FC2ブログ
■さよならカイ

IMG_6934.jpg
確か遠藤さんに作ってもらったものですが、遺影となってしまいました。


150629_2156~03
第一猫部屋にいたカイですが、こたつの中を見てみたら亡くなっていました。いつ亡くなったのか・・多頭飼育だと異変に気がつかないままになってしまうことがあります。最後に記憶にあるのは何となく元気のないカイでしたが、餌は食べていたので受診することもなく、大きな異変に気がつかないでしまいました。

150706_2323~01
死後硬直はなかったのですが、眼球が陥没していたので死後数日は経っていたいたのか・・原因は何だったのか・・腎臓病か糖尿病か・・。悲しむというより、ただ呆然とするばかりでした。本来の飼い猫を看取ることもできず、別れの言葉もかけないままだったのが申し訳なく、保護活動していなければもっと手厚く飼ってやれたのに・・という気持ちにもなります。
享年15、猫の平均寿命ピッタリで逝きました。私がカイの具合が悪いのに早く気がついたとしても、すでに重篤な状態だったとしたら、日に日に衰弱していき、息を引き取る姿を見せることが、より悲しみを与えることを知っていて、そっとこたつの中で逝ったのではないか。そんな気持ちも伝わってきます。


ハートライン

150710_2157~01150807_2142~01
東松島にいた時の写真ですが、手前にはすでに亡くなったリリーもいて、この頃はまだ保護猫はいなかったので、遊ぶ時間も充分持てました。

魚君たち


IMG_6936.jpg
本来の飼い猫で残っているのはチロとチャチャ。
DSCF3857.jpg

★カイの遺体を発見したのは一昨日の午前3時頃。校正のバイトをしていて、猫のトイレ掃除が遅くなり、何気なくこたつの中を見た・・というより見せられたのかもしれません。遺体を箱に入れて、入り口に置いて就寝したのは5時半。10時に原稿を届けなくてはならないので8時半には起きないといけなかったのですが、目覚まし時計を合わせるのを忘れてしまいました。
 そして8時半・・不思議なことが起きました。「おはようございます」という中年男性の声で目を覚ましました。入り口から顔を出して言っているようでした。「こんな早くに・・また誰かが迷い猫を連れて来たのね」、と急いで服を着て入り口に向かいました。しかし、誰もいないのです。服を着る時間は2~3分位。ご近所の木山さんは泊まっていないし、用事がある人なら少しは待っているだろうに。車で立ち去った形跡もなく、通りには誰もいない。ふとその時、あの声はカイだったのではないかと感じました。今までは猫からのメッセージは頭の中に響いてくることはあっても、はっきり聴覚で捉えるということはありません。カイの遺体は入り口に置いてあったので、カイが寝坊しないように起こしてくれたのではないか・・そのようにも思えました。15歳といえば人間では70歳位。まさに中年男性の声です。
しかし、なぜ今までとは違って聴覚で声として捉えられたのか。霊能者の池田さんの言葉が思い出されました。「猫は魂を持ち、人間に生まれ変わることを切望している」と。「今度は人間として生まれることができるよ」というカイからのメッセージでもあるような気がします。
 昼過ぎに遺体を埋葬する時、太陽の光が降り注ぎ、暑さを感じるほどでした。思わず太陽に祈りました。
「もう人間に生まれなくてもいい。人間に生まれても苦難の道を歩むだけ。それよりは転生の環から外れて、永遠に光の楽園に導かれますように」と。そして私の残された寿命をカイの永遠の命に充当させることができるなら、そうして欲しいと。看取ることができなかったカイへのせめてもの気持ちです。


★と猫

★カイの写真を探していたら、懐かしいプルトの写真が出てきました。
160426_2100~02160430_1044~03
プルトの寂しげなこの表情に心が痛みました。

160426_2057~02160426_2109~02
恋した花ちゃんが譲渡され、気落ちしていたのです。

     小悪魔
      「メスは他にもいるぞー」


160429_2119~01160429_2119~04
その寂しさをミケちゃんで紛らわせていました。
160429_2119~02160429_2119~03
「仕方ないわね。私で我慢しなさい!」
       ンガー猫
       花ちゃーん、寂しいよー


160429_2120~01
Loveがないものだから、ミケちゃんには乱暴になってしまって・・

スペード色付き

161018_2203~01 161018_2159~03
子猫には優しいプルトでした。



IMG_6933.jpg
メリーの写真も出て来ました。本物の「いぬのきもち」と見間違うほどの出来栄えです。これも遠藤さん作。


IMG_6932.jpg
「人間は猫をたくさん殺すけど、それでも猫は人間を助けている」というメッセージを残して逝ったオヨネさん。


  おやすみなさい猫


スポンサーサイト



2019.12.26 譲渡決定!
  1日に2匹も決まったわ・・
      
       猫娘
     新年も期待しています。



■ゆのちゃんの首輪効果?
ゆのちゃんの形見の首輪を付けた三毛ちゃんが決まりました。白の毛に赤い柄が可愛さをUP!

