FC2ブログ
    私に似たイラストがあったもので・・     

       感謝てーす
          早く暖かくなってー


■里親さん便り
ルークママのメルカリアッテからの引き合いでした。


1519647242628.png
去年の夏に譲渡になったポメラニアンとチンのMIX。
譲渡の時は生後3ヶ月でしたが、随分落ち着いた感じになりました。


1519647235510.png
何とも愛嬌のあるお顔です。

1519647251416.png
先住犬がいるのですが、猫と一緒が好きなようで・・
幸せオーラー一杯です。


        犬猫
       猫も大らかな性格で感謝です。


■メリー頑張っています。
週に一度のペースで腹水抜きに通院して頑張っていますが、食欲も落ち気味で、今は食べたいものは何でも食べさせています。
180226_1212~01

180226_1211~01
平均して毎回600CCの水抜き。

180224_0240~01
腹水が溜まるとMサイズのオムツでも小さく、Lサイズを使用しています。
    
    花


■無題

180224_1211~01
オヨネさん・・鼻が・・

180224_0240~02 180224_0239~02
ダン君、寝ている間に洗濯物を干させて・・
(高さが丁度いい!)


昼寝猫
        ZZZ・・

■コーヒーセットをありがとうございます。
180227_1629~01
若林区の佐々木さんより、チョコに引き続いてコーヒーセットが届きました。
猫と遊んだ後のコーヒータイムに提供させて頂きます。


     かえる
     
スポンサーサイト
    ルナがお見合いだぞー
         バカ殿
  

■ルナちゃんが気になって・・  
先日、一関からサロンを訪れた方からルナちゃんが気になっているとの連絡がありました。
ですが、ルナちゃんの咳は先天的な気道の変形によるもので完治することはなく、それを了承して頂く必要があります。
でもルナちゃんを気に入って下さって嬉しいです。


180223_1209~01
来月のお見合いに備えて病院で耳掃除をしてもらいました。

180223_1214~02 180223_1237~01
 毛玉の処理も・・ごっそり取れました。 
   
    ルナ
    「もっと早くにしてもらうと良かったね」  

180223_1825~01 180223_1825~02
お腹はほとんど毛玉だらけでした。
ベッドにホッカイロを入れて暖かくしてあげないと・・


180223_1418~01 180223_1418~02
 寄付して頂いたお洋服がお似合いです。
           
     こたつ
      「こたつに入るからいいよ」


■一度あることは二度ありました。


180222_2027~01 180222_2027~02
浴室のバルブからの漏水は続いていますが、水は浴槽からは溢れていなかった・・
排水溝に溜まった水はコップでかき出していたのに 


180223_1356~03 180223_1356~04
今朝、タイルカーペットから水が滲みだしていました。
180223_1356~01
浴室の排水溝が問題だけではないようです。
雪で水道屋さんは来られないと言うし・・スリッパを履けば何とかしのげるのでこのままにしておきます。二度あることは三度あるので・・

       なんでー
          嫌な予感は的中!!


■山中さんご夫妻、何かとご縁が・・
先日の床上浸水の時もお世話になり、本日も偶然いらっしゃったとは言え、同じトラブル。
今回は前回ほど範囲は広くないですが、問題発生の時には何かと引かれるようにいらっしゃるようで・・心強いです。
 

180224_1358~01 180224_1359~02
25頭居る猫部屋の掃除と餌やりをいつもお手伝いして下さり助かります。

180224_1358~03 180224_1358~04
どこに容器があるか把握しています。
    こたつ
    「こたつの中もよろしく!」

180224_1646~01 180224_2307~01
いつも砂の差し入れをありがとうございます。

180224_1437~05 180224_1437~01
キキちゃんがご主人にベッタリ、ゴロゴロ・・奥さんにスマホでの撮影をお願いしました。


   涙猫
       「ついついお頼みし易く・・すみません」


■奥様撮影
キキ2
キキ
ご主人、キキちゃんの一風変わったゴロゴロの音に心奪われていました。
   
      撮影
       「撮影は任せて・・」(山中さん)

  メリー
珍しく、ボックスタイプのベッドにいるメリー。
写真をありがとうございました。

      猫いろいろ

       「アーー、忙しい!」


■ゆのままさんお世話の外猫「花ちゃん」

花
長毛種は冬になるとこんなになるのね 

    かえる
    「写真をありがとうございました。」


■里親さん便り

宙(ソラ)とモーモーの画像を見て、兄弟の姿に嬉しくなったとのことで妹のメロンちゃんの写真を送って下さいました。

メロン2
一番早く譲渡になったナナちゃんの子供。感染症になるのが心配でしたので早く譲渡したいと思っていたところに偶然いらして、ご主人がこの子に一目惚れ。

170604_1316~01 170604_1317~01
昨年6月5日に譲渡。誕生日は5月6日・・5と6が入れ替わった不思議な縁を感じます。
現在奥様は妊娠中とのこと。5と6に縁のある日にお子さんが誕生するかもしれませんね。


y.jpeg
キジトラの子も先に譲渡になった子ですよね。

猫ライン
   「大きくなったね」

メロン
皆未熟児でしたが、この子が一番状態が良かったです。
リスクを承知で迎えて下さってありがとうございました。

180227_1858~02 180227_1858~01
2頭のお兄ちゃん(モーモーとソラ)と似ているかな?

