FC2ブログ
    泉ケ岳は紅葉シーズン
     紅葉
      サロン周辺も色づき始めました 

  
■ロイヤルカナンの勉強会の会場が決定
◎ 日時⇒11月18日(土曜日)
    10:30受付 ・ 11:00開講 ・ 14:00終了
       (昼食は主催者より提供)

◎ 会場⇒仙台駅西口  ヒューモスファイブ 6F
           (ロフトの隣のビル)


◎ 講義内容
   「猫の保護における感染症予防と栄養学」


    医師
    命のリレーからは現在5名が参加予定です。
   参加希望者はご連絡下さい。

   連絡先) 080-3018-5209


   ウィルス
     「オレらを予防しようーてかぁー?」


■ 感染症予防対策は必須です。

高齢のちーちゃん、鼻器官炎とカリシウィルスで摂食不良でしたが、受診したその夜には食べ始めました。

171030_1802~02 171030_1802~01
高齢猫と仔猫の多い当サロンでは感染症予防は大きな課題。隔離部屋がないので1頭のくしゃみがあっという間に広がってしまうのが欠点。
早めの受診で何とか乗り切っています。


     手洗い
      手洗いも大切な予防策。

171025_0205~02
 猫同士の舐め合いも感染の原因になるので気をつけなければなりませんね。


■朗報!
以前、虐待現場から迎えた親子ですが、母猫だけが残っていましたが、保護された方が引き取りました。もちろん、家の中での飼育ですので大丈夫です。虐待の件をよく伺ったら、その人物は猫が敷地に入らないようにネットをしているのだけれど、それでも入った猫に対してその行為を行っているとのことで、猫と見ると虐待しているのではないとのことでした。いずれにしても、その方法からして危険人物であることには変わりないです。現在は虐待を心配するような猫はいないとのことです。

   171011_0231~01
    とても猫を大切にしているお宅に引き取られましたので本当に良かったです。

       布袋
     「猫サロンは居心地が悪いからなぁー」


       みの虫
      「暖かいお家が一番!」




スポンサーサイト
   4ヶ月から5ヶ月の軍団・・
     飛ぶ猫
      サロン内は運動会状態です。


■白猫ちゃんのご紹介
 白のメスの仔猫の問い合わせがありました。現在居るのは4ヶ月から5ヶ月のオスですが、ご検討をよろしくお願いします。(電話ではメスと申しましたが、確認したらオスでした)

171029_1655~04 171029_1655~03
活発で元気な子です。ワクチン1回済み。

171029_1655~01 171029_1654~01
この子を希望される時は再度ご連絡をお願いします。
171029_1655~02
頭の上にうっすらとグレーがあり、その他は白です。

★こちらの子たちも里親募集中です。
171029_1446~01 171029_1446~02
オスのモーモー・ワクチン2回済み。

171029_1448~01 171029_1449~01
活発なオス・ワクチン1回済み。

171029_1445~01 171029_1445~02
甘えん坊のメス・ワクチン1回済み。

 
171029_1443~01
クッキー・ワクチン1回済み。

     お知らせ猫
     「クッキーに決定したよー」


■清ちゃん、膀胱に結石がありました。
171027_1817~01 171027_1821~01
保護した方の名前から一文字を取って、清ちゃんと命名。食欲不振のため受診した結果、エコー検査で膀胱内に砂状の結石があり、膀胱炎を患っていました。長期に抗生物質が効くタイプのコンベニア注射をし、結石が排尿時に落ちて来るように水分を多めに摂らせる必要があります。シリンジで水を飲ませています。
171029_2120~01
 上部、白い細かい粒状のものが結石です。
検便、血液検査、エイズ・白血病検査は異常なしです。

  
 おばあちゃんと猫
   おっとりしていますがまだ若いとのこと。    
      ご年配の方に向いているかな・・



■山中さんご夫妻に手伝って頂きました。
週末にサロンにいらっしゃるのが定番になりつつある山中さんご夫妻。毎回猫部屋の掃除をして頂いておりますが、今日はワイドタイプのシートをカットしてもらい、奥さんには猫の写真撮りのお手伝いをして頂きました。
いつもありがとうございます。


171029_1541~01 171029_1540~03
「猫ちゃん、動かないでねー」

171029_1540~02 171029_1445~02
「この子は猫カフェなら看板猫になるよ」
さすが、ご主人・・。実は1日に猫カフェ「音音猫」さんがいらっしゃるので、この子をお勧めしようかと考えていました。
私も看板猫になると確信していたのです。


      猫枕
     「オレも猫カフェに行きてー」


■タヌ君、個室をゲット!

