いらっしゃいませ
      
         虹と動物



■プルトは優しい子です。

170314_2304~01 170314_2303~02
空気が読めず、他の猫から度々猫パンチを頂戴しているクーゴですが、プルトだけは優しく接しています。

170314_2303~03 170314_2300~02
パンチを炸裂させるのは、チャチャ、マリ、オヨネ・・クーゴが一定の距離以上近づくとパンチされます。
    猫パンチ
    「空気を読めない奴はパンチされる猫社会!」

170313_1743~01 170313_1745~01
フットもストーブ前で皆の仲間入り。
嬉しくてチャチャやマリにちょっかい出してパンチを頂戴しています。


170313_1745~03 170313_1746~01
ご機嫌の時のポーズ。

猫ライン

■支援品のお届けでーす。
宅配猫


■ゆのままさん、オークションでゲットして送って下さいました。いつもありがとうございます。
170316_1346~01
この模様はイラン、イラクの「キリム」という伝統織物の柄だそうです。生地が柔らかく、サロン内も明るくなります。

170316_1345~01

ベッド猫
中敷きのクッションはフカフカで保温性バツグン。
これから仔猫の保護シーズンなので使わせて頂きます。


170316_1344~01
ありがとう猫

怪獣ライン


■手作りサークルのご紹介
3年前、3頭の子猫を譲渡した里親のSさんからお便り。チワワのオス用のサークルを100円ショップで購入した材料で作ったとのことです。壁を利用して倒れないように工夫しています。
DSC_0026.jpg

DSC_0012.jpg
譲渡したオットアイの「フランちゃん」

DSC_0016.jpg
譲渡した「のるなちゃん」

    シーズ
   「猫とは仲いいのよ」


★猫にとって有害なもの
初めて猫を飼われる方のためにも猫にとって有害なもの情報を度々お伝えしていきたいと思います。情報を皆さんで共有することで愛するペットを不注意から失わないようにしましょう。つきまのしては、何か情報をお持ちの方はパソコンメール又はコメント欄に送って頂ければありがたいです。

① 植物
猫が毛玉を吐くために草を好んで食べますが、道端に雑草として生えている麦科のものなら害がないです。しかし、民家の近くですと除草剤をまくことがあるので、それを食べると命を落とします。脱走した際によく雑草を食べてしまうことがあるのですが、帰宅して嘔吐が頻繁に続いたり、口から泡を出したり、痙攣した時は除草剤などの毒物系のものを口にした可能性が高いのですぐに受診して下さい。
(猫嫌いな人がわざと除草剤をまくこともあります)
 観葉植物はできる限り猫がいる環境には置かない方が賢明です。無害なものと有害なものを知った上で無害なものを置けば良いと思いがちですが、結局は食べてしまって吐く・・吐く時に植物が食道の粘膜を傷つけて出血することが多いです。サロンでも度々aそのようなことがありますので、サロン内には極力観葉植物は置かないようにしています。(2個ほどありますが、猫からは届かない場所に置いてありますので今のところ大丈夫です)
特に命の危険があるもの⇒ポトス・ラベンター(ハーブ系のものは有害なものが多い)・スイセン・ユリ科・ツツジ科、ユーカリなど
猫に有害な植物は700種類ほど。観葉植物を室内に置いている飼い主さんは、一度インターネットで「猫に有害な植物」で検索してみて下さい。花粉や花瓶の水を舐めただけで死亡した例があるそうです。

②ペットボトル
 ペットボトルからは有害物質が出て、特に生殖機能に障害を及ぼすそうです(医師からの助言)。ですので、ペットボトルに水を汲み置きして使用するのは控えた方が良いでしょう。水道からペットボトルに水を入れてすぐに容器に移す程度なら問題ないでしょうが、サロンでも外の猫部屋の水をペットボトルに汲み置きしていたので今はそれを中止し、浄水器の水をその都度やかんに入れて使っています。
(上記里親のSさんからの情報です)


     花
        花も食べてしまうことがあるので気をつけて下さい。

③ 人間の食べ物を常食させない。
 ネギ類はもちろんですが、かまぼこ、削り節、ツナ缶、牛乳、エビ、イカ、タコ、貝、ハンバーグなど他にもいろいろありますが、とにかく人間用のおかずは食べさせない方がトラブルになりません。一度リリーがエビフライのしっぽを食べて、ものすごい嘔吐にみまわれ、すぐに受診したので助かりましたが、受診が遅ければ命取りになります。生のササミや豚肉など脂身のない部分を調味料を入れないで茹でるのはOK。猫用の煮干しなどは1週間に2本程度にしておいた方が良いでしょう。毎日食べ続けると腎臓、泌尿器系の病気になる確立が高くなります。
刺身 ハンバーグ
「匂いにつられて速攻で食べに来るので気をつけてね」

 ④消臭剤
 消臭剤はペット専用のものを使って下さい。ファブリーズやアロマなどの化学系消臭剤は猫に有害です。(動物に有害なものは人間にも有害と思って間違いないと思うのですが)どうしてもアロマ系が好きという方は、ペット専用に作られたアロマ消臭剤がペットショップや病院などで売っています。

 ⑤アロマ入り柔軟剤を使った衣類の室内干し(里親Sさん情報です)
  今の柔軟剤にはアロマが入っていて、それと知らずに使った里親さんは洗濯物を室内干しにしたそうです。そしたら3頭の猫がその日のうちに嘔吐したそうです。(私はたまたま経費節減で柔軟剤を使っていません。)
 


小人
   「これからも情報提供していきたいと思います」



    野球猫
      「侍JAPAN、頑張れー!!」
国旗ライン




スポンサーサイト
Secret