メロン3
ここまで無事大きくなって本当に安心しました。


    花車
     暖かくなったらまた遊びにいらして下さい。


           今日は猫の日

     猫こたつ
     マグロを頂きました。(猫一同)


★マグロといっても人間には美味しくないアラでーす。
 泉区役所に行った帰り道、ヨークベニマルに寄った際にマグロの切り落としがあったので、3パック購入。
茹でてカリカリと混ぜて食べさせたら、食べる食べる・・オヨネは2皿食べました。
市販の缶詰をあまり食べないクーゴも狂ったように完食。白身と赤みを程よく混ぜて、茹で汁をかけて食べさせました。
余命宣告され、食欲減退した子にはこのように手を変え、品を変えてみて下さい。 私は鳥レバーや豚肉をそのままフライパンで熱して食べさせる場合もあります。茹でると旨みが抜けてしまうのでフライパンで熱した方が食いつきが良いです。


      天使
     「美味しいものを食べさせ、見送ってやりなさい。」



■バレンタインデー、忘れていました。
若林区の佐々木賢さんよりギフトが届きました。
ありがとうございました。


180218_1248~01 180218_1307~01
チョコの詰め合わせや猫のおやつ、商品券や寄付金まで頂戴して恐縮です。
猫部屋の猫タワーがボロボロになり使い物にならなくなったので、頂戴した商品券で買い換えたいと思います。


180218_1251~01 180218_1251~02
感激したのがこのチョコいちご。
いちごをコーティングしたのではなく、いちごとチョコを混ぜたものでいちごを再現しています。
甘味を抑えて、いちごの甘酸っぱさが生きている珍しいチョコ。お取り寄せしたい方は下記まで。

山形県東置賜郡 ㈱セゾンファクトリーCS 
       0238-56-2244


   涙猫
      「ブログを見てのご縁だけで・・感謝です・・」



■うずら君、正式に譲渡になりました。
     感謝
うずら君
大崎保健所から迎えた子ですが、目の瞬膜突出で視界が悪かった・・
里親の早坂さんが「バイオハザート」と呼んでいましたが、妙にピッタリの名前で・・ 


イケメン
ありがとう
その後、瞬膜を除去する手術をして下さり、トライアルになっていました。
先住猫との相性が心配でしたが、マイペースでやっているようで安心しました。

1518446323414.jpg
4回目に譲渡になったうずら君。
手術後、はっきり見えるので喜んで走り回っているとのこと。本当に感謝以外ありません。
今後とも宜しくお願い致します。


      雪男
       「家族と一緒が一番だよなー」

★以下の4頭が当サロンから譲渡された先住猫たち。
1518446331106.jpg
出戻りのクロちゃんと下のサビちゃんが最初に譲渡。

1518446324618.jpg
3回目に譲渡になった一代目ソラ君。
現在は羊のような鳴き方をするのでメリーと改名。


180227_1858~01
ちなみに二代目ソラ君です。

      羊
       「どちらもイケメンなようで・・」  

1518623698185.jpg
2回目に譲渡になった子。猫嫌いで気難しい子でした。
      猫帽子
      皆個性的だけど、うまく付き合って下さっています。   


★支援金のお振込みありがとうございます。
山形の佐々木一人様 ゆうちょ銀行へのお振込みありがとうございました。
七十七銀行 命のリレーの記帳が未だですが、一部ご連絡頂戴しております。
この場を借りて御礼申し上げます。


       雪だるま
      まだ雪に閉ざされていますが、頑張ります。      


★はるかさん、コメントありがとうございます。
 インフルエンザとのこと、くれぐれもお大事にして下さいね。
 「宙」という名前、すごい偶然ですね。それも誕生月も同じとは!
 ところでベッドの件ですが、松の木以外何でも大丈夫です。 40センチ以上の長さですとストーブに入らないので、可能でしたらそれ以下の長さでお願い致します。
 春になったら是非お越し下さい。