171028_1145~02 171028_1145~01
本格的な寒さに備えて犬小屋をタヌ君専用にしました。

171028_1146~01
 写真を撮った後、デッキでひなたぼっこ。
いつも庭先かデッキで遊んでいます。


     猫ベッド
      「フカフカのベッドも用意してくれよ」(タヌ)

  ありがとう
   タヌ君の保護者さん、いつも差し入れをありがとうございます


■里親さん便り
今年の1月に愛護センターから迎えた茶トラ君。当時は4ヶ月で譲渡になりました。飼い主さんは雪の降る日に加美町から来て下さいました。
名前はちび助君。ご主人帰宅時、車の音がすると玄関での出迎えを欠かさないそうです。


IMG_20170926_083124.jpg
    元気で今まで病気なしとのこと。
     これからもよろしくお願いします。



      黒猫
     「かっこいい帽子だな・・」    




2017.10.27 冬支度完了。
 コタツは早い者勝ち
  コタツ


■猫部屋はコタツ使用

171024_2225~02 171024_2227~02
コタツ版を外した方が下からの熱で暖かです。
中と上とで暖がとれ、空気も温まります。


171024_2233~02
ハチと子夏ちゃん、小梅ちゃん姉妹
おばあちゃんと猫
  「おばぁちゃんの膝も暖かいよ」

171024_2225~03 171024_2233~01
使用済み毛布がありましたら2枚程、よろしくお願いします。 


171024_2230~02 171024_2230~01
「イケメンに撮れよ」         「ふぁ~暇だー」

★ フットもストーブ組と一緒に

171026_2058~01 171026_2130~02
うっかりケージのフックを外したままにしていたら、いつの間にかフットが・・

171026_2057~01 171026_2056~02
他の猫と接する機会がないフットですが、クーゴと一緒のベッドで。
171026_2130~01
ご機嫌のフット。
フットの動いた跡は、尿でナメクジが這ったようになっています。
寒さが厳しくなったらフットにはヒーターを使用します。

   猫とクッション
   「暖かくて気持ちいいー」(フット)

 



■先週からいろいろと支援品を頂戴しましてありがとうございます。
掲載が遅れてしまい申し訳ありませんでした。


        ありがとう1

171024_2225~01 171024_2231~02
東松島で活動している時からの知人が届けて下さいました。

171024_1702~01
オレンジのカウンター椅子3脚。
部屋が明るくなりました。

  
      猫枕
   「カウンターで一杯やりてーなー」


★ 整体師の五日市さんが届けて下さいました。
171025_1626~02 171025_1627~01
フカフカの冬用ベッド3個。
五日市さんの知人が不用になったとのことです。


      猫ベッド
      「ベッドがいいとぐっすり眠れます」


★ 片岡さんがオヨネのために
乳がんの子を看護した時のものです。


171026_1811~01 171026_1817~01
オヨネさんの腫瘍がやぶれた時のために・・

171026_1817~02 171026_1813~01
お乳パットとくっつかないガーゼを腫瘍部分にあて、ガーゼで身体に固定し、更にネット包帯をするとズレないそうです。
ネット包帯やくっつかないガーゼも以前に頂戴しました。
これで用意万端・・いつでもオヨネさんのケアに取り掛かれます。

   ありがとう

★ サロンに来る途中にリンパマッサージなどを行うリラクゼーションサロン「リラクムーン」様より寄付金を頂戴しました。
(片岡さんが施術に行っていて、猫サロンのことを話題にしたら寄付金を預かったとのことです)
 経営者の方も猫を飼っていて、一度サロンにいらっしゃったらしいですが、途中にいのししの子供に遭遇し、驚いて引き返していかれたとのことでした。確かに厳しい冬に備えて今はいのししの親子が毎日餌あさりをしていますので遭遇する機会も多いです。
道中、いのししに遭遇した場合は車を止めて、親と目を合わせないようにして過ぎ去るのを待って下さい。