DSCF3871.jpg

            ラブ

DSCF3838.jpg
DSCF3830.jpg
ブログに掲載されたこの写真に心が動いたようで・・
ゆのちゃんのおかげです。


DSCF3868.jpg
猫サロンから3匹目のお迎えです。


       帯
           にぎやかー


■ブログを見てご来場
猫を亡くして寂しくて・・と、新たな出会いを求めていらっしゃいました。

DSCF3863.jpg
第一猫部屋のクレオ君。2歳でとても甘えん坊。

DSCF3865.jpg
クレオのアピールがとても積極的で、「そんなに来たいのか?」と飼い主さんは嬉しそうでした。

DSCF3866.jpg
「刺身食べるかなー?」・・食べさせてくださーい。
お勧めフードのメモをしっかりとポケットに入れ、「ペットエコに寄って行きます」と。

           魚
           「食べれるかな・・」




■新入りさんでーす。
DSCF3873.jpg
いつもガソリンを入れるスタンドでまたまた出産。
目が膿でパンパン・・状態の悪い子を連れて来ました。


DSCF3876.jpg
服薬と目薬でどちらも回復しました。

DSCF3867.jpg
ミルクもしっかり飲んでウトウト・・。
  
         親子
    離乳食開始になったら譲渡可能です。


■老猫ですが、元気です。
敷地内に現れた猫ですが、猫アレルギーの家族がいるため飼うことができずにご相談がありました。

DSCF3852.jpg
背中に大きな毛玉があり、病院で取ってもらいました。検便の結果カンジタ菌がいて、1週間の服薬です。
とても大人しく、高齢者向きです。


     シロクロ
      老いた魅力もあるのです・・


■第4部屋完成!
和山さんに猫部屋を増築して頂きました。
3匹は入れます。


DSCF3840.jpg
下痢の子たちの専用部屋にする予定。
通称「下痢部屋」?


DSCF3843.jpg
今まで薪を置いていた場所でしたが、スペースを有効活用できました。


        クロ2
        和山さんのおかげで快適です。(クロ)
           


    スバル、お疲れ様・・
          猫天使
        一緒に天国に行くよ!

■スバルが旅立ちました。
新年は迎えられないだろうとは思っていました。
食べてもすべて下痢になり、食べたい気持ちはあっても体はもう食べ物を受け付けない状態が続いていました。腸の働きが正常でないとやはり致命的です。


DSCF3821.jpg
21日、声に力がなくなったので、いよいよ逝く時が来たのだと察しました。「もうすぐお別れだよ」というスバルの細い声に、「もうちょっと待ってね」と声がけしながら猫の餌やりにバタバタしていました。

DSCF3820.jpg
ケージからストーブの前に連れて来て、体を撫で、別れの言葉をかけて前脚を握ってやると、しっかり握り返してくれました。そして私の手に自分の頬をこすりつけて来て・・お別れの挨拶です。
この30分後に息を引き取りました。

 
        神様
        「スバル、頑張ったのう」

DSCF3839.jpg
亡くなる2日前、妹のレムちゃんは珍しくスバルと同じベッドにいました。きっと別れが近いことを知って、最後のひとときを過ごしていたのでしょう。


