FC2ブログ
2018.06.03 里親決定!
   5円(ご縁)がありまして・・

       ご縁
         お家が決まりました。


■知人が当サロンから仔猫をもらったと聞いて・・

  180602_1106~01 180602_1107~01
   以前から猫を飼いたいと思っていたご主人。知人が命のリレーから仔猫をもらったと聞いて、ご来場になりました。息子さんご一家と同居なさっているので、チビちゃん今日から大家族の人気者になりますね。

       カブリもの
      これで4兄弟全部決まりました 



■新入りさんの里親募集
長町にお住まいの方からのご相談です。犬の散歩をしていると田んぼに落ちた仔猫がいて急遽保護しました。娘さんが猫アレルギーなので飼うことができず、ブログを見ての保護依頼です。
頂いた寄付金は検便や駆虫など医療費に使わせて頂きます。


180603_1350~01 180603_1350~02
濡れた身体を乾かして、モンプチを食べさせたら元気になったとのこと。鼻器官炎を患っていますが、重症ではないので服薬で様子を見たいと思います。

180603_1350~03 180603_1358~01
生後45日位のオス。
クリーム色の綺麗な子です。


180603_1507~01 180603_1507~02
ご希望の方はご連絡下さい。
   080-3018-5209  

      
           仔猫
    「助けてくれてありがとう」




■ちゃまめさんと西田さんご来場

180602_1158~02 180602_1159~01
オヨネさんのお墓参りに来て下さいました。

180602_1326~04 180602_1326~05
ついでに仔猫たちに離乳食を食べさせて頂きました。
      トイレ猫
     たまに外すけど、大分マスターしました。

180602_1343~01 180602_1338~01
ロイヤルカナンの離乳食のおかげで身体がしっかりとして来ました。

180602_1326~02 180602_1343~03
母猫の顔の柄そっくりのメイちゃん。

チューリップライン

180602_1338~02 180602_1342~01
目ヤニべったりだった桜ちゃん。目の周りが綺麗になりました。

        カエル
         実物はもっと可愛いよ

★捕獲機の貸し出し致します。
180602_1252~02 180603_1231~01
 トイレの砂と手製の捕獲機を寄付して頂きました。
ありがとうございます。

 
      はじめまして
     早速、捕獲機の貸し出し依頼がありました。



■山中さんご夫妻が来場
オヨネさんとダン君にお花を持って来て下さいました。
180602_1623~03 180602_1623~01

180602_1559~02 180602_1559~04
花ちゃん、仔猫のような甘え方です。
     輝輝坊主
    花ばあちゃん、高齢者にはお勧めだよー

180602_1544~01 180602_1544~03
仔猫を見るご主人は孫を見るような眼差しです。

180602_1546~02 180602_1545~05
仔猫が大好き!

180602_1502~01 180602_1345~01
差し入れをありがとうございました。

       トラ
     小まめに砂を交換してね!
   


★オヨネさんへの献花をありがとうございます。
  
皆さんから綺麗な花をたくさん頂戴しまして、本当にありがとうございます。
「私が亡くなってもこんなに献花されるかしら・・オヨネさんにはかなわないわ」とつい言葉が漏れました。本当にオヨネさんは慕われていました。時々、サロンの中を歩き回るオヨネさんの気配を感じます。
     ハート
 今日は、オヨネさんの残したメッセージを振り返り、里親になる方とのご縁を熟慮してみました。里親になる方の気質や環境に配慮して里親にとっても譲渡される猫にとっても一番良い形は何なのか・・時には返却して頂くことを前提として譲渡する場合もあって良いのではないか、と思いました。
 高齢の方には後見人がいれば譲渡可能ですが、猫に介護が必要になった場合など、後見人がいるといっても勤務がある場合などはお世話をするのが大変です。もちろん、快く終生面倒を見て頂けるのであればそれで結構なのですが、時に介護を負担に感じてしまうとそれが猫にも伝わって、「自分はやっかい者なんだ・・」と思ってしまいます。そんな思いで最期を待つのであれば返却してもらって、里親さんには再び元気な子との生活を送ってもらった方が良い場合もあるのではないかと。多くの猫を看取ってくると、余命がない猫に対しては「ここを目指しておいで・・」と思う今日この頃。それが私と猫との縁なのではないかと・・。
      花柄猫

 「人間によって殺されても、それでも猫は人間を助けている」というオヨネさんの言葉を振り返りますと、飼い主にとって飼い猫への愛情はもちろんあるでしょうが、その猫に助けてもらっていると感じる飼い主はそう多くはないと思います。感謝されなくても、それでも愛猫はどこかで助けているのです。その使命を終えようとする時、介護などで手のかかる猫に対して「やっかいな・・」と思われていたらどうでしょう。飼い主の気持ちが離れてしまうのであれば、引き取って「ご苦労様でした」と労をねぎらってあげたいと思います。今回、オヨネさんを見送り、優しい皆さんの気持ちに触れて、特にそう思いました。もちろん最期まで大切に飼ってもらうのは理想ですが、高齢者にとって日々の介護は本当に負担になります。里親さんのストレスを軽減することが結果的には里子に出した猫のため・・これもオヨネさんからのメッセージの追記であるような気がします。



       ファイト
     何だかわからないが、頑張るぞっー!!


スポンサーサイト
Secret