべきか戸惑いましたが、「動物と人間とは違う」という、ペットを供養する上で大切なことなのであえて記載することにしました。そういえば、ある霊能者が「動物の供養は最初の線香1本だけでいい・・動物は早く土に戻りたがっている」と言っていたのを思い出します。
「霊界は確かに存在する」このことは私の体験に基づいて確信できるものですが、どのような霊界に行くかは生前の嗜好が大きく影響します。山が好きな人は山の風景のある場所に、海の好きな人は海の風景に・・特に嗜好のない人は生前過ごした風景とさほど変わらない場所に。(但し、それは悪事や強く執着する心がなく人生を終えた場合のみ)この点、人間も動物も同じかもしれません。
メリーは花を持って来て下さった方々に感謝の気持ちを持っています。だから写真に感謝を意味するブルーのオーラー(オーブ?)を出したのです。私も皆様の暖かい気持ちに感謝しております。

    じい
   わしからも礼を言いますぞ・・ありがとう!


★花の存在

五日市さんご夫妻が先日いらっしゃった時、このメリーの話をしました。そしたらご主人が「花は昆虫のために存在する」のだと教えて下さいました。つまり、花の色や香りは受粉してくれる昆虫を引き寄せるためのものなのです(テレビ番組より)。なるほど・・今更のように花は食物連鎖の一環なのだと認識しました。人間はその恩恵を頂いて癒されているという訳ですね

    ヒヨコ
     人間はストレスが多いから花で癒されるのよ。




スポンサーサイト
Secret