      スバル
      スバルという名は一時預かりをして下さった育ての親の泉さんが命名。昴座、別名プレアデスという綺麗な7つ星が中心の星です。

★ スバルはロイヤルカナンの離乳食が大好きで、亡くなる前日まで食べていました。
これも皆様の差し入れのおかげです。
本当にありがとうございました。

        天使



■仔猫の引き合いが来ました。

DSCF3838.jpg
仔猫は生後2ヶ月から6ヶ月までいろいろおりますが、現在一番のお勧めの子はこの子でしょうか。

DSCF3832.jpg
2ヶ月のメスでワクチン済みです。
       ネコ
      大人しい子です。

DSCF3830.jpg
 ゆのちゃん首輪がお似合い。

DSCF3828.jpg
如何でしょうか。ご連絡お待ちしております。
    
       猫娘
      兄弟もいるけどヒビリ屋さんなの・・




■ミクちゃん、お迎えです。

DSCF3818.jpg
出張で一時預かりをしていたミクちゃん。
パパのお迎えを首を長くして待っていました。


DSCF3815.jpg
サロンではテールと追いかけっこして遊んでいました。

DSCF3816.jpg

DSCF3813.jpg
差し入れをありがとうございます。


■サロンの雰囲気が少し変わりました。
ラックとテーブルの寄付がありました。
ありがとうございます。


DSCF3827.jpg
ラックはスリッパ入れに。

DSCF3823.jpg
テーブルも防水で助かります。

      クリスマス
     一足早いクリスマスプレゼントでした。




■諏訪町からやって来ました。
突然庭に現れた猫。ガリガリに痩せていて、捨てられたのか脱走して迷ってしまったのか・・
保護者は警察と仙台管理センターに届けを出していますが、探し猫として届け出がない現状から遺棄された子と思われます。


DSCF3799.jpg
長毛のメスで、推定6~8歳。
「夢」ちゃんと命名しました。


DSCF3764.jpg
とてもなつこく、癒し系です。
サロン一番の甘えん坊さん。


DSCF3798.jpg

DSCF3766.jpg
第三猫部屋でもマイペース。
落ち着いた子がいい方にはお勧めの子です。


        こたつ
         こたつがあるから寒くないよ。


DSCF3792.jpg
同室のピーコはボス的存在。

DSCF3774.jpg
優しいサビちやんが頼りです。





お知らせ

■「かみさまとのやくそく」上映会
命のリレー・アニマルサポート主催で「胎内記憶を持つ子供たち」のドキュメンタリービデオの上映会をイベント会場などでキャラバンスタイルで行うこととしました。とても素晴らしい内容です。子供の虐待問題には誰もが心を痛めていると思いますが、子育て真っ最中の母親も苦しんでいることでしょう。子供たちの持つ胎内記憶を知ることで、子供と向き合う心構えを考え、子育ての参考にして頂ければ幸いです。
       親子

DSCF3763.jpg
上映会のチラシです。
チラシを置いてくれそうなお店など、広報活動できるルートがあれば、是非ご協力をお願いします。


◎日時  2020年2月2日(日曜日)

◎場所  日立システムズホール仙台「研修室2」 
    (定員63名。先着順入場。立ち見なし。)
      青葉区旭ヶ丘3-27-5

◎時間  13:30開場  14:00開演(約45分)

◎料金  大人1.000円 (高校生以下無料)


        神様2
        「さぁ、お腹の中に入るぞー」


★ 胎児は胎内でも音が聞こえ、外の環境を知ること
  ができる。
★ 妊娠中のストレスは胎児にも影響を与える。
★ 子供の幸せは両親の幸せを感じること。
★ 魂の待機場所まで覚えている子供たち。
★ 子供は目的を持って、両親を選んで生まれてくる。

       夜鳴き
  夜泣きは妊娠中の母親のストレスが原因?



             猫願い
       当日お手伝い可能な方はご連絡下さい。
        080-3018-5209


  ◎上映会はビデオレンタル料をお支払いし、収益を目的とするものではありません。



■小春ちゃん、さようなら。

DSCF3758.jpg
サロン滞在約3年。リンパ腫と気道の奇形、肺から空気が漏れて容態が急変し、17日に亡くなりました。
これまで第1部屋にいて、その後トリコモナス原虫のため下痢がひどくなり、第2部屋に移動して過ごしていましたが、摂食不良のため受診した時には重篤な状態でした。
とても甘えん坊で、姉妹の子夏ちゃんと一緒にサロンに来ましたが、3歳という若さで逝ったのは残念です。



         天使
          今頃は猫天国に到着したことでしょう。



■支援物資をありがとうございます。
DSCF3757.jpg
西田さん、齊藤さんより

         招き猫
         いつもありがとうございます。




◆ブログを見ていらっしゃいました。
大和町吉岡からいらっしゃいました。ご主人が猫を飼いたいとの希望でした。
現在奥様は妊娠中。猫を飼うなら出産する前に・・ということです。