     猫あかちゃん
    春は出産シーズン・・お待ちしておりまーす。


    雪の中をありがとうございました
          雪ダルマ2


■大崎市古川よりいらっしゃいました。
連絡を頂いた時にはすでに七北田ダム周辺の雑木林でした。
それから20分後に無事サロン到着!! 猫カフェ「ニャンズカンパニー」さんで当サロンのチラシを見て来て下さいました。


180217_1328~01 180217_1329~02
今日は下見に。良い子がいたら内定してお試しです。


180217_1328~02 180217_1329~03
「この子がいいかなー」
私の服を吸い始めたのでそのままお父さんにお渡し・・


      天使
      「フミフミ坊やか・・お試しあれ」

180217_1329~01 180217_1807~01
この時、大人は猫そっちのけで羽生選手の演技に熱中していました。
金メダルおめでとうございます!! 

あの「SEIMEI」は私も大好きなプログラムです。本当に良かったですね。ちなみに、左手を上げて右手で印をきる冒頭のポーズは、宇宙エネルギーを身体に受けるポーズだそうです。


        UMO.jpg
          「お迎え待っているよ」         
 
180217_1804~02 180217_1804~01
 お帰りになってからもフミフミ、チュパチュパは続く・・


■この子もお勧めです。
180217_1806~02 180218_1256~01
茶トラのオスで七ヶ月程度。ワクチン済みです。


■ただ今売り出し中です。
猫サロンの二件隣りの物件です。玄関は通り側ではなく、裏側になります。玄関は喫茶店のようにおしゃれで、敷地には小川もあります。東日本大地震の時もほとんど被害はないと聞いています。

180217_1635~02 180217_1636~02

180217_1636~03  180217_1636~01

    引越し2
      「まずはお家を見てからでしょ・・」


■サロン保存版
本来なら里親さんと一緒の生活が良いのでしようが、この兄弟に関しては、あまりにも育てるのが大変だったため、情的に手放す気持ちにもなかなかなれず・・オヨネさん亡き後のサロンを背負って行く接客係りとして永久保存しようと思っております。

180217_1806~01
スタインホルス柄なのでモーモーと情けない名前になってしまいましたが、本人自分の名前を認識しておりますので、これから改名というわけにもいかず・・

180217_1808~01
名は「宇宙」の「宙」でソラ。UFOと宇宙に存在する異星人を信じている私としては、インスピレーションで付けた名であり、飼い主のお迎えがなく、見捨てられた一代目のソラ(今は早坂さんの家族になっています)にあやかって幸せになるように、という思いもありました。サロンにいて幸せかどうかはわかりませんが、経営者の助手としてそのお役目を担ってもらいたいと思います。
(  ソラが接客している間に急いで猫部屋の掃除をする・・なんてこともあります。 )


      雪の結晶
      今日は吹雪でした。四駆でも林道は大変です。




        住めば都

      トナカイ
        定住者大歓迎!



■猫サロンも見たいし、定住もしたい・・
  ウェルカムでございまーす!!

大泉さんコメントありがとうございます。
ナビでいらっしゃったため七北田ダムへと誘導され、猫サロンへの訪問を断念されてしまいましたが、ジムニーをお持ちとのことですので、お待ちしております。
ちなみに大泉さん、建設業に従事していらっしゃるとのこと・・是非、是非、ここに住んで下さい。 

 
      引越し
       「さぁ、泉ケ岳に行くか・・」
 
定住者が5名になれば市の除雪対象になるらしいです。現在、3名・・あと2名で冬の除雪問題は解消されるかもしれない!!
ここはとても良い所ですよー、定住しませんか?
   ( 騙されないとな・・?)


        雪球
            「オラと雪合戦しよー」


 ★ 特に話題もなかったのでブログが更新されませんでしたが、1週間更新しないと「そろそろ安否確認しないと・・」と心配する方々がいらっしゃるので・・
「生きてますよー」

    

■キヨちゃん、元気一杯です。
180216_2109~02 180216_2109~01
 パソコンに向かうと膝に乗ってリラックス。
泉ケ岳の野外キャンプ場に捨てられ、痩せこけていたところを保護されたキヨちゃんですが、膀胱結石があるものの、現在は血尿もなく、当時よりふっくらとして元気で過ごしています。
(動物病院から頂いたPHコントロールのサンプルが助かっています。) 



■タヌ君とあかりちゃん、元気です。
サロン内では猫風邪が蔓延しているのに、リリースした子たちは風邪の兆候もなく、元気一杯! 

