FC2ブログ
       地球は大寒波で大変らしい・・

       宇宙人2
         暖かくなったら行こう・・


■亡きたまちゃんからのプレゼント
  たまごんさんからコメント欄に亡き愛猫の遺品の提供のご連絡を頂き、フードが届きました。
   
qj.jpg
「たまちゃん」享年8歳。動物病院のポスターが縁で生後4ヶ月で家族に迎えました。1歳までは完全室内外でしたが、ある日脱走し、それ以降は出入り自由にしていたとのことです。
、エイズとわかったのは昨年の12月。口内炎や歯肉炎、口臭とエイズ特有の症状で、入院して集中治療を行っていたとのことです。


たま2
ですが、治療の甲斐もなく、22日の朝、家族に見守られて虹の橋を渡りました。
 天使
たま
たまちゃんの画像を見て、その凛としたその表情に気高を感じました。ご冥福を祈ります。
飼い主さんから「エイズ感染予防のためにも室内飼いを徹底して下さい」とのメッセージです。
180122_2344~01 180122_2345~01
みちのく動物霊園のご縁で思いがけず届いた、たまちゃんからのプレゼント。ありがとうございました。

     感謝ライン


■フットの魂がサロンを卒業しました。
一昨日の夕方、容態が急変してフットが虹の橋を渡りました。
これまで便秘と嘔吐の症状が続き、腸の機能が衰えてきていたフット。消化機能の異常が原因と思われます。

180123_1818~01
最後の画像。
皆と一緒にストーブの前にいましたが、元気がなく、低体温気味でした。その後ペットヒーターで暖めるも、脱水症もみられ、体温は元に戻りませんでした。
脊椎損傷のためケージ生活が6年。保健所の職員の「歩けないけどいい子なんです」という言葉から、その職員の「助けたい」という思いを感じ、迎えた子でした。

          虹オンプ
171217_2225~03 171026_2130~01
ストーブの前ではご機嫌。

171026_2057~01
       猫天使
        「いろいろいとありがとうございました」(フット)

170828_1351~03 170626_1429~02
実習生にも身体を洗って頂きました。お世話様でした。


★ 何かと手のかかったフットでしたが、彼女の存在はとても大きかったです。
 あのひょうきんな姿と優しい鳴き声がもうないのかと思うと本当に寂しいです。下剤を飲んでも便が出なく、病院で摘便してもらっても、これ以上あの苦しさを与えることに躊躇もありました。病院に行ったから容態が回復するという問題でもなく、脊椎が障害を負った故に生じる問題に、いつか来る別れを覚悟していました。そして苦しむことなく、穏やかに腕の中で息を引き取りました。
何かあったらフットだけは抱いて避難しなければ・・という思いがありましたが、そんな苦労をかけることもなく、一足先に逝ったフットです。不憫な子ほど愛おしい・・まさにその通りです。どれだけフットに癒されたか・・
フットありがとう。天国では思いっきり走れるよ。


    祈り
      「たまちゃんにお礼を言ってね」


■見事な氷柱!!
180125_1038~01 180125_1037~01
一昨日の氷柱。今日はこの倍はあります。

180125_1056~01 180125_1056~04
都心も大変なことに・・

180125_1055~01
ジムニーの雪下ろしをして、途中で嫌になって中断・・
昨日整備工場に出したのですが、ハンドルに問題ありの欠陥車(中古で購入)とのことで、現在思案中。
雪でハンドルが取られて切り株に衝突したとばかり思っていましたが、ハンドルが取られるという欠陥のためらしいです。
そういえば、まっすぐに運転していたのにハンドルが180度回転していた・・??


180124_1636~01 180125_2241~01
みんなストーブ前から離れません。

180124_1634~01 180124_1636~03
ラッキーはダンの上でくつろいで・・

    猫こたつ
    他の子たちもこたつから出ません。

180122_0117~03 180122_0115~01
私の姿を見かけるとすぐに寄って来てこの通り・・
お乳を吸っているつもりでフミフミ・・


180125_2221~01
ゴロゴロ・・フミフミ・・チュパチュパ・・

180112_2019~01 180112_2017~01
この子に癒されたい方は是非ご連絡を下さい。

      ネコたち
          みんな風邪ひかないようにね!