DSCF3700.jpg
サビちゃん、お子さんが誕生する頃にはお姉ちゃんになっているでしょう。

DSCF3704.jpg
なかなか風邪が良くならずにいました。薬は引き続き服用して下さるとのことで、宜しくお願いします。

DSCF3706.jpg
支援金をありがとうございます。

DSCF3707.jpg
「私も連れてって・・」レムちゃん、積極的なアピールです。


◆ミクちゃん、大きくなりました。
DSCF3749.jpg
飼い主の倉田さん、出張で1週間ほど留守にするのでお預かりです。

DSCF3737.jpg
お家ではおてんばさんのようですが、環境が変わって警戒心MAX。
2~3日経てば本領発揮するでしょう。

       ミケ
        大人しいのは今だけよ。

DSC_0446-2.jpg
お家です。

      泣き猫
      パパ、早く迎えに来てね。



◆里親さん便り

わかば
若葉君、先輩猫のクロミちゃんの餌を横取りしてしまうそうで・・

DSC_0056.jpg
パパの布団にも粗相をしているようで、困ったものです。
タバコやコロンなどの強い匂いを消そうとする行為もありますが、思い当たることがない時は、何かしらのストレスから頼れる人の服や寝具に粗相してしまうということも稀にあります。


DSC_0961_1.jpg
若葉君、粗相はやめてね。
  
        ジジ3
        ご迷惑をおかけします。



◆ゆのちゃん首輪
DSC_1982.jpg
美猫のゆのちゃんが亡くなって、同じ毛柄の子を見ると思い出します。

DSCF3728.jpg
サロンにもゆのちゃんと同じ毛柄の子がいるので、この子にもゆのちゃんと命名。

DSCF3730.jpg
形見の首輪を・・お似合いです。

DSCF3727.jpg
3~4ヵ月のお勧めの子です。
      スマホ
      可愛らしく撮らないと・・

DCF00775.jpg
「私のお気に入りだったのよ」


DSCF3718.jpg
新入りさんにも利用させて頂きました。

DSCF3716.jpg
子猫サイズにもなるので貴重な首輪です。
      
           案内
           ゆのちゃん、ありがとう。



◆支援品をありがとうございます。
DSCF3735.jpg
山中さんより

DSCF3734.jpg
小林さんより
           ありがとう


 仔猫だけで寒さはしのげないのに・・
       猫娘
    でも優しい人に助けられたの




■若林区から新入りさん
最初、裏庭に2匹。その子を保護したら、後日また3匹が置かれていたとのこと。明らかに捨てられた子たちです。
保護されたお宅にはすでに複数の猫がいるので、これ以上飼うのは無理とのことで保護依頼がありました。
推定2ヶ月の子たちで、ワクチン接種済み。まだビクビクしていますが、直ぐに馴れると思います。
保護者の方にはフードやペットシート、ホッカイロなどの支援品をありがとうございました。


DSCF3661.jpg
① オス

DSCF3660.jpg
② オス

DSCF3671.jpg
③ メス

      ヒヨコ
     雪降る前で良かったね。

DSCF3663.jpg
④ メス

風邪をひいていますが、1週間ほどで良くなるでしょう。

DSCF3659.jpg
⑤ オス

      親子
      皆様からの連絡をお待ちしております。

     080-3018-5209まで




■支援品をありがとうございます。
ゆのままさんよりゆのちゃんの遺品が届きました。

DSCF3680.jpg
利用させて頂きます。

DSCF3685.jpg DSCF3679.jpg
物資が届くと現れる面々・・

      
        備蓄
      備えあれば憂いなし・・

DSCF3687.jpg
ゆのちゃんが着けていた首輪
DSCF3694.jpg DSCF3695.jpg
レムちゃんに着けさせて頂きました。
DSCF3697.jpg
「ゆのちゃん、大切に使うわね・・」

       ハート
        「レムちゃん、似合うよ」

DSCF3676.jpg
何とか食べて欲しかったママの気持ちが伝わってきます。

DSCF3674.jpg
小麦粉を含まないお腹に良いものが新たに発売。
ピュリナワンを利用している方はお試し下さい。


DSCF3686.jpg

DSCF3673.jpg
冬用スリッパもこれから重宝します。
ありがとうございました。


       ラブ

DSCF3672.jpg
佐々木さんより

IMG_0384.jpg
倉田さんより
        
       クロ
         感謝申し上げます。