180216_1311~01 180216_1310~02
室内では1頭のくしゃみであっという間に風邪が蔓延してしまいます。閉鎖された空間がウィルスの温床になるということですね。
「新鮮な空気の入れ替えがウィルスの蔓延を防ぐ」といわれていますが、1日に10回ほど空気の入れ替えが必要らしいです。
現実的には無理かなー。


        リラックス
         「ヌクヌク・・まったり・・これがいいのよねー」      



■ダン君の可愛い寝姿

180216_0149~01 180216_0148~02
猫たちに怒られながらもマイペースのダン君。
猫ベッドを独占して気持ち良さそう・・

       こたつ
       こたつコーナー設置しようかな・・

180217_0307~02
ストーブから離れたケージでは寄付して頂いた暖か洋服を着て寒さ対策。

180217_0310~02 180217_0310~01
後ろ足は神経が通っていないらしく、甲を地面に付けて歩くので腫れてしまい、椅子用ソックスが欠かせません。

       猫遊び
     猫はいろいろと忙しいのだ・・ 

180216_2110~01 180216_2209~01
大根をストーブで乾燥させてハリハリ漬けを作ります。
ビンに麺つゆと具入りラー油、日本酒少々を入れて一晩漬けて美味しく食べられます。

     

180215_2047~02
飼い主さんが難病で入院。
これまで心を許さなかったチーちゃんですが、今では膝から離れません。


  雪だるま
         「甘えていいんだよ」


■オヨネさん、頑張っています。
腫瘍は出血と膿の量も多くなり、これからは日に2回ガーゼ交換しなければならないほどになりました。

180217_0329~02 180217_0329~01
ガーゼに止血剤をふって、ペットシートで浸出を防ぎます。
伸縮包帯が使いやすいですね。


★ SUZUさん、コメントありがとうございます。
  風邪用の薬を猫カフェさんにお渡ししてありますので、いずれ回復すると思います。
  雪が融けましたら是非遊びに来て下さいね。


       女性
      5月は山菜の季節・・お待ちしております


       やれやれ・・

     漏水
   
    一難去ってまた一難!
  

■なんでこーなるの? 床が水浸し!! 

180210_1257~01
最初は猫のおしっこ?? と思いました。
ですが、マリはもういないし誰・・??


180210_1527~01 180210_1527~02
数日前から浴室が漏水のため水浸しになっていました。「床まで来るのでは・・」と嫌な予感は昨日的中。最初の段階ですぐに不動産会社に連絡するも、なかなか修理には来ず、日に日に不安は募っていました。
ウッドカーペットから滲みだして来る水を見て呆然自失・・そして、山中さんご夫妻とご近所の木山さんにSOS 
快くお手伝いを承諾して頂き、駆けつけて下さいました。

        バイキン
          「冷てー!!」

180210_1521~01 
ウッドカーペットを一人ではどうすることもできず、本当に助かりました。

180210_1528~01 180210_1528~02
やはり男性の力は偉大なり・・感謝!!

180210_1529~01
床板は水浸しで、踏むと水が上がって来ました。
    小悪魔
    「フッ・・日頃の行いが悪いからではないのか?」

180210_1620~01 180211_2104~01
後はヒーター(五十嵐さん提供)で床を乾燥させて、しばし一段落・・
猫砂と食料品の差し入れをありがとうございました。


180211_2105~02 180211_2105~01
山中さんから寄付して頂いたタイルカーペットを敷いて気分も新たに・・お手伝いして頂いた上に恐縮です。
ありがとうございました。


180211_2106~01
浴室近くの床はまだ乾きません。

180210_1619~01 180210_1620~02
春ちゃんもお手伝い? ゴミ袋に入って満足そう。


     水道屋
 本日水道工事の方が見えて、応急処置をして頂きました。原因は浴槽水道管の亀裂による漏水が配管を通っていかず、浴室に溜まってしまったとのこと。配水管の設置の仕方にも問題があるそうで、雪が溶けてから配管し直しするかも・・(あてにならない)。
これまではこのような問題はなかったのですが、今年の寒さが引き金になってしまったので、バルブを交換したとしても今後も生じる可能性のあるトラブルです。
今は車で15分の温泉銭湯(不動産会社の清算)に行っています。


四駆のパジェロミニが3台目の代車として一昨日来ました。これでソリは必要なし! いつもの穏やかな日常が戻った・・と思いきや、浸水騒ぎとなり、厄年の威力をしみじみ感じています。 ですが、今回の災難は大切なことを教えてくれました。それは「何事も一人で対処できるように環境を整える」という事。ウッドカーペットは便利ですが、それを一人で外すことはできない。ならば、一人でも始末可能な手段を考えなければならないのです。今回は運よく休日ということで木山さんと山中さんご夫妻が手伝ってくれたから良かったけど、誰も頼れない時もある。ということで、ウッドカーペットはデッキに敷くことにし、室内は防寒用シートとタイルカーペットに統一することにしました。「現在の環境をもう一度見直す」・・今回の教訓です。断水、停電、地震、土砂崩れ、倒木などなどの問題に自力で対処しなくてはいけない場合もある。携帯で助けを求められない場合にどうするか? ということですね。一度あることは二度ある・・これまでの人生で得た教訓です。

         トラブル
      今年始まったばかりなのに・あとは何があるの?