スポンサーサイト
大寒波到来!!
雪景色

くれぐれもお気をつけて・・


★ 一週間ぶりの更新です。
昨年末にカムリで林道を運転中に郵便局の配達員と接触し、右前のライトが大破。現在は雪に埋もれて、修理は雪融けしてレッカー車が入って来られるようになってから・・。一週間前はジムニーで林道を運転中、ハンドルを取られて大木の切り株に激突・・公道を走れない状態に・・。
ここしばらく心が折れていましたが、明日代車が来るので元気を出して、今日は更新するぞー!! 



■メリーのその後
先週、500CCの腹水を抜いたばかりでしたが、一週間ですぐに元通りのパンパンのお腹でなってしまいました。車が運伝できないので代車が来るまで悶々としていましたが、昨日ルークママが病院への送迎をして下さり、腹水を抜くことができました。
本当に助かりました。ありがとうございます。

180122_2359~01 180122_2358~01
今回は700CCの腹水でした。約7キロの水をお腹に蓄え、本当に辛そうでした。帰宅してからは身体が軽くなったのであちこちウロウロと・・

180122_2057~02
ルークママからの支援物資。ありがとうございます。


180122_2334~01
メリーの命が危ない時のために・・と、かんじきを買いました。代車を林道入り口に置いて、メリーをソリに載せて、かんじきで一時間かけて車までたどり着く・・
そうならないことを祈ります。

         猫スキー
          「運動神経悪いからスキーは無理・・」



■脱毛ミケちゃんのその後
無事に危機を脱したのでキキと命名しました。
(いい加減?)


180122_2355~01 180122_2356~02
目は完治しませんが、あまりにも長い間カラーをしているので、外しました。目を掻けば再びカラーですが、今のところ腫れる様子もないです。

180122_2356~01 180122_0226~01
背中の脱毛も今では場所がわからないほどになりました。
         フィギア
          
180122_0225~02 180122_0223~01
グルーミング(毛づくろい)は清潔保持のためにも大切な行為。カラーを外されてグルーミングに一生懸命です。

180122_0224~02
今まで他の猫が嫌で、一緒に寝るなんてしなかったオヨネですが、今ではあまり気にならなくなりました。
         ペット
        「オヨネも丸くなったなー」



■オヨネさん情報
以前より痩せてきましたが、退院サポートやad缶、鶏肉をガツガツ食べ、日々おっとりと過ごしています。
皆様からのご支援、本当にありがとうございます。

180123_1819~02 180114_1417~01
オヨネさん、毎日のガーゼ交換にも慣れて、おとなしく協力してくれています。出血は日に日に多くなってきていますが、痛みのないのが救いです。
 
     かまくら
       

■チーちゃんも脱毛始まりました。

180122_2007~01 180122_2033~02
他の猫との接触のないチーちゃん。なぜにチーちゃんまで細菌性の脱毛に??
頭から首、背にかけて所々がキキちゃんやモモちゃんと同じ脱毛症状です。


