備えあれば憂いなし・・
犬
  「災害時は欲しくても手に入らないよ」


■昨年より準備していました。
ビバホームで購入しましたが、作業用品を扱っている店舗なら購入可能です。
放射能汚染や細菌・ウィルスの蔓延に備えて・・
バイオハザードの見すぎ?
実際、大阪の核シェルター設置会社はてんてこ舞いの忙しさとのことです。


170415_0108~01 170415_0109~01
  これは有毒なものを扱う時の防御手袋。
目に見えない放射能や細菌、ウィルス対策です。 
北朝鮮から化学兵器がミサイルに搭載されて東京に着弾した場合、23万人が死亡するとされています。
自衛隊基地がある地域は標的になる可能性大なのです。


170415_0107~02 170415_0106~01
短いと有害物質が袖口から入ってしまいます。


170415_0109~03 170415_0109~02
少し厚手のカッパ。スタンドカラーになっているので首元をガムテープで閉じて有毒物質の侵入を防止。

170415_1948~01 170415_2001~01
顔の防御はこれ!!問題は使い方が今一わからないことです 
しかし、この買い物は失敗。頭から肩まで防護されているタイプのものもありますが、日本では入手できないようです。韓国では毒ガスマスクが飛ぶように売れています。
(右)頭に着けるライトで両手が空きます。


170415_0104~02 170415_0105~01
長靴はしっかり閉じることができるものが良いです。ヒモで閉じた上から更にガムテープで閉じます。
隙間を塞ぐ接着剤も必要。放射能はじめ有毒物質は隙間からも入って来ます。


170415_0107~01 170415_0104~01
使い捨て手袋はフィットするものがいいですが、あまりピッタリだと破けてしまいます。
手首をガムテープで巻いて侵入防止。ロング手袋の中に二重にして使うとより手を保護できます。
ガムテープはいくらあってもいいかも・・。


    うさぎと猫
 鳥や野良猫の死骸などが多く見られたらすぐに屋内に避難しましょう。
   動物たちが危険を教えてくれたのだと感謝して・・


★ 準備は万全ではありませんが、どんな状況でも保護している猫の世話は続けなければならないので、今のところはこの程度の準備をしています。他に参考になる情報をお持ちの方はメールにてお知らせ下さい。


■東松島から猫ちゃんの画像が届きました。
以前、ご紹介したラブちゃんそっくりのサビ猫のルーちゃんと、飼い主さん(桜井さん)のご実家にいる福ちゃんです。福ちゃんは生後1ヶ月半の時桜井さんが保護し、少しの間我が家に居て、その後ご実家に引き取られました。

170408_210715.jpg
ルーちゃん(左)と福君。


トトロ
     「微妙な距離感だな・・」


■クーゴの歯肉炎も悪化・・
     ヨダレがみられたら受診して下さいね。

170414_1838~01 170414_1837~01
  サプリメントを溶いて飲ませてみます。


トトロ2
  なんか、オヨネさんに似ている・・


スポンサーサイト
Secret