ボクたち仔猫は人気だね
     サカナ
       
■作日、アッテを見た高校生のお姉さんから連絡がありました。
先住の茶トラ君を亡くして、家族皆が寂しがっていたようです。
石巻保健所から迎えた黒白の子に一目惚れ・・特にお母さんが早くもらいたいということで本日いらっしゃいました。

170516_1906~02
最初ナビでいらっしゃったので、いつもの七北田ダムコースに誘導されてしまいました。
気を取り直して「やまぼうし」を目指して・・無事サロンに到着してご対面!
下痢気味で昨日受診しましたが、寄生虫や細菌は無し。食べすぎかもしれません。
里親さん行きつけの病院で引き続き受診して下さるとのことです。


■病院で受診を待っている間、騒ぎまくり・・
最近、下痢が続いていたので受診しました。

170515_1717~02 170515_1712~01
食欲旺盛で元気ですが、きっと寄生虫がうようよ?

170515_1712~02
体重は300グラム。1ヶ月で約500グラムなので、生後3週間位だと思います。
検便の結果、細菌も寄生虫も見当たらず、食べ過ぎによる消化不良かもしれないとのことです。


170515_1711~01
春ちゃん、ヨダレがすごく、カリシウィルスに感染していたようです。いつものad缶とOS-1の組み合わせで強制給仕です。それにサプリとミネラル水を加えて様子を見ます。
異なったウィルスが重なるとかなりやっかいです。



天使1
   「良くなりますように」


■ナナちゃん、子育て頑張っています。
胎盤が着いたまま放置され、冷たくなっていたチビちゃんでしたが、ようやく目が開きました。ゆのパパさん、ドライヤー担当、ありがとうございました。

170516_0053~01 170516_0046~02
170516_0045~02 170516_0043~01

トラ 
  「仔猫の上に座らないようにね」

170516_0047~01
「私の可愛い子たち」

170516_0039~01 170516_0042~01
ナナちゃんの子ども(白と白黒)に草むらで保護されたチビちゃんを加えてママには頑張ってもらいます。ナナちゃんのお乳は皆さんから頂戴した高カロリー離乳食のおかげで本来の張りが出てきました。他の子たちは粉ミルクでしっかり育っています。

犬
「メリーも避妊する前はお乳が出て、仔猫を育てていたんだよ」


■支援品をありがとうございます。
 草むらから仔猫を保護された方が支援品を届けて下さいました。
170517_0520~01
ロイヤルカナンの離乳食は仔猫たちが大好きです。水分も適度にあるので飲み込みも楽なようです。
また、是非面会にいらして下さい。



ハートライン


■只野さんから頂いたぬいぐるみは、メタボ猫で正解!!
170515_0827~01
アザラシかとも思っていましたが、ソファーの掃除をしていて、何気なく後ろを見たら・・ 
猫で間違いなし!


うさぎと猫
  「まったく・・恥ずかしいわ 


★宝ママさんへ★

いままでペットにかなりの医療費がかかったようですね。
私の見解では、医療費にもやはり限度を設けるのがよろしいかと思います。私もそうですが、どんなに対処療法してもその先に死が待っている以上、そして経済的な問題も考慮して、無意味な延命治療はしない方が良いと思っています。
そういう私も腹膜炎になったリリーを点滴に連れて行っていました。それは万が一にでも奇跡が起きるのではないか・・という、はかない望みを持ち、「限りを尽くした」と自分を納得させたいだけだったのです。日々の点滴で命が延びるのは2日程度・・リリーに安らかに逝ってもらいたいと思った時、私は通院を止め、時間があれば外に出していました。一緒に外で過ごす時間は穏やかに流れていき、すべてが「これでいいのだ」と思えたのです。延命治療しないからといって自責の念を持つことも、ペットに申し訳ないと思うことも必要ないのです。
 宝ちゃんとは短いお付き合いでしたが、家族の愛情を一身に受けて、短いながらも幸せな生涯です。猫だらけのサロンで、ストレスを抱えながら最期を過ごすことこそが本当に申し訳ないことだと思います。
ペットの延命に関してはいろんな意見があると思いますが、「経験を生かして出した答えが正解」ということではないでしょうか。
是非、ご自分の判断に自信を持って下さい。


IMG_20161028_104621.jpg 向かって右が宝ちゃん。

宮城県愛護センターでなかなか里親が決まらないということで迎えた子でした。


スポンサーサイト
Secret