180122_2010~01 180122_2032~01
皮脂の塊が大きなフケに。
お湯で濡らしたタオルで綺麗に皮脂の塊を取ってやると脱毛は広がりません。


180122_2008~01
頭には円形脱毛。チーちゃんストレス?
私も東松島に居た頃は年に2個は出来ていましたので他人事とは思えない・・


★ 私なりにこの細菌性脱毛の原因を考えてみました。実はクーゴもチーちゃんと同じような大きなフケが出ています。まだ脱毛は見られませんが、いずれ脱毛が始まるかもしれません。
キキちゃん、亡くなったモモちゃん、チーちゃんとクーゴ。これらの猫に共通しているのが、「グルーミングをしない」と「栄養の吸収が極めて悪い」という二点です。グルーミングは皮脂の汚れを自分で掃除し、清潔保持をする上で大切なものです。それをしないということは、溜まった皮脂の汚れから細菌が発生し、毛根に炎症を与え、脱毛に至る。栄養状態が良ければ細菌の繁殖も防げるかもしれないし、育毛も早いはず。
 キキちゃんはカラーを付けた保護当時は鼻器官炎とカリシを患っていて、栄養状態が悪く痩せていました。自主的に食べることもできなかったので強制給餌が長いこと続き、かろうじて命を繋いでいた状態。加えて長いことカラーをしていたので当然グルーミングは出来ない。
 モモちゃんは保護当時から栄養の吸収が悪く、体重が増えることはなかったです。脱毛した皮膚の状態から、一年間サロンに居ましたが、いかに栄養が身体に行き届いていないかわかりました。内蔵にできる腫瘍が栄養を吸い取ってしまっていたのです。
 チーちゃんは推定16~18歳。去年チーちゃんを預かる際に年齢を尋ねたところ、飼い主さんもよくわからず、「おそらく15歳以上だと思います」とのこと。毛の状態からもかなりの高齢だと推測しますが、サロンに来てからはほとんど食べず、嘔吐もみられ、強制給餌も受け入れず、触られるのを極度に嫌がりました。明らかに環境の変化による急性ストレス症でした。今でこそ缶詰を食べるようになりましたが、毛の状態から栄養吸収が悪いのは明らかです。そしてグルーミングは一切しません。
 クーゴはエイズ発症から食が細く、栄養吸収も悪く、クルーミングをしたのを見たことはないです。グルーミングは健康のバロメーターでもあり、病気で具合が悪い場合はしません。ですので長いこと病気だったのが、「ある日グルーミングを始めた! 」という場合は、回復の兆しが見えて危機を脱した、ということになります。
一般的に老猫は次第にグルーミングをしなくなります。ですので、ブラッシングやタオルで身体を拭く、などのサポートが必要です。
老猫がいる場合はフケが出始まったら要注意。そしてグルーミングの有無を把握しておくことも心がけて下さい。




       雪かき
       「明日は雪かきに追われるわー」


★ ちゃまめさん、西田さん、ルークママさん、食料の差し入れありがとうございました。
    猫餅
     お餅は備蓄に最適ですね。





  ミケちゃん、虹の国へ

      虹
     

■昨晩、吐血して逝きました。
昨日も病院で点滴をして来ましたが、容態が急変して吐血し、12時過ぎに残念ながら虹の国へ・・
180113_1725~01 171229_1829~01
感染症の検査はマイナスでしたので、急性の胃炎又は胃潰瘍ではないかと思います。
サロンには多くの猫がいて、ミケちゃんは居心地が悪かったのでしょう。


171229_1807~01 171229_1807~03
 
ミケちゃんはワクチン接種後2週間は保護宅におりました。ミケちゃんがサロンに来て間もなく、面倒をみていた方(おそらくおばあちゃん?)から連絡があり、猫アレルギーの家族がいるため飼うことができず、それでも心配で面会できないか・・ということでした。雪の事情で面会を先に延ばしてもらっていましたが、本日10時に電話がありました。私もミケちゃんの死亡を伝えなければ・・と思っていたところでしたが、「実はミケちゃんが昨晩亡くなったのではないかと思っていました」とのこと。理由を聞きましたら、いつもラジオをかけて寝ているのですが、前の日に充電したばかりのラジオが昨晩は三回ほど音量が低くなり、触ると普通になるのですが、それが三回繰り返されたので、なぜか胸騒ぎがしてもしかしてミケちゃんが亡くなったのでは・・と感じたそうです。
 そのように感じたのも、実はミケちゃんをサロンに預けた二日目の夜、家の中でミケちゃんの鳴き声がしたそうです。
 身体がサロンにいるのに魂が戻る・・このような話はこれで二回目です。ミケちゃんは最初に可愛がってくれたおばあさんを慕って、そして「ずっとあのお家にいたかった・・」という気持ちだったのです。
仔猫でも本当の愛情がわかり、おばあさんと赤い糸で結ばれていたのかもしれません。


      猫天使
     「短い間でしたが、おばあちゃん、ありがとう」

  ★ 外猫として面倒を見ることもできます。
家族に猫アレルギーの人がいても避妊手術をし、外猫として飼うことができます。家族の理解も必要でしょうが、選択肢の一つとして是非ご検討下さい。猫が多くいるサロンは居心地が良いはずがありません。猫の個々の性格にもよりますが、野良だと特にストレスが強いようです。ご近所に気難しい方がいる場合は、前もって事情を説明し、「ご迷惑をおかけするかも知れませんが保健所にやると殺処分されるので何とか生かしてやりたいと思うのです」と情に訴えることで険悪になることを避けることもできます。私も東松島にいた時はこの手で何とか近所トラブルを避けました。
(それでも隣の奥さんは猫が庭に入ると騒いでいましたが・・)


      祈り
      「ミケちゃん、安らかに・・」


■里親募集にご協力下さい。
母猫が交通事故で亡くなり、仔猫だけが残され、保護している方からの依頼です。保護宅にはすでに9頭の猫がおり、これ以上は増やすことができないとのことです。
是非ご協力をお願い致します。


