FC2ブログ
    今度は大きい子です。
    バイカラー
      ヨロシク!!


■1歳の兄弟です。
飼い主さんが入院のために4ヶ月間預かっていましたが、今後は飼育できそうにもないとのことで、里親募集となりました。

180412_0007~02 180412_0006~01
長毛のオスでとても甘えん坊さんです。

180412_0004~02
去勢手術・ワクチン済みです。


180412_0002~01 180412_0003~01
この子も長毛のオスで去勢手術・ワクチン済みです。

    スプリング猫
     兄弟一緒だといいけど、別々でも大丈夫です。




■膿胸という重症でした。
猫部屋にいるママちゃん、どことなく元気がなく、食欲もない様子でしたのでサロン内に移動して様子観察をしていましたが、やはり摂食がなく、呼吸も速く浅いので体調が悪いのではないかと顔を覗き込んだら、声を出さず、口をパクパク。「助けて・・」という気持ちが伝わってきました。
水曜日は午前中で診察が終了するので、急いで病院へ。


180411_1221~02
レントゲンでは胸内は水で真っ白。肺は水で圧迫されて小さく写っています。
これでは呼吸が苦しいはず・・重篤な状態でした。


180411_1214~01
膿の混ざった水がこんなに取れました。
「これでは苦しくて眠ることもできなかったはずです」という医師の言葉に胸が痛みます。


180411_1818~01 180411_1817~02
帰宅後、ゆっくり休めるようにケージを布で囲いました。

      安静
            安静が必要です。

ママちゃん、少しメタボになったかな・・と思っていましたが、メタボではなく水が胸に溜まっていたのです。長毛だと身体が大きく見えて、体の変化に気がつくのが遅くなってしまいがち。あまり食べないのに太った、食べているのに痩せてきている、という場合は何処かに問題があるかもしれないので一度受診することをお勧めします。
もっと早くに異常に気がつけば・・と思いましたが、異常に気がついた時点ですでに重症化していたというのが今回の事例です。
身体が小さい猫は、1日発見が遅れるのは10日間放置しておいたのと同じということが本に書かれていましたが、本当にそうだと思いました。

    ガーン
       こんなになっていたなんて・・

★ 膿胸(のうきょう)とは? ★
  胸の中に膿が溜まる病気で、犬に比べて猫に多い。病気の初期には症状があまり見られず、呼吸が多少荒いなどの軽い症状しか現れないこともあり、飼い主は病気の発生に気がつかず、症状を悪化させることがある。重症になると呼吸困難をおこしてあえぐように呼吸し、元気や食欲を失う。呼吸器感染などをおこしている場合は咳や鼻汁などのほかの呼吸器疾患の症状が同時におこることもある。
原因は、事故やケンカによるケガ(=爪が入る)、強い咳などの衝撃によって胸壁や気管、肺などに穴があき、そこから細菌が胸に入り込み、胸の中に膿が溜まる。治療としてては、抗生物質の投与、針を刺して胸から膿汁を出すなど、症状が完全に消えるまで何度か続ける必要がある。
>

病院から頂いた資料を紹介しましたが、多頭飼育の場合はケンカで爪や牙による傷から思いもよらない症状になることがあるので常に様子観察を心がけなければならないという今回の教訓です。

  泣き
   1日食べなかったら病院に連れて行って。             



■里親さん便り

2年前譲渡になった、サロン1の美猫のメルちゃん。
看板を見て引かれるようにご主人がいらっしゃって一目惚れ。


メル1
「縁のある子を探していました」というご主人。

メル
お嬢様扱いされているのでしょうね。

     おすまし
      愛情をかけられるとみんな光るのよ

メル2
先住猫のテトちゃんとも仲良し。テトちゃんは塚区の酒屋の駐車場で生まれ、酒屋のおばさんが作ったダンボールハウスに住んでいたそうです。3頭の兄弟は皆交通事故に遭い、たまたまおばさんに会った時に「この猫を飼って・・」と渡され、飼うことになったとのことです。

メル3
7歳のココちゃんは真夏の暑い日に道路脇に倒れていて、近づいたら一旦逃げたのですが、その後足にスリスリして来たのでそのまま飼うことに。広瀬川に捨てられた子だったということが後でわかったそうです。保護当時は950gだった体重が、現在では10キロの巨体に。
テトちゃんもココちゃんも赤い糸で繋がっていたのでしょうね。

     神様
      「猫は幸せを運んでくるのだよ」



★佐賀さん、コメントありがとうございます。
ミケお母さん、安住の場所を得て今頃はのんびりと過ごしていると思います。
キキちゃんも大きくなりましたので是非面会にいらして下さい。



★ suzuさんへ
私も昨年から車のトラブルが相次いでいましたが、大難にならないための小難と考えて時期が整いましたら是非ご来場下さい。


   仔猫
    ご来場、お待ちしております。     


スポンサーサイト
Secret