     80坪の猫カフェ
   冬
     素晴らしい環境でした

■猫カフェ「ニャンズカンパニー」
場所は富谷市ひより台1-43-19。
4号線沿い富谷医院信号の次の信号を少し過ぎた場所にあります。
定休日は毎週月曜日


180207_1705~01 180207_1705~02
昨年12月2日にオープン。営業時間は11:00~20:00。
是非行ってみて下さい。


180207_1706~01 180207_1708~02
受け付けコーナー。
2月22日の猫の日には「OHばんです」のテレビ取材があるそうです。
命のリレーのチラシもご覧のように・・感激!!


180207_1708~01 180207_1707~01
入ってすぐには物販コーナーとドリンク、おやつの販売コーナー。ドリンクは飲み放題。


    UMO.jpg
    扉を開けて猫たちのいるスペースへどうぞ・・

180207_1747~01 180207_1749~01
清潔感あふれる店内。一度の収容人数は50名位。
休日は1日で100名から120名が来場とのこと。


180207_1749~02 180207_1745~01
壁ぎわにはパソコンブース。
マッサージチェアー2台も設置。1日中楽しめるアイテムが揃っています。
素晴らしい発想に脱帽!!


180207_1809~02 180207_1741~01
素晴らしいのがこのコタツ!! 
家にいる感覚でゲームをしたり、猫と戯れたり・・

天使
  「居心地が良いようじゃのう・・」

180207_1807~01 180207_1742~01
シャイなオーナーさんは猫で顔を隠し・・
店内備品はすべてオーナーさんのアイデアで揃えたそうです。


180207_1744~02 180207_1745~02
奥の書籍棚には漫画喫茶ともいえるほどの品揃え。

     
180207_1810~01 180207_1809~01
3名で来た高校生はとても楽しそうでした。

   睡眠
     「帰りたくないよ・・」

180207_1743~02 180207_1742~02
クンクン・・猫たちのチェック。

180207_1740~02 180207_1724~02
猫は全部で18頭。3ヶ月から6ヶ月位の子が多いです。

180207_1740~01 180207_1722~01
命のリレーからメスとオスのキジトラが行きましたが、この子はメスの子。オスも元気でしたが、写真撮り忘れました。

 180207_1739~02 
バックルームは猫たちの寝室兼食堂。
       ペット
     「待遇良すぎ・・羨ましいよ」

180207_1739~01 180207_1746~01
とにかく広いです。

    リス
      駐車スペースは7台です。



■ソリに乗せて通院しました。
180206_1318~01 180206_1318~02
メリーの水抜きと嘔吐のキキちゃんを乗っけて・・

180206_1206~01 180206_1217~01
メリーは600CC取れました。
キキちゃんの嘔吐は吐き気止めで症状が改善されました。

     犬ソリ
      犬ソリがあればなぁー

180206_1406~01 180206_1341~01
「まったく・・ヤレヤレだわ 」(メリー)
無事帰還。長い林道をご苦労様でした 


180206_1402~02
  屋根から落ちた雪はすでに氷と化しています。


        町並み
       冬ならではのエピソードですなー


       嬉しい誤算
   天使3人
   マリは翌日まで頑張りました



■マリは今日の午後2時に逝きました。

昨日のブログ更新時にはすでにまばたきもせず、心臓も弱弱しく、いつ止まってもおかしくない状態でした。更新が終わった頃には息を引き取ってしまうだろうと見込んでマリの死を記事にしましたが、更新を終えてもマリの心臓は脈打っていました。
普通だとすでに亡くなっている状態なのに、マリの健気さに息を引き取るまで傍にいたいと午前5時まで付き添っていましたが、睡魔には勝てず、ベッドに移動して寝てしまいました。目が覚めたのは8時半・・もう亡くなっているだろうと様子を見に行ったら、まだ頑張っていました。なんという生命力なのか・・マリを抱いて外に出て、太陽の光を浴び、新鮮な空気を吸わせました。すると、ぐったりしていた身体をゆっくり起こし、外の匂いをかみ締めている様子でした。奇跡を願うには絶望的な状態でしたが、マリらしい表情を束の間でも見ることができて嬉しかったです。
 猫たちに餌をやり、掃除を終えて一段落した午後2時、マリの心臓は今にも止まりそうでした。
「リリーが迎えに来るからね・・天国に行くんだよ」と言葉をかけ、両前脚を握ると、これまでしたことのなかったフミフミを私の手にしました。彼女の精一杯のお別れの仕草・・さすがに涙が出ました。そして次第にフミフミが止まり、瞳孔が開き始めたので腕に抱き、マリは腕の中で逝ってくれました。
マリの死が翌日に持ち越されたことで、最期の時をゆっくりと過ごすことができ、大切なことを教えてもらいました。
瞳孔が開き始める前までは意識がはっきりしているのだと知ったのです。
「瞳が飼い主の顔を追うことができなくても、瞬きができなくても意識はあるのよ・・」と、マリはフミフミをすることで教えてくれたのです。
ブログでは極力死の報告はしない方針でしたが、そこに学ぶべきことや伝えたいことがある場合は記事にしてきました。
猫や犬はペットではあるけれども、ペットを超えた存在でもあるのだと改めて感じます。