里親
生後5ヶ月。白黒の男の子のみ募集です。
エイズ・白血病検査はマイナス。
ワクチン2回済み。駆虫・去勢手術済み。

猫スキー

IMG_20180106_235849.jpg
多頭生活にも大丈夫で、とても人なつこい元気いっぱいの子です。

里親2
 
 ご希望の方は、一旦命のリレーに連絡を頂き、後に直接やり取りをして頂きます。
   080-3018-5209 まで連絡お願い致します。


        スケート
      「オレと同じ八割れのイケメンだぜ!」




      -11℃・・
       さむっ
    ついにヒーターに点火


 ★ご近所の木山さんからの最低気温の情報、-11℃を記録。
寄付して頂いたファンヒーターと薪ストーズで快適に過ごしています。



180112_1556~01 180112_1555~01
五十嵐さんに寄付して頂いたヒーターで猫部屋も暖かです。おしっこの臭いもなく、ありがたや・・
吹き出し口はネットから離れているのでおしっこも届かない 


180113_0943~02 180113_0946~01
わずかな時間の日光浴を満喫。
新入りあかりちゃんも馴染んでいます。


      スキー2


■サビちゃんの育ての親、遠藤さんの尽力で里親決定!

当時、まだ2ヶ月にならないサヒ゛ちゃんを預かって育てて下さった遠藤さんの知人が新しい飼い主さんです。
新しいお家でのサビちゃんの様子の画像が届きました。


xv@.jpg
遠藤さん、育児が上手でサビちゃんもソラ君も人見知りしない良い子になりました。
何から何までお世話頂き、ありがとうございます。


サビ
とにかく甘えん坊のサビちゃんでした。
母猫はまだサロンにいます。   


ロミオ
こちらは一時預かりをして下さって、そのまま家族に迎えて下さったロミオ(右)とチョビ(左)。共にチョビひげ模様が個性的。


      かまくら


■木山さんと只野さんがいらっしゃいました。
不動産会社に倒木を移動してもらい、通行できるようになりました。


180113_1324~01 180113_1324~02
ソラ君の点眼とオヨネさんのガーゼ交換を手伝って頂きました。

180113_1318~01 180113_1319~01
珍しくチャチャが木山さんを接待。

180113_1318~03
春ちゃん、猫じゃらしを一人占め。 
        
 ライン

180113_1317~01
木山さん、パンのクッションをありがとうございます。
床ずれ対策としてフット専用に使わせて頂きます。
(サイズがケージにピッタリです)



180113_1317~03 180114_1244~01
只野さんから猫クッション、木山さんからモモ肉クッション。
只野さん、支援物資をありがとうございました。


180114_1246~02 180114_1246~03
オヨネさんもチャチャもお気に入り。
オヨネさんの出血はガーゼで抑えていないとボタボタ落ちるほどになってしまいました。


     猿餅
      オヨネさん、食欲はあります。


■ルークちゃんより新年のご挨拶
ルーク
      
   犬かき   
    「猫はこんな事できないだろーな」



■猫砂をありかどうございます。
片岡さんから猫砂2ケースが届きました。

180114_1245~01
 紙砂は湿気が多いと固まってしまうこともあるので、この木製砂とブレンドするといつまでもサラサラです。
          
         雪かき2
         「私だってできるわよ」



■メリーとミケちゃん、病院へ。
数日前からメリーのお腹が膨らんで・・腹水でした。
180113_1716~01 180113_1655~01
500ccも取れました。これから溜まったら随時抜きます。

180114_1416~02
帰宅後、放心状態でした。


メリー
山中さんが撮った腹水が溜まる前のメリー。
後ろのダン君が寝起きのようで、モップのようになっている・・


180113_1724~01 180113_1725~01
ミケちゃんの嘔吐が続き、摂食なし。検便の結果、寄生虫のコクシジュウムがいました。
脱水、嘔吐、下痢、高熱と、仔猫には命取りになる場合もあります。

       病院2
        病院には早めに行きましょう!