      イノシシ
    「急いで逃げるのよ!」  


■残念ながら昨日亡くなりました。
171019_1419~01
強制的な給餌も衰弱には追いつかず、皮が剥がれたことも加わって生きるのが本当に辛そうでした。


171024_2118~02 171024_2119~01
この三毛ちゃんが姉妹です。
目はなかなか回復しませんが、強制給餌が順調でかなり体力がついてきました。


thank you
  ご支援頂いたちゅーるがお気に入りで、食べてくれるようになりました。



   黒白バイカラーの「チーちゃん」
       クロシロ
       預かりから里親募集になりました


■飼い主さんの入院で預かっていたチーちゃん
飼い主さんから難病で当分帰宅する見込みがないので新しい飼い主さんを見つけて欲しいと連絡がありました。
年齢は12歳とのことです。


171020_0514~03
チーちゃんを連れて来た時、飼い主さんは介助なしでは歩行できない状態でした。その時から飼い続けるのは無理だと思っていましたが、再びチーちゃんとの生活が励みになることを願い、預かりを続けていました。

171020_0515~01 171020_0514~04
おっとりタイプで甘えん坊のチーちゃんですが、ストレスのせいかシッポが脱毛してしまいました。
早く落ち着ける環境を提供してあげたいと思います。是非ご検討下さい。
飼い主さんはご高齢の方ですので高齢の方でもお申し込み大丈夫です。


   涙猫
    「高齢猫に是非ご慈悲を・・」


■白サバちゃん、大変なことになっていました。

動物病院
摂食不良の原因はカリシウィルスによる口内炎と判明しましたので、治療を継続していけば回復の見込みはあるのですが、昨日病院で脇腹の皮が剥がれているのが確認されました。衰弱しているので全身麻酔をかけることは出来ず、応急処置として接着剤で皮が落ちないようにしました。
どうしてこのようなことになったのか・・

171020_1203~01 171020_1203~02
高カロリーのミルクは飲んでくれました。
食べられない時はこれがお勧めです。


171021_2015~01 171021_2015~02
初めて水を自主的に飲みました。
まずは体力をつけなければ治療ができません。


171021_2016~01
片岡さんが作ってくれた洋服を着て皮がズレないように・・。

171021_2302~01 171021_2303~01

171021_2303~02
ルナちゃん、最初は威嚇してパンチを出していましたが、「病気なんだから優しくして頂戴!」と叱ったら、舐めてあげました。
きちんと理解しているのですね。


171020_2148~01 171020_2146~01
春ちゃん、あまりにもしつこく舐めるのでチビちゃん怒っていました。
これ以降、春ちゃんとの接触は様子を見ながら行っています。


171019_1419~01
チャチャはこの子が弱っていることを知っていたのだと思います。いつもは威嚇して猫を寄せ付けないチャチャの優しい姿です。

     うんち
     下痢も続いて栄養吸収が追いつきません。
          まずは下痢の回復が優先です。


        寄生虫
       「検査の結果、オレたちはいないぞー」


サバちゃん、衰弱が進んでフラついて歩くこともできなく呼吸も荒くなっています。ここ数日が山場だと思います。脇腹だけでなく首の皮も剥がれてガバガバです。こんなにあちこちの皮が剥がれる病気は聞いたことはないし、虐待も考えられます。(保護者は心当たりがないとのことです)
とても綺麗に皮が剥がれていて、すでに時間がたっています。どなたかこんな症状を知っていましたらご一報下さい。

猫夢
  「はやく元気になって魚食べたい・・」



■㈱クラウド様よりバイオ消臭剤の支援
ブログをご覧になって消臭剤を送って下さいました。
頭数が増えたことであちこちでマーキングと排尿が・・。
匂いもきつくなって掃除に明け暮れる日々です。


    どうする
       「いい加減にしてよー」

★ バイオ消臭剤「猫ピタ」「ニオワンちゃん」
      (犬・猫兼用)

171022_2314~01
使用する場合は水で希釈し、1~2時間放置して微生物が活動しだすのを待って使用します。


171020_0513~01
ここにはルナ、マリ、チャチャが排尿。
直接冷蔵庫におしっこをかけているのはチャチャでしょう。


171020_0513~02
トイレの前や脇に排尿するのは誰?? なぜ??
(自分専用のトイレが欲しいのだと思います)


171020_0514~01
浴室への扉にマーキング・・
尿は掃除しにくい溝に溜まっていました。
(これはチャチャです)