    天使
    「これからはずっとリリーと一緒だぞ」

2018020506462800.jpg
山中さんよりマリの綺麗な写真を頂戴しました。
マリの写真らしい写真がなかったので嬉しいです。
ありがとうございました。


     猫天使
     「あちこちにおしっこしてごめんね・・」(マリ)



■なつかしい写真をありがとうございます。
こちらも山中さん提供の写真です。
スマホは綺麗に撮れますね。

2018020506465100.jpg
白の女の子は亡くなってしまいましたが、3頭が無事に育ちました。


2018020506470900.jpg
てれまさむねの取材の時のモデルがソラでしたね。
貴重な写真をありがとうございました。 
 
 

     顔
        たかが猫・・されど猫・・
   動物の中で猫ほど意識の高い動物はいないのです。



★ 追記)
私はよく病気になった子や逝く子に話しかけ、意識を読もうとすることがあります。
意識を集中すると相手の気持ちが伝わってきます。これは私に限ったことではなく、皆さんもできることです。
今回、ブログ更新中にきっとマリは亡くなるだろうが、動物の死に際にはそっとしておくことが動物のプライドを尊重することだと思っていました。ですが、更新を終えても頑張っている姿を見てつい嬉しくなり、マリの傍に寄り添ってはキスをしたり、頭をなでたり、ベタベタしていたのです。そして「何かして欲しいことはない?」と問いかけたら、なんと「構わないで・・」と返答が来ました。そう、猫は具合が悪い時に触られるのを最も嫌がるのです。それを忘れていました。
「わかった・・もう触らないから」と、そっとしておいたのですが、最期に腕の中で息を引き取ったのは、そうすることをマリが許してくれたからなのです。本来ですと死に際の姿は見られたくないものですし、「構わないで」という言葉に落胆した私に、最期に際して少し喜ばせようというマリの優しい気持ち・・今になってそれを知りました。フミフミをしてくれた時、確かに嬉しかったし、腕の中で息を引き取ったのもマリとの絆を感じて嬉しかった。猫は健気で、愛情深く、優しい存在ですね。そして霊的に優れています。霊的というのはもちろん人間の目に見えないものが見えるし、予知能力があるということ。大切に思う人の危険を察知する能力が優れているということです。外出しようとしたら、飼い猫が怒ったように毛を逆立て、手に噛み付き、病院に寄って行ったおかげで、途中交通事故に巻き込まれるのを避けられたという事例もあります。
いつもと違った行動をした時、何を言わんとしているのか意識を集中させると、ふっと伝わって来ます。


       雪だるま





    マリもその時が来ました
    祈り
      魂よ、安らかに・・



■鼻器官炎(風邪)の症状がありましたが、そればかりではなかったようです。
病院でコンベニア注射をしてきましたが、衰弱が早かったです。衰弱すると薬の効き目は出なく、元々痩せすぎのマリにとっては致命的だったようです。12年間体重が増加することはなく、いつも痩せすぎだったマリは栄養の吸収が悪い体質だったようです。エイズ発症のクーゴと同じように歯肉炎もみられたのでエイズだったのかもしれません。食べても太れないのもクーゴと同じです。

180204_0057~03 180204_0058~01
栄養の吸収が悪いということは消化器官に問題があるということ。爪切りだけでも呼吸がおかしくなるほどストレスに弱かったマリですが、これまで深刻な病気はなかったです。しかし、今年の厳しい寒さが堪えたのでしょうか、風邪が引き金となって急変してしまいました。
今日の午後にはフラフラでも歩いていました。


180204_1813~01 180204_1813~02
最後に皆と過ごすひととき。すでに低体温症になっていたので受診しないでこのまま看取ることにしました。
マリは12年前に愛護団体から生後2ヶ月で譲り受けた子でした。道路で仔猫が3頭固まっていたところを青年に保護され、1頭はすでに交通事故に遭って亡くなっていて、残った2頭の姉妹を我が家に迎えました。マリの姉妹はその後譲渡になりました。