★ たまごんさん、初コメントありがとうございます。
 愛猫を亡くされたとのこと、ご冥福をお祈り申し上げます。
 みちのく霊園さんを介してのご縁に感謝致します。
 今は特に不足しているものはないので、使用しなくなったものを譲って頂けるのでしたらありがたいです。
 ブログ画面の左側にプロフィール欄があり、そこに住所等が記載されていますが、スマホだと画面から外れてしまっているらしいですが、スマホの画面をどこまでも下げていくと縮小サイズにして全体が見れるようです。
 住所は2015年と変わりないですが、念のため記載しますのでよろしくお願い致します。

   981-3225 仙台市泉区福岡字西石18-14
             命のリレー・猫サロン 
           電話) 080-3018-5209

  
 うさぎ

★SUZUさん、初コメントありがとうございます。
 キング君のファンとのことで、嬉しいです。
七ヶ浜で他の猫からいじめられて怪我が絶えず、キング君のことが気になって眠れなくなった優しいお父さんのおかげで幸せを掴んだ子です。これからもキング君との面会を楽しんで下さいね。

        キング
     「わしがキングじゃが・・?」


        猫サロンは雪の中
       雪景色

■ついに雪の重みで倒木
歯医者の予約のため外出するも、倒木で通行不可。
電線が切れなくて良かったです。


180111_1050~01 
このまま林道をバックで戻り、途中伐採箇所で方向転換。
昨日はこの場所で対向車に道を譲ろうとしてバックしたら側溝に脱輪・・通りかかった車に牽引してもらって脱出できました。


180111_1634~03 180111_1634~02
車が雪に埋もれているのが見えますか?
畑のミニ温室はどこにあるやら・・


180111_1636~02 180111_1635~02
サロンの前の道路。これでも除雪したのですが・・

★ 四輪駆動でも場所によってはかなりハンドルが取られて危険です。
一昨日はハンドルが雪に取られて、2度崖から落ちそうになりました。
ですので、サロンにいらっしゃる方は必ず事前に連絡をして下さい。
             080-3018-5209


       スキー
         スキーには最高の雪ですね。


■支援品をありがとうございます。

180112_0009~01 180112_0010~01
長命ケ丘の馬場さんよりモグニャン、退院サポート、ad缶、ちゅーる、仔猫用ウェットなど支援して頂きました。
ずっとお腹をくっつけた姿勢のせいか、フットがロイヤルカナンだと嘔吐してしまうので、モグニャンに切り換えていましたので使わせて頂きたいと思います。


171230_0454~01 171230_0453~01
昨年の夏に馬場さんより保護依頼のあった黒のメス。
人馴れしていませんが大人しい子です。
黒ちゃんはフードは何でも大丈夫です。


171230_0452~01
これまで結膜炎で目がぐちょぐちょだったので、少し綺麗になってから一緒にご紹介したいと思い、支援品の掲載が遅れてしまいました。
ありがとうございました。


        雪だるま
         これからシリンジ給餌の子が増えてきますので助かります。 


180110_0223~02 180110_0224~01
山中さんご夫妻が看板の所まで来て、断念・・。
猫砂を持って来て下さいました。
       
      雪男
        「寒い中をありがとうございました。」



■オヨネさん、ついに腫瘍が破けました。
180111_2351~01 180111_2349~01
破け始めたので出血もそれほどではありませんが、いずれ膿や出血で大変なことになるでしょう。

180111_2347~01 180111_2348~01
片岡さんから頂いていたガーゼやネット包帯が助かりました。

180112_0001~01 
止血剤もこれから必需品になりますので助かります。


      猫こたつ
     「オヨネさん、暖かく過ごして下さい。」


    良き年でありますように
     馬福神

     

■ミケちゃん、受診しました。
嘔吐もあり、二日前から摂食しなくなったので受診しました。


180109_1732~02
ロビーでは「出して」アピール。

180109_1726~01 180109_1720~01
検便は何ともいえない表情で・・
感染症はマイナス。口内炎ができていて、そのための摂食不良でした。


         餅つき
           「せっかくのお正月なのに・・」



■タヌ君の妹あかりちゃんが仲間入り
サロンに来る前、タヌ君は妹のあかりちゃんを野良猫から守っていたとのこと。久しぶりの再会にタヌ君はスキップして喜んでいました。

180107_1212~03 180109_1035~01
デッキに住み着いたタヌ君につられて現れたあかりちゃん。
クリスマスの時期に最初にデッキに姿を見せ、保護者のNさんは「最高のクリスマスプレゼントになりました」と喜んでいました。

    猫餅

180107_1044~02 180103_1217~01
プルトも新たな女性の出現に   
タヌ君と仲良く食事タイム。これからはいつも一緒にいられるね。

    涙猫
    「ようやく再会できたね・・」(タヌ)


