FC2ブログ
       残された時間は僅か
      虹
    天使ライン
        ダン君、重篤です 



■ 安静が必要

日曜日の朝、2回の嘔吐と下痢。
食欲なしで体を支えることも辛そうでした。

180402_1144~01
病院待合室では何とか体を支えていましたが、歩くことはできません。

180402_1150~01 180402_1159~01
受診の結果、膀胱炎が悪化して腎盂炎になりかけていて、尿に膿が混じっているとのこと。そういえば、数日前から尿の臭いが強く、気になっていました。
それと腎臓の悪性腫瘍。胆のうにも問題がありました。

    腎臓
      腎臓は左右に2個あります。

180402_2053~01 180402_2054~01
上が左側の腎臓。
下の右の腎臓は左側より倍以上の大きさになっていて、黒く写っているところが悪性腫瘍。
左も右も健康な腎臓の画像とはかなりかけ離れています。

 
  腎臓断面
   健康な腎臓は上のように7つの部屋が綺麗に写っているのですが、ダンのは特に右側が崩れていて、腫瘍で繋がっています。

180402_1159~02
この写真は胆のう。果物のキューイの模様になっていて管が詰まっています。
血液検査からは白血球が異常に多く(感染症を起こしている)、貧血状態、明らかな腎疾患を示していることがわかりました。
人間だと集中治療室で寝たきり状態のレベルとのこと。
ダン君は気力で頑張っていたのだと思います。

        安静
          1日おきの点滴が必要です。

180402_2039~01 180402_1934~01
今では補助してやらないと体を支えることができず、吐き気があるので水しか受け付けません。
このままだと1週間から10日の余命と考えられます。


180402_1932~01 マルチーズ
できるだけそばにいて、その時を迎えてあげたいです。
下の写真は、幼い時はこんな感じだったのではないかと思われるような写真がありましたので、ダウンロードしました。


      ダン
      僕と一緒の写真を撮ってね。
  

★ダン君の膀胱炎に気付くのが遅れた原因にオムツや尿取りパットの使用があります。床への排尿があったためパット対応にしていましたが、これだと頻尿に気付くことができません。血尿は確認できても、ダン君のように血尿がなくも膿が出ている場合はほとんどわかりません。膀胱炎の原因となる菌はオムツの中で繁殖しやすいのでオムツを外す時間を設けることが必要です。
そのように心がけていても、今回のように発見が遅れてしまいます。
(腫瘍は保護する以前からできていたものですが・・)



      ボケ猫

      「オムツしている時間を意識してくれよなー」



■結構、使えます。

180403_1119~01
皆さんのご協力で設置した床なし、扉なしの物置ですが、このようにまだまだ活用できそうです。
あとは扉をどーするか・・冬は外猫のお家にもできます。


   犬と猫
    
スポンサーサイト
Secret