171020_0515~03 171020_0515~02
「チャチャ!! しばらく入っていなさい!!」

    グリーン
    「まぁ、猫だから仕方ないのじゃ」



      台風
       「台風に備えなくちゃ!」


 
    ロイヤルカナンの勉強会です
       講師2

       皆さんの参加をお待ちしております


■ロイヤルカナン主催の勉強会の日程が決まりました。

 ◎日時⇒11月18日(土曜日)
       11時から14時頃まで
  ★ 昼食はロイヤルカナンで準備して下さいます。

 ◎会場⇒仙台駅前周辺を予定しているとのことです。
     決定次第お知らせします。


  ★ 参加希望の方は、最終申し込みのご連絡をお願い致します。 

   勉強うさぎ
   参加できない方のために、勉強会の内容はブログにてお知らせします。

ハートライン


■結膜炎はすぐに悪化します。
セブンの咳やくしゃみに気がつかなかったのか、そんな症状がなく結膜炎だけが悪化したのか、セブンのヘルペスウィルスが猛威を振るっています。
お薬
  「お大事に・・」
171019_0029~01 171019_0024~01
猫風邪の典型的症状は咳、鼻づまり、くしゃみ、涙目ですが、涙目はすぐに結膜炎となり、悪化しやすいですので早めの受診をして下さい。
結膜炎は痒みを伴います。掻くとすぐに悪化しますので必ずカラーをして下さい。

    細菌

171019_0025~01 171019_0023~02
セブンは食欲は変わりなく、太る一方。差し当たり抗生物質の服薬と目薬で症状は快方に向かっています。

171016_1718~02 171016_1718~01
このようになると、回復するまでかなり時間を要します。

    布袋
    「わしの力で治してあげたいのだが・・」

水色ライン


■空気清浄機をありがとうございます。
ソラ君の里親、早坂さんから空気清浄機を寄付して頂きました。サロン内には20~25頭おりますので常に毛やホコリが飛び回っている状態。以前より空気清浄機が欲しかったのですが、節約ムードでなかなか購入することができずにおりました。

170917_1357~02 170816_1345~01

171019_2311~01 171019_2310~01
サロンと猫部屋用に2台頂戴したのですが、猫部屋に置いたらさっそくマーキング・・加えて吸い込み口に乗る始末ですぐに撤去。猫たちが触れられないようにワイヤーネットで囲いをしなくてはなりません。それまでは猫部屋には加湿機を兼ねたイオン消臭機を置きました。


     涙猫
       「欲しかったのです・・」


水玉ライン


■いっちゃんパパ、ありがとうございます。
本格的な冬に備えて薪を置く台を作って下さいました。

171011_1437~01 171011_1437~02
コツコツと丸ノコを使って何やら作っていると思いきや・・
171011_1438~01 171020_1649~02
長さを揃えた薪を並べる台でした。感謝!!
  
    神様
      「ありがたいのう・・」


■里親さん便り
山形の鈴木さん一族に迎えられた面々は順調に成長しています。

★ はるかさんのお兄さん宅
1507776278549_20171012114717.jpg

1505622164525_20171012114050_20171012114530.jpg
蘭ちゃん

     猫夢

DSC_2596_20171012113956_20171012114530.jpg
人馴れしていなかったエゴマちゃんでしたが、今では甘えん坊さんになりました。

1507776310312_20171012114645.jpg
みんな仲良し。

1507776176354_20171012114628.jpg
サロンに居た時はオドオドした表情でしたが、安心した顔になりました。

1507776269281_20171012114637.jpg
トラ柄のさくらちゃんも先住猫さんを慕っています。
   雨宿り
   

★はるかさん宅
DSC_2701_20171012115614.jpg
こむぎちゃんは先住猫ショコラさんのオッパイを・・
母親だと思っているのですね。


DSC_2407_20171012114920_20171012115342_20171012115605.jpg
1507776252210_20171012114847_20171012115342_20171012115605.jpg
チョビひげが個性的なこむぎちゃん。
華

DSC_2588_20171012115035_20171012115342_20171012115605.jpg
露ちゃんとこむぎちゃん

DSC_2704_20171012115513_20171012115605.jpg DSC_2689_20171012115501_20171012115605.jpg
兄弟の露ちゃんと蘭ちゃん、見分けがつかないですね。