180108_2004~01 180104_1423~01
保護者のちゃまめさんとNさんがリリースした2頭にいつも鶏肉の差し入れに来て下さいます。
Nさんから消耗品をどっさり・・ちゃまめさんからの美味しいパンの差し入れありがとうございます。


180110_1212~01
ちゃまめさん、ファンヒーターも予備にと寄付して下さいました。
(必要に応じてサロンでも使わせて頂きたいと思います。)

        感謝


■里親さん便り
  アクア
    アクアちゃんから新年のご挨拶でーす。


■ゆのままさんから新年のまったり画像が届きました。
DSC_0373.jpg
「どの写真がいいかな・・」
「パパのお腹がソファ代わりになっているこの写真がいい!!」


DSC_0337.jpg
年末にゆのままさんがご実家に帰省していた時、ゆのちゃんはパパと二人きり・・
片時もパパから離れなかったとのことです。 


        おなら猫
         「ママがいないとご飯は芋ばっか・・」



■変な癖ついてしまってすみません

180106_1700~03 180106_1700~01
茶白君、抱っこするとすぐにセーターを吸い始めます。
180106_1700~02
「離すもんか・・」


       雪村
   積雪は膝が埋まるほど・・
               除雪がテキトウでハンドルがコントロール不可 


★ 終生飼育の有料化について
 皆さんからのコメントをありがとうございます。賛否両論があるかと思いますが、これだけの猫を抱えて仕事をすることもできず、運営を続けていくには保護依頼をする方にもご協力を頂きたいと思います。高齢者だから無料というのではなく、高齢者でも経済的に問題がなければ餌代、砂代、医療費をご負担頂くのは飼い主として当然のことだと思います。
 これまで12年間無料で引き受けて来ましたが、蓄えにも限界があり、50頭を越える猫を飼育していくには運営資金を確保していかなければなりません。寄付金を頼りにして運営するのはとても危険なことです。寄付金は善意であり、当然運営予算に組み込むものではありません。
また、私から寄付を依頼すべきものでもなく、寄付金を当てにしなくても運営できる体制にしていくのが今後の課題であり、目標です。(私から依頼しなくても昨年度、個人様から30万円以上もの寄付金を頂戴したことは本当に感謝すべきことです)
 いろんな形でサロンに協力して下さる方々の善意でこのサロンは成り立っていますが、一刻も早く経済的に安定した運営形態にすることが皆さんからの善意に報いることと思っております。


   猫かふぇ
     「コーヒーはサービスしてね」


   お別れとお礼を伝えたい・・
       天使の祈り
   保護者さんに会いに行ったモモちゃん

黒猫ライン(短)

昨日モモちゃんが亡くなったことを保護された東松島のEさんに伝えました。私が亡くなったことに気がついたのは午前0時15分頃。Eさんは0時半頃、カサカサという音で目が覚めたそうです。そして同時に愛犬が吠え始めた・・
「きっとあの時モモちゃんが来ていたのね・・」と声を詰まらせていました。私もそう思います。


161009_1426~01 161008_2325~02
モモちゃんの病名は「猫好酸性球菌肉腫瘍」。身体全体と内臓に腫瘍ができ、痛みを伴う辛い状態です。
サロンに来たのは2016年10月8日。この身体を交尾のためかオスが引きずって行くその様子に心を痛めたEさんの依頼でした。


161007_1637~02 161007_1638~01
Eさんは東松島から面会にいらっしゃって、ケアを手伝い、医療費も負担して下さいました。
保護時点で命はそう長くはないと告げられていましたが、1年間以上頑張りました。

★と猫

黒猫肉球(短)


161020_1456~01 161020_1438~01
私には威嚇していましたが、Eさんが呼びかけると応えていました。
餌をもらっていたEさんを覚えていたのですね。


161016_1423~02 161016_1423~01
外に出ると急に生き生きとした表情に・・
写真は保護当時のものです。


ハートライン
猫や犬は人間の感情を察知します。
       言葉でのごまかしは利かないのです。

      
        ラブ
  
    愛情が本物か、そうでないかを見抜くのです。
     モモちゃんもその感性が鋭い子でした。
 愛情を注いでもらったEさんに「ありがとう・・」


★と猫

ペットが亡くなった後もその気配を感じる、ということはあります。実際、そのような話はたくさん聞きましたし、私も体験者です。
以前、ある方が電話して来て「ペットが亡くなって母がおかしくなった・・」と言うので詳しく聞くと、「亡くなった猫が来ているというのです」と。「それはおかしくなったのでなく、本当のことですよ」と言う私に対して、「この人何を言っているの?」という不審な気持ちでいるのが痛いほど伝わって来ました。
人間も動物も亡くなったらそれで終わり・・ではないのです。オープンマインド・・見えるものだけが真実と捉われていると、真実が見えなくなる。