天使2
     「マリちゃん、今までありがとう・・」

180203_1910~02 180203_1910~01
死を悟って姿を隠そうとするので、ケージに入れて最期を迎えます。

170411_1331~01 170411_1331~02
マリから伝わって来るのは去年に逝ったリリーのことばかり。
この写真はリリーが腹膜炎で命の限りが見えた頃のもの。リリーがマリの匂いをかみ締めるような仕草をしていたのが印象的でした。


170205_0842~01 170205_0842~02
マリとリリーの絆はとても強かった。
リリーはマリが我が家に来た時、愛護団体の方が一緒に連れて来ました。
cats7-1dogというメールアドレスの7が、今ではチロ、海、チャチャの3頭になってしまいました。チロとチャチャも同じ日にマリと一緒に迎えました。つまり、愛護団体の方が連れて来た6頭をそのまま飼うことになったのです。その4ヶ月後に海を迎えました。


161212_1844~01 161214_1243~04
「リリーに会いたい」というマリの思いを引き止めることはできません。
 
 親子
    リリーはマリを我が子のように接していました。

170203_1821~02 170131_1735~02
「リリーと会えるよ・・」それが贈る言葉でした。


   ペンギン天使
      「リリー、マリを頼んだぞ」

猫ライン


■タヌ君とあかりちゃんの保護者さんが歩いていらっしゃいました。

180204_1320~01 
時々コメントを下さるちゃまめさん(左)と西田さん(右)
180204_1321~01 180204_1708~01
たくさんの差し入れをありがとうございます。
これをソリで持って来るのだから・・すごい!!


180204_1223~02 180204_1230~01
珍しくオヨネさんも接待。

     雪だるま
        雪の中をありがとう

180204_1223~03
おにぎりも作って来て下さって・・ごちそう様でした。
おいしかったです。


180204_1320~02

180204_1320~03
帰りも歩きで・・本当にありがとうございました。
     雪だるま
     仔猫
        バナナ、美味しかった・・    



■前脚を手のように使う春ちゃん
180203_1909~01
後ろ足の掃除をするのに前脚でしっかり支えて・・
180203_1909~02
体が柔らかいからできる技ですね。

   風邪
     皆さん、風邪を引かないように!

■ソラの赤ちゃんの時の画像が出てきました。
170516_0045~02 170513_0155~02
リリーの写真を探していたら、ソラの赤ちゃんの時の写真が出てきました。なつかしい・・

 170513_0844~01 170505_0058~01
左はゆのままさんのご主人に抱っこされている時。


170505_1103~02 170528_1231~02
山中さん、覚えています?

 170528_1233~01 180204_2305~02
乳母のおかげでこんなに大きくなりました。

うさぎ

★ はるかさん、コメントありがとうございました。
   参考にしますね。




     昨年末から車トラブル続き
オーバーヒート
   泉ケ岳の厳しさを味わっています・・


■先月の30日は大凶?
30日の午後1時に石巻で大事な用件があり、11時に代車でサロンを出発。20分ほど走ると、暖房の温風は冷風に・・。結局石巻まで暖房は復活することなく、ひたすら寒さに耐えて運転していました。用件が終わったのが午後6時。エンジンをかけるとタコメーターの隣にあるエンジンの異常を示すランプが点灯。ガソリンを満タンにした給油所でこのまま運転して大丈夫か聞きましたが、整備会社でないとわからないとのことで、とりあえずこのまま帰宅することにしました。ウォッシャー液も凍って出ず、ホッカイロ10枚を着けていざ、泉ケ岳へ・・。しかし、三陸道鳴瀬奥松島インターで通行券を取ったところでエンジンはダウン・・管理事務所の職員に車を押してもらってトイレ駐車場に移動し、JAFを待ちました。
 1時間後にレッカー車が来て、代車を所有している中古車販売会社に搬送・・その間、車中で猫サロンの宣伝をしっかりとして、無事富谷の会社に到着。(JAFスタッフの方は息子さんと泉ケ岳のスキー場に遊びに来るらしいです)
     整備
         「どれどれ・・」

原因はオーバーヒートかもしれないとのこと。ジムニーの修理を頼んでいる会社で、ジムニーの修理には60万位かかるとのことで、廃車することになりました。40キロ以上出すとタイヤが外れそうになり、ハンドルも180度回転・・修理してもいつトラブルが再発するかわからないので新たにジムニーを購入するということで探してもらうことになりました。

      スタック
四駆の代車でしたが、林道の登り道で何度も登りきれず、バックとエンジンふかしをしたのが原因かも?