   
  ラブ
     「みんな元気で厳しい冬を乗り切って下さいね。」



■うっかり・・
ナナちゃんをうっかりケージから出したままにしておいたら・・
171016_2009~01 170804_2349~02
やっぱりやられましたー

171016_2009~02
なぜに、たった1回のトイレ使用がこんなことに・・

   バイキン
   「忙しい時に仕事を増やすのが猫なのだー」



■ストーブ前から離れられない
ストーブを焚いても22度程度。猫部屋はコタツ使用です。
171019_1418~01 171019_1417~01

171019_1418~02 171019_1419~02
チャチャの傍に寄り添っている子はずっと摂食拒否状態。風邪は回復しているし、口内炎もないのに自分から食べようとはしません。点滴と強制給餌で保っていますが、呼吸器系に問題ありそうなので明日検診予定です。母猫がサロンにいるのですが、この子が慕って行っても知らん顔。仕方なく、成猫を見つけては寄り添って行く様子が少々不憫です。保健所行きのところを親子で迎えたのですが、鼻器官炎を患ってから食べようとはしません。仔猫を嫌がるチャチャが珍しく受け入れているのが不思議で画像に残しましたが、何か受け入れる理由がありそうな気がしています。

蝶

   
最後のチビちゃんも決定!
      ハットかぼ

■ブログを見て一目惚れでした。
仔猫が欲しいと以前連絡を受けていましたが、この子を目指していらっしゃいました。
171016_1239~01 171016_1240~02
大人しいチンと友達になって欲しいと。
仔猫を育てた経験があるとのことです。


171015_1446~01 171015_1448~01
いらっしゃる前に春ちゃんと離乳食を一緒に・・というか、横取りされていました。

     カップルうさぎ
        「お家が決まって良かったね」
          

■ゆのちゃんのトイレ事情
ゆのままさんより、ゆのちゃんのトイレ処理が楽になったと連絡がありました。トイレの散らかし、匂いなどトイレ問題を抱えている方には参考になりますよ。


DSC_0072.jpg
  ゆのちゃんでーす。


DSC_0117.jpg
縮小をかけると、この画像だけ圧縮されて画面がペチャンコになってしまいますので、このサイズにて失礼します。
トイレは蓋付き大型タッパーを使用。車で移動の時など、砂がこぼれないのでいいですね。
(横浜からサロンまでの道中、このトイレを使用していました)


DSC_0113.jpg
消臭効果のある砂。混ぜて使用。

DSC_0111.jpg
「にゃんとも清潔トイレ 脱臭・抗菌マット」
システムトイレなどに使用する? 段ボール製のマット。1週間から10日使用可能とのこと。その後は二つ折りにしてポイ!


DSC_0112.jpg
シートだと破壊してしまうので・・トイレ処理が楽になったとのことです。
(詳しいことはきっとコメントで説明して下さるでしょう)

  風邪
    「ゆのちゃん、風邪ひかないようにね」



■春ちゃん、サロンになくてはならない存在です。
仔猫にとって暖かい成猫は精神的にとても重要なのです。
まだまだ母親恋しい仔猫にとって春ちゃんはなくてはならない存在です。


171015_1824~01 171015_1825~01
私には決して出来ないお世話を春ちゃんはしてくれます。
171015_1837~01 171015_1821~03
可愛くって可愛くってしょうがない・・

171015_1820~03 171015_1824~02
新たに仔猫が来ても春ちゃんがいれば頼りになります。

   泣く猫
     「春ちゃんありがとう・・」 (どこかにいる母猫より)


新入りさん・卒業さん・出戻りさん
       
      猫娘
        結果オーライ・・かな?


■泉ケ岳野外キャンプ場で保護

保護
どこからか、か細い猫の泣き声がする・・

保護4
すっかり痩せてしまった猫・・「僕が助けてあげるよ」
民家はないのできっと捨てられたのだろう。


保護2
とにかく、ここから連れ出さないと・・「さぁ、行くぞ!」

保護3
という訳で、サロンにやって来ました。

            若造
   小さな命を無視することができなかった好青年です

★里親募集でーす
171013_2338~02 171013_2336~01
上記のサビのメス・推定5~8歳・とても人なつこく大人しい

171013_2339~01 171013_2338~03
初心者向きの飼いやすい子です。

     青年
      「よろしくお願いします」(好青年より)


■ストレスに弱いセブンでした。
171013_1631~01 171013_1633~03
昨日、セブンがトライヤルされましたが、環境の変化によるストレスで嘔吐が続き、1日でトライヤル終了。セブンは看板猫として活躍してもらうよう期待します。