         月と猫
        どこからでも見守っているのよ・・    


          おめでとう
 皆様のご多幸をお祈り申し上げます



■山形からユキちゃんの里親の五十嵐さんと奥様が見えました。
ファンヒーターと人間用フードを持参して下さいました。 

180102_1126~01 180102_1125~01
雪降ろしをして下さいました。
ほぼ新品のファンヒーターもありがとうございます。


180102_1155~01 180103_2017~01
ファスナーでトンネルになっている暖かグッズ。
人間も猫も使えますが、一つはブログ更新時に使わせて頂きたいと思います。


180102_1709~01 180102_1608~02

180102_1709~02 
 杵つき餅と芋煮を持って来て下さいました。
とても美味しかった・・ご馳走様でした。

   餅つき
    「ニャンコのためならエーンヤコーラ!

180102_1610~04 180102_1610~03
奥様には猫部屋を綺麗に掃除して頂きました。
ありがとうございます。


180102_1925~02 180102_1925~01
モモちゃんを抱っこしてもらって顔と全身のケアを・・助かりました。

180102_1938~02 180102_1938~01
全身をタオルで拭き、薬を塗って寄付して頂いた洋服を着て・・モモちゃん、体力低下が顕著です。
     猫餅
    「モモちゃん、お餅食べて元気出して」

180102_1927~02 180102_1927~01
モモちゃんに退院サポートを食べさせているとソラ君が食べたがるのでおすそ分け。

     猿餅
       「耐震の話など参考になりました。今後ともよろしくお願いします」



■モモちゃん、ブログ更新中に旅立ちました。
        天使

180103_2150~01 180103_2130~02
昨日は退院サポートを食べたのですが、今日は飲み込むことも出来なくなり、ヒーターを使っていますが、残念ながら低体温になってきていました。夜の11時頃に抱っこし、安からに天国へ行くように伝えたら、微かに返事をしていました。写真は最後に抱っこしてケージに戻した時のもの。この時はまだ息をしていましたが、この後息を引き取りました。
皆様から支援して頂いた美味しいフードを食べ、オス猫から追いかけられる恐怖もなく、安らかに逝ったと思います。
皆様の暖かいご支援、本当にありがとうございました。

       祈り
          「モモちゃん、頑張ったね・・」


■まだお乳が恋しい?
フミフミ・・茶白君、セーターをお乳と思っているようで・・。
180103_0012~01 180103_0011~01
活発ですが、甘えん坊のいい子です。

180103_0020~03 180103_0020~02

   招き猫
    幸運が訪れますように・・


       2018年

謹賀新年犬たち


昨年は皆様から多くのご支援とご協力を頂きまして厚く御礼申し上げます。
今年もよろしくお願い致します。



★ 昨年は多くの新しいご縁ができた年でした。皆様とのご縁に感謝し、励みとして今後とも頑張っていきます。
 泉ケ岳で猫サロンをオープンして2年が経ち、現在は今後の運営形態を見直す時期に来ているのではないかと感じております。
できるだけ保護依頼に応えたいという気持ちがあっても、ボランティアで運営することに資金的な限界もあります。より長く保護活動を続けるためにも期間限定で預かる場合、終生預かる場合は運営協力金として有料化することを検討しております。


■2017年 活動報告
① 前期(1月~6月) 保護64・譲渡38
     
② 後期(7月~12月) 保護55・譲渡24

2017年度合計 保護119頭 ・ 譲渡62頭
参)2016年度合計  保護62頭・譲渡31頭

   2018年1月1日現在 保護53頭


       戌と羽子板
           「フットワークを軽く! 体力が勝負!」


■2017年 収支決算報告
[収入の部]
① 前期(1月~6月)  収入計 524,500円
内訳) ・フェリシモ動物基金 100,000円
     ・ピースウィンズ・ジャパン 300,000円
     ・個人寄付金計 120.000円
     ・物販売上 4,500円

