FC2ブログ
       2018年

謹賀新年犬たち


昨年は皆様から多くのご支援とご協力を頂きまして厚く御礼申し上げます。
今年もよろしくお願い致します。



★ 昨年は多くの新しいご縁ができた年でした。皆様とのご縁に感謝し、励みとして今後とも頑張っていきます。
 泉ケ岳で猫サロンをオープンして2年が経ち、現在は今後の運営形態を見直す時期に来ているのではないかと感じております。
できるだけ保護依頼に応えたいという気持ちがあっても、ボランティアで運営することに資金的な限界もあります。より長く保護活動を続けるためにも期間限定で預かる場合、終生預かる場合は運営協力金として有料化することを検討しております。


■2017年 活動報告
① 前期(1月~6月) 保護64・譲渡38
     
② 後期(7月~12月) 保護55・譲渡24

2017年度合計 保護119頭 ・ 譲渡62頭
参)2016年度合計  保護62頭・譲渡31頭

   2018年1月1日現在 保護53頭


       戌と羽子板
           「フットワークを軽く! 体力が勝負!」


■2017年 収支決算報告
[収入の部]
① 前期(1月~6月)  収入計 524,500円
内訳) ・フェリシモ動物基金 100,000円
     ・ピースウィンズ・ジャパン 300,000円
     ・個人寄付金計 120.000円
     ・物販売上 4,500円

② 後期(7月~12月)  収入計 289,000円
内訳)  ・個人寄付金計 275,000円
     ・物販売上 14,000円


収入合計 813,500円(昨年 498.000円)


★ 個人様からの寄付金は合計395,000円と多額のご支援を頂戴しまして厚く御礼申し上げます。
  保護猫を預かったご縁、ブログを見てのご縁、里親になったご縁と猫たちが赤い糸で結んでくれた縁に感謝し、今後の励みとして頑張ることができます。
 定期的に口座にお振込み下さっている方々、また、支援物資を送って下さった方々、病院関係者並びに仙台総合ペット専門学校の皆様、そしてサロンから猫を迎えて下さった優しい飼い主の皆様方にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

       
戌
       「不器用ですが、努力あるのみ・・」


[支出の部]
① 前期(1月~6月)  1,196,135円
内訳) ・餌代 216,745円
     ・医療費 268,730円 
     ・砂代  30,660円
     ・環境整備 680,000円

② 後期(7月~12月)   621,803円
内訳)  ・餌代 89,196円
     ・医療費 409,194円
     ・砂代 3,450円
     ・環境整備 119,963円

支出合計 1,817,938円(昨年 3.218,532円)


 環境整備の内訳は、サロン内の二重サッシの設置、猫部屋兼用物置の設置、カーペット代など。

★ 二重サッシにしたおかげで室温が例年と比較して5度アップになりました。人間にとっても猫にとっても快適な環境を整えることが持続させる上で必要不可欠ですね。
(ストーブを焚いても15度程度であった室温が、今では理想的な20度を保つことができています。)
今後環境整備費用としては大きな工事は特に予定していないので、今年は経費を抑えることができそうです。
猫部屋兼用物置は災害時の猫の保護スペース(収容10頭)、隔離部屋として活用を考えております。
家賃、光熱費、火災保険などをの維持管理費を加算すると支出総額は更に膨らみますので、やはり飼い主がいる場合の預かり有料化は必須と考えます。


     戌ヨロイ
     「ケースbyケースだが・・」  


★ 終生飼育の有料化は、猫の世話が大変になったからという飼い主の責任放棄を抑止するためにも必要かと思います。実際、そのような保護依頼もありました。餌をやり続けられる状況であるのに高齢を理由に猫を引き取ってもらいたい(当然猫も高齢です)という希薄な動機に応えるほど資金的に余裕はありません。(有料であることを告げると保護依頼を取り下げました)
ですので、今後終生飼育の依頼を考えている方は当方の方針をご理解頂いた上で依頼をご検討下さい。
(但し、自己破産、生活保護世帯の場合は料金設定を考慮)


■お願い
中古で良いので余っているファンヒーターがありましたら1台寄付をお願い致します。
猫部屋のヒーターはおしっこをひっかけられて錆つき、温風吹き出し口は破壊されてしまいました。
防御のワイヤーネットを設置するも時すでに遅し・・電源入れる度におしっこの臭い付き温風が充満しております。

  
バトンタッチ
更新は途中・・6:30・・寝ます

更新開始・・


■第一猫部屋から「あけましておめでとう!」
180101_1854~01 180101_1855~01
度々おしっこをひっかけられているヒーター。
破棄せずに非常時用として保管しておきます。


180101_1856~03 180101_1855~02
相性の良いもの同志が自然とくっつきます。
    
 門松
      「今年もよろしくお願いします」   

180101_1856~04 180101_1858~01
左のメスは超ーお勧めです。右のオスは抱っこが苦手ですが、居るだけでゴージャス感があります。

180101_1908~02 180101_1907~03
ブラックとクロ・・ほとんど見分けがつかないですが、微妙に顔が違っています。

        こづち
        「猫は福を呼ぶんだよ」
180101_1907~01 180101_1907~04
すっかり元気になったチロちゃんですが、ボスとしての今までの威厳は衰えたような気がします。

180101_1907~02 180101_1908~01
美猫だけど、決まらない・・

180101_1856~02
七ヶ月位の個性的な顔のオス。
他の子たちはコタツの中から出て来ません。

        

★ ヒーターの記事を見て、早速に山形の五十嵐さんが寄付を申し出て下さいました。明日いらっしゃるとのことで、早い展開に感謝!!

        兄弟
 4WDなら林道に入れますが、速度は20キロ以上出すと融けた雪にハンドルが取られますので気をつけていらっしゃって下さい。


スポンサーサイト
Secret