171014_1516~01 171014_1517~02
セブンの代わりに虐待現場から保護されたチビちゃんが譲渡されました。
171014_1517~01 171014_1516~02
離乳食とミルクの与え方を練習し、今日からは若いママにお世話してもらうことになりました。


    ふくろう
    「子育ての練習じゃのう・・」

171014_1000~01 171014_1000~02
春ママさん、お疲れ様でした


■お富さん、トライアルへ

171014_1458~01 171014_1458~02
生後5ヶ月の子が活発すぎてお母様がギブアップ・・
代わりに穏やかなお富さんがトライアルになりました。
サロンでは猫だらけでお富さんにとってはストレスになっていたので今日からは落ち着いて過ごせるでしょう。


171014_1459~01
仔猫は活発すぎて疲れます。成猫の良さは性格も明確だし、落ち着いていて猫本来の魅力をすぐに味わえることですね。

   猫かぼちゃ
     「お富さん、良かったね」

★里親募集でーす
171015_0214~02 171015_0214~01
出戻って来た子です。キジ白の長毛でワクチン済み。



■通院続きの日々
皆様からの支援金は医療費に使わせて頂いております。ありがとうございます。

171013_1847~02 171013_1851~02
カリシウィルスとヘルペスウィルスのダブルで強制給餌が続いているミケちゃん。

171013_1908~01 171013_1908~02
虐待現場から保護されたクロちゃんは肺炎のため厳しい状態です。

171014_1640~01 171014_1634~02
エイズが発症しているクーゴの慢性口内炎は悪臭を放ち、かなり悪化しています。

171014_1644~01 171013_1857~01
カリシウィルスとヘルペスウィルスの合併症で辛い状態が続いているミケちゃん。頑張って欲しいです。

皆、強制給餌が続いています。
支援して頂いた退院サポートやad缶、OS-1が命をつなぎ止めています。感謝申し上げます。


    クリ
     「みんな頑張って」


★ あんさんへ
 初コメントありがとうございました。優しい申し出に感謝致します。譲渡対象の仔猫は1頭になりました。
お子さんが猫アレルギーを持っていなければ良いですね。内定を希望される場合はご連絡下さい。


171014_1001~01
   「この子でございます」(春)




   お乳が出なくて育児放棄に・・
          泣く猫
 
■春ちゃんの出番です。    
虐待現場から迎えた親子でしたが、母猫のお乳の張りはなく母乳が出ません。仔猫がお乳に吸いつくのを嫌がり、母猫もケージから出たい一心で摂食もせず、落ち着きがなくなってしまいました。粉ミルクに切り換え、仔猫の世話は春ちゃんに頼みました。

171011_2352~01 
お乳が出なくても吸うことで仔猫は安心します。

171010_1207~02 171011_2353~01
子宮蓄膿症で子宮を摘出したのに母性本能強し・・
仔猫の世話役に生きがいを感じている様子です。


171011_0236~01
母猫は第二猫部屋に移動するとすっかり落ち着きました。
ケージ生活が嫌だったのですね。


     撮影
      「春ちゃん、よろしくねー」


★ 連休中のご来場です ★

■保護者が面会にいらっしゃいました。
敷地にいつしか迷い込んでいた5ヶ月位の仔猫。具合が悪そう、とのことで保護依頼がありました。
受診の結果、カリシウィルスに感染していて痛みで食べられず、ヘルペイウィルスによる鼻器官炎も患っていて強制給餌が必要です。
 

171009_1414~01 171009_1414~03
人馴れしていませんが、今は具合が悪いので逃げる元気もなく、大人しく食べています。
171009_1414~02

171011_0259~01 171010_1612~01
支援品と支援金をありがとうございます。
ミケちゃんの医療費に使わせて頂きます。

    風邪2
    「合併症は辛いよ・・」



■支援品をありがとうございます。


171008_1254~01 171008_1255~02
ダン君がお出迎え。
トイレ砂の在庫が無くなっていたので助かります。


トイレ中
   「小まめに取り替えてくれよなー」


◎ 協力店のご紹介
仙台市青葉区五橋の雑貨店「ブッチ」様
images.jpg
ルークママ製作の髪止を店内で販売し、その売上を当サロンに寄付して下さっています。
また、仙台中央の猫サロン「アイキャット」様でも髪止を店内で販売して下さり、その売上を寄付して下さっております。共にこの場を借りて御礼申し上げます。
ご協力ありがとうごさいます。