 問題は、代車の代車は四駆ではない! あの林道を歩く覚悟を決め、中古車販売店を出たのはすでに11時過ぎ。近くのスタンドでガソリンを満タンにしていざ帰宅! と意気込んだところでまたまたエンスト・・。 オーナーさんがすぐに来てくれてバッテリーを交換してOK。「私って疫病神なのでは?・・」と思ってしまいました。すでに12時近くになっていましたが、猫サロンを目指してようやく出発。当日はかなりの寒さで、猫たちも寒がっているだろうと気が焦ってしまいます。30分後に看板に到着し、手袋を足にはかせていざ出発!!
足は感覚がなくなるほどの冷たさで、「八甲田山雪中行軍の人たちの辛さはどれほどだったか・・」なんて思いながら雪灯りで幻想的な林道をトボトボ・・サロンに着いたのは1時半でした。それから急いで薪ストーブを点け、猫部屋の子たちに餌をやり、寝たのは4時半・・。
翌日は午前中に富谷の兄のところに用事があり、再び林道を登って行きました、とさ。
 
      林
      「ワーイ、歩いて帰ろう!」
       (・・なんて、なるかいっ! )

 
  ★最初の代車のバンパは氷の塊と化した雪に擦って、両端しがボロボロに・・厳しい寒波で道は凍り、とても危険ですので四輪駆動以外の車でのご来場は見合わせて下さい。
無理していらして坂道を登れず、JAFを呼ぶ方もおりました。ハンドルも取られます。


180131_1537~01 180131_1537~02
ゆのままさんから届いた荷物はこの通り。(バックの下)
ソリを買っていて良かったです。


         ソリ
          「やけくそだわー」


三日間続けて林道を往復・・下り道はソリを使っています。ブレーキは足で、ヤバイ時は身体を投げ出して止まります。
この年齢でこんな体験をするなんて思っていませんでしたが、これもきっと何かの役に立つでしょう。


      雪だるま2
 代車にパジェロミニを手配してもらっています。
それまで猫たちの急変がないことを祈ります。
 
  


■ゆのままさん、食料をありがとうございます。
180131_1828~02 180131_1830~01
偶然届いた支援物資で心が温まっています。

180131_1826~01 180131_1827~03
美味しいチーズパンや金柑の手作りジャム。
隠遁生活に花が咲いています。

     車と猫
   「雪道は無理しないこと・・これが一番だよ」


★ 30日は最悪の日となってしまいましたが、代車を借りている軽自動車販売のオーナーさん(猫カフェも経営)がとても親身になって下さって、私の代車のためにパジェロミニを探して下さっています。あのままジムニーに乗り続けていたらきっと命に関わる大事故になっていたでしょうし、代車のトラブルも本線に出る前でラッキーでした。これも猫たちが守っていてくれるからだと思います。
「あんたがコケたら、私たちはどーなるの?」という猫たちの気持ちですね。
一見、悪いことの連続のように思えても、それが命を守るための現象だということに気がつき、感謝する気持ちがあれば大凶も吹っ飛ぶ!!と信じています。
ちなみに、私は今年厄年だそうで・・
気合で大凶を大吉に変えてやるわいっ!!



■里親さん便り
山形のはるかさんより皆無事に避妊手術を終えました、とのご報告がありました。
鈴木3
こむぎちゃん。

鈴木2 鈴木4
露ちゃん。

鈴木
蘭ちゃん。兄弟の露ちゃんと見分けがつきません。

いつもコメントありがとうございます。
ここでの生活はジムニーかパジェロミニでないと無理かな、と思っています。お母様も昔ジムニーに乗っていて、結構問題ありだったようで・・。修理時の部品の調達のしやすさからジムニーを勧める方が多く正直迷っています。他にお勧めの軽自動車がありましたら教えて下さいね。



        リス
         ジムニーは四駆の切り替えがあるのでいいかな・・と。


■メリーは1週間ごとに水抜きを
180129_1718~01 180129_1725~01
溜まった水が呼吸を圧迫しているようです。食欲も落ち、カリカリは食べないので、支援して頂いたad缶を食べています。
高カロリー食で血液をドロドロにした方が水が溜まりにくいとのことで、今まで与えていなかったおいしいフードに「食べていいの?」と躊躇しているメリーです。


猫スケート


■あかりちゃん、元気ですよー
180129_1038~01 180202_1016~02
デッキの住人になったタヌ君の妹、あかりちゃん。
夜は犬小屋で寝ています。


180129_1036~02 180129_1038~02
タヌ君はあかりちゃんが来てからイキイキとしています。
 
   スキー
     スキーができたらいいのに・・