② 後期(7月~12月)  収入計 289,000円
内訳)  ・個人寄付金計 275,000円
     ・物販売上 14,000円


収入合計 813,500円(昨年 498.000円)


★ 個人様からの寄付金は合計395,000円と多額のご支援を頂戴しまして厚く御礼申し上げます。
  保護猫を預かったご縁、ブログを見てのご縁、里親になったご縁と猫たちが赤い糸で結んでくれた縁に感謝し、今後の励みとして頑張ることができます。
 定期的に口座にお振込み下さっている方々、また、支援物資を送って下さった方々、病院関係者並びに仙台総合ペット専門学校の皆様、そしてサロンから猫を迎えて下さった優しい飼い主の皆様方にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

       
戌
       「不器用ですが、努力あるのみ・・」


[支出の部]
① 前期(1月~6月)  1,196,135円
内訳) ・餌代 216,745円
     ・医療費 268,730円 
     ・砂代  30,660円
     ・環境整備 680,000円

② 後期(7月~12月)   621,803円
内訳)  ・餌代 89,196円
     ・医療費 409,194円
     ・砂代 3,450円
     ・環境整備 119,963円

支出合計 1,817,938円(昨年 3.218,532円)


 環境整備の内訳は、サロン内の二重サッシの設置、猫部屋兼用物置の設置、カーペット代など。

★ 二重サッシにしたおかげで室温が例年と比較して5度アップになりました。人間にとっても猫にとっても快適な環境を整えることが持続させる上で必要不可欠ですね。
(ストーブを焚いても15度程度であった室温が、今では理想的な20度を保つことができています。)
今後環境整備費用としては大きな工事は特に予定していないので、今年は経費を抑えることができそうです。
猫部屋兼用物置は災害時の猫の保護スペース(収容10頭)、隔離部屋として活用を考えております。
家賃、光熱費、火災保険などをの維持管理費を加算すると支出総額は更に膨らみますので、やはり飼い主がいる場合の預かり有料化は必須と考えます。


     戌ヨロイ
     「ケースbyケースだが・・」  


★ 終生飼育の有料化は、猫の世話が大変になったからという飼い主の責任放棄を抑止するためにも必要かと思います。実際、そのような保護依頼もありました。餌をやり続けられる状況であるのに高齢を理由に猫を引き取ってもらいたい(当然猫も高齢です)という希薄な動機に応えるほど資金的に余裕はありません。(有料であることを告げると保護依頼を取り下げました)
ですので、今後終生飼育の依頼を考えている方は当方の方針をご理解頂いた上で依頼をご検討下さい。
(但し、自己破産、生活保護世帯の場合は料金設定を考慮)


■お願い
中古で良いので余っているファンヒーターがありましたら1台寄付をお願い致します。
猫部屋のヒーターはおしっこをひっかけられて錆つき、温風吹き出し口は破壊されてしまいました。
防御のワイヤーネットを設置するも時すでに遅し・・電源入れる度におしっこの臭い付き温風が充満しております。

  
バトンタッチ
更新は途中・・6:30・・寝ます

更新開始・・


■第一猫部屋から「あけましておめでとう!」
180101_1854~01 180101_1855~01
度々おしっこをひっかけられているヒーター。
破棄せずに非常時用として保管しておきます。


180101_1856~03 180101_1855~02
相性の良いもの同志が自然とくっつきます。
    
 門松
      「今年もよろしくお願いします」   

180101_1856~04 180101_1858~01
左のメスは超ーお勧めです。右のオスは抱っこが苦手ですが、居るだけでゴージャス感があります。

180101_1908~02 180101_1907~03
ブラックとクロ・・ほとんど見分けがつかないですが、微妙に顔が違っています。

        こづち
        「猫は福を呼ぶんだよ」
180101_1907~01 180101_1907~04
すっかり元気になったチロちゃんですが、ボスとしての今までの威厳は衰えたような気がします。

180101_1907~02 180101_1908~01
美猫だけど、決まらない・・

180101_1856~02
七ヶ月位の個性的な顔のオス。
他の子たちはコタツの中から出て来ません。

        

★ ヒーターの記事を見て、早速に山形の五十嵐さんが寄付を申し出て下さいました。明日いらっしゃるとのことで、早い展開に感謝!!

        兄弟
 4WDなら林道に入れますが、速度は20キロ以上出すと融けた雪にハンドルが取られますので気をつけていらっしゃって下さい。