■早坂さんご夫妻がいらっしゃいました。

171009_1420~01 171009_1417~01
猫部屋の掃除終了後、猫たちの無駄毛の処理をして下さいました。無駄毛がカットされるタイプのものです。

171009_1416~01
 ハチも気持ち良さそう・・

171009_1415~02 171009_1415~03
お富さんのお腹は毛玉がたくさんでしたが、スッキリしました。ありがとうございます。

171011_1515~01 171011_1514~01
知人からの寄付を届けて下さいました。
この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 

     ヤマト
       「是非遊びに来てね」     


■お富さんに面会にいらっしゃいました。
お富さんの飼い主が亡くなった後、お富さんの面倒を見ていた方が面会にいらっしゃいました。
お富さん、嘔吐が続いていて食欲不振でしたが、面会者の差し入れの缶詰をペロリと・・高齢で歯もないので仔猫用の極小粒のフードをあげていましたが、ウエットに切り換えることも考えます。
支援金を頂戴しましてありがとうございます。お富さん用のウェットフードを購入したいと思います。


171009_1415~03
 「美味しいのを買っておくれ・・」


     不良猫
     「高齢猫は敬意を持って扱えよ」


■仔猫に鼻器官炎は大敵

171011_1202~01 171011_1204~01
まだワクチンができない仔猫にとって猫風邪は命取りにもなります。
3日間の通院でもなかなか回復の兆しが見えません。


171011_1211~01 171011_1208~02
カリシウィルスによる舌炎症がひどかった茶トラ君ですが、回復したと思ったら再び再発。
カリシウィルスもヘルペスウィルスも再発しやすいですので様子観察を怠らないように・・


171011_1207~01
ミケのチビちゃんも鼻詰まりで食べられません。

月と猫
   みんな回復しますように・・


■本格的に薪ストーブを焚いています
171004_2021~01
人間が寒いと感じるその倍の寒さを猫は感じているといいます。
171007_1738~01
間もなく、ストーブの前の場所取り合戦が始まることでしょう。



若葉ちゃん、快適環境にお引越し
    カップルうさぎ


■仙台総合ペット専門学校さん、若葉ちゃんを受け入れて下さいました。

厳しい寒さに加えて、猫はうさぎの天敵・・猫サロンが居心地良い訳がありません。デッキ生活はそろそろ限界・・ペット専門学校さんに相談したところ、快く預かりを承諾して下さいました。


171005_1507~01 171005_1508~03
ペットショップ室の先生、若葉ちゃん用のケージを準備していて下さいました。

171005_1507~02 171005_1508~01
実習の時、若葉ちゃんの便で固まったお尻の処置をして下さった教員の菅原さん。

171005_1512~01 171005_1512~02
暖かい室温に保たれ、お世話は生徒さんたちがして下さるとのことです。

171005_1512~03 171005_1513~02
お隣さんです。        これからよろしく!!

171005_1514~01
快適な環境で飼い主さんも安心だと思います。
本当にありがとうございました。


   うさぎ
      「居心地悪かったけど世話になったな・・」


■ 雪が降る前に遊びに来ました
171006_1232~01
中村さんは4度目のご来場。
今回は猫を飼っている知り合いのお嬢さんと一緒に。


171006_1233~01 171004_2018~01
お孫さんにプレゼントしたいとお買い上げ。
まいどありがとうございます。


171006_1234~01 171006_1233~02
どんな物でも仔猫の遊び道具になってしまいます。
       若葉
     「またのお越しをお待ちしております」



■あっちでグスグス・・こっちでグズグス
鼻器官炎が流行っています。

風邪

171006_1836~01 171006_1836~02
早めの受診が大切です。
10月になって一気に風邪が蔓延・・1頭のくしゃみが瞬く間に感染を広げてしまいます。


171006_1828~01 171006_1830~01
人馴れしていないミケちゃんはネットのまま点滴。
    風邪2
      「人間も風邪に気をつけましょう」




   2年振りの再会
         ルビー
   

■立派なレディーに成長したルビー

生後3ヶ月で別れて以来です。
素晴らしい里親の角田さんと共に生きているルビーは本当に幸せ者です。


171004_1355~02 171004_1356~01
ルビーとの再会を心待ちにしていました。

171004_1358~04 171004_1358~01
サロンに居た当時のことが記憶の片隅に残っているのか否か・・当時のことはすっかり忘れて、大好きなご主人のこと以外は目に入らないといった様子でした。それでいいのです。

    子犬

171004_1458~01 171004_1456~02
お座りもお手も完璧!! 
ずっとサロンに居たら野生児のまま・・。ルビーを預かり、躾け教室に通わせて下さった宮澤さんのお陰と、宮澤さん宅に遊びに行ってルビーに一目惚れした角田さんとのご縁に感謝!!


