FC2ブログ
    カッパ
      「勉強しなくちゃ・・」


■アメリカンカールの子はルナちゃんと命名しました。

ルナちゃん、保健所から連れて来る際の申し送りで、咳き込みがあるとのことでした。鼻器官炎だと思いましたが、サロンでも確認しましたので本日受診しました。
検便は異常なし。抗生物質の注射をして様子を見ます。蓄膿症のチャコちゃんも症状が悪化しましたので受診。薬を飲ませるのが一苦労な子です。


161213_1740~01 161213_1743~01
これから空気が乾燥する時期で、猫風邪(ヘルペスウィルス)が猛威を振るいます。ウィルスは湿度65パーセント以上だと不活発になりますので特にサロンでは湿度対策が必要です。
161213_1743~02

ハートライン


■初めて猫を飼う方へのアドバイス

パタパタと仔猫たちの譲渡が決まり、嬉しい限りです。
そこで、猫を飼うに当たっての注意事項など幾つかありますので参考にして頂ければありがたいです。


   黒猫
     「なるほど・・猫を飼うにはまず愛情が大切とな・・」

①猫は環境の変化がとてもストレスになります。サロンから新しいお家に行った際、数日飲食しなかったり、嘔吐や下痢の症状が出る場合もあります。犬や猫は具合が悪いと、うずくまっていることが多くなります。些細なことでも構わないので「変だな?」と感じたらすぐに受診するか、サロンに連絡を頂きたいと思います。

②十分に睡眠させましょう。
 成猫の平均睡眠時間は18時間、子猫では20時間といわれています。過度のスキンシップは猫にとってはストレスとなり、とても疲れるものです。そんな時はゆっくり寝たいのですが、休ませることもなく遊び続けていると、特に仔猫の場合は体調を崩します。
また、猫がくつろぎたいと思って飼い主の膝に乗ってきても身体中をなでられたり、長い間触られたりすると嫌がって膝から逃げていきます(例外もあります)。猫が尾を立てて近寄って来て背中を向けた場合は「なでていいよ」という許可。それ以外で身体を触られるのは基本的にストレスになると考えてもいい程猫は繊細です。ですので、スキンシップは短時間で・・と心がけて下さい。


③犬や猫は特に子供が苦手です。というのは、子供に追いかけられたり、ドタドタという大きな足音がとても恐怖心をあおることになるからです。子供さんにとって「犬や猫は生きたぬいぐるみ」になりがち。ぬいぐるみ感覚でずっと抱っこしていたり、逃げようとしても力ずくで阻止したり・・それらの行為は猫にとっては最大のストレスになり、病気へとつながります。子供が理解しやすいような表現で、おもちゃ感覚にならないように指導していくことが大切です。

④新しい家族に馴れるまでは多少時間がかかります。猫の場合、可愛いと思ってじっと顔を見るのは×。特に猫の目を凝視するのは「敵意を持っている」という意味になり、飼い主に恐怖心を持つことになります。猫がじっと人間の顔を見ていたら、ゆっくりまばたきをするか、目を細めて下さい。この動作は「あなたのことが好きよ」という意味で、猫に安心感を与えます。早く仲良くなりたい場合には1日に数回この[ゆっくりまばたきタイム]を持つと良いでしょう。
私も新入り猫にはこの動作でコミュニケーションをとっています。長年飼っている猫に対しても信頼関係をより深めるにも大切な動作です。猫が自分から目を細めたり、まばたきをした時には必ずお返しのまばたきをするように心がけています。

⑤猫の抱き方でも不安や恐怖を与えることがありますので気をつけて下さい。片手を猫のお尻に添えて、もう片手は胴体を支える程度に添えて、いつでも猫が逃げられるように抱くのがコツです。猫が逃げられないようにぐっと力を入れて抱く場合がありますが、それは恐怖心を与えることになります。そのようなことが度々重なると、その人物が近づいただけで逃げてしまうことになります。
片手で背中をつかんだり、首をつかむのは絶対にしないで下さい。

⑥台所に猫を入れないようにしましょう。
猫は天ぷらやフライなどの油ものが好きです。サラダ油などは直接舐めて下痢になります。また、エビフライなど食べた時に残るしっぽを猫が食べると激しい嘔吐と下痢(食中毒)になりますので注意して下さい。おかずのトレーも餌と勘違いして食べてしまい、腸閉塞の原因になります。ニンニク、ねぎ、たまねぎなども絶対×。それらが入ったハンバーグなどを盗み食いしますので食事の時は別の部屋に隔離するなどの工夫をするといいでしょう。


⑦猫はヒモや輪ゴムやボタンで遊ぶのが好きですが、誤飲のもとになりますのでそれらは与えないようにして下さい。また、消臭剤はペット専用のものを使用して下さい。ファブリーズやラベンダーなど人間用のものは猫に害になるものが多いです。最悪の場合、死に至ることもあるので気をつけて下さい。

⑧犬や猫は人間の精神状態にとても敏感な動物といわれています。人間の言葉を理解するのではなく、人間の感情を理解するのだと思って下さい。ですので、飼い主が常に精神不安定な状態ですとペットも不安を感じた生活になってしまいます。

ペットは飼い主さんの笑顔が何よりも好きですし、それがペットの精神安定になるのです。


  お客様
  「あなたのことが好きよ」
          スーパー猫
            「飼い主さんを助けなくちゃ!」



スポンサーサイト



Secret