171004_1457~02 171004_1358~02
サロン内に居る角田さんを慕っているのがわかります。

e1.jpg
    「幸せよ」

★ ルビーとの日々
171004_1929~01
山歩きが好きな角田さんといつも一緒のルビー

171004_1928~02
犬にとっては最高の生活です。

171004_1928~01 171004_1927~02
ルビーとの素晴らしい絆が感じられます。


151027_1655~02 151115_0913~02
低体温症になっていた保護当時のルビー。
その後順調に育ちました。


160116_0907~01  151229_0907~02
これ以降、宮澤さんに託しました。それ以来の再会です。

犬

★ 手作り猫バッグを物販として寄付して下さいました。
171004_2020~01
市販では高額と思われる程の腕前です。

171004_2018~01 171004_2018~02
1,500円から5,000円の価格で販売したいと思います。
171004_2007~01 171004_2008~01
早速、注文を受けました。

       秋田犬子犬
        子犬の頃はやんちゃだったルビー


■片岡さん、お久しぶりです。
乳がんのオヨネさんのお見舞いに来て下さいました。
片岡さんの愛猫も乳がんと診断されてから3ヶ月で亡くなったとのことです。オヨネさんも3ヶ月、長くて半年と見ていた方が良いかもしれません。乳がんはいずれ化膿して手当てが大変になりますので、その当時の闘病の様子など今後の参考にさせて頂きたいと思います。

171004_1321~01 171004_1322~01
片岡さん、早速バッグを注文されました。
また、支援金を頂戴しましてありがとうございます。


     祈り
オヨネさん、何かを言いたげに前脚でしきりに私の胸をひっかくのが気になります。せめて痛みを感じることなく逝って欲しい・・    



■体調不良が続いています。
171003_1727~01 171003_1742~01
お富さん、3日前から嘔吐がみられ摂食なしです。
検査の結果異常なし。ストレスかもしれません。強制給餌するも嫌がって大変・・
高齢猫には心休まる環境が欲しいです。


171003_1721~02 171003_1721~01
風邪がなかなか回復しないので注射2回目です。
こちらも強制給餌ですが、比較的食べてくれます。


    ラブ
    季節の変わり目は体調を崩すことが多いです。



■虐待について

動物の虐待は、現行犯か証拠(写真など)を警察に持っていかなければ警察は動きません。
動物虐待する人物は基本的に異常者です。異常者は仕返しに何をするかわかりません。仕返しをされても良いと腹をくくれば証拠を持って警察に訴えても良いでしょう。しかし、近所トラブルの怖さは警察から罰則を受けたその後の仕返しにあります。それが解っているから泣き寝入りする人が多いのだと思います。異常者がする仕返し・・猫の死体を庭にバラ撒くかもしれないし、飼い猫に仕返しをされるかもしれない。毒を撒いたとしても証拠がなければどうにもなりません(今回の虐待人物はそのようなことをする可能性がありそうだと考えました)。ですので、現在の虐待の取り締まりはあまり意味のないものだと考えます。ドイツのアニマルポリスのように、証拠がなくても通報でドンドン踏み込んでいくシステムでなければ虐待防止の効果はないと考えます。
今回、相談者が事を大きくしたくないと言う以上、その虐待男の近所に住み続けなければならない心労も大変かと思います。
 当サロンのご近所でもわざと私の目の前で我が家の猫に石を投げつける人がいます。そのような人物に動物愛護を説いたところで逆上するだけです。当サロンへの誘導標識を倒されたりする程度で済んでいるから良しとしなければ・・と自分を納得させています。
怖いのは、自分の居ない時に猫たちに何かをされることです。猫の安全を思ったら、不本意ではありますが、できるだけ波風立てないようにすることも策の一つと考えます。
ご近所に虐待人物がいたらどう対処するか・・個々の価値観で対処していくしかないのかもしれません。