■ 猫カフェより再び仔猫の申し込みがありました。

残り3頭の中から2頭を選んで頂くことになりました。サロンに行っても姉妹で遊べるから良かったね
150830_2136~01 ①150831_1153~02
3頭ともメスです。

150830_2136~02 ② 150831_1151~03
3姉妹とも鼻の下が黒い 

150830_2143~01 ③ 150831_1151~02

翌日仙台市の猫カフェさんより連絡があり、①と②の仔猫の譲渡が決定!!残った子は他の仔猫と一緒にしますので寂しくないでしょう 

スポンサーサイト
仔猫ラッシュの日々

■半年前に美里町のN小学校の校長先生が仔猫の里親になって下さいましたが、今回は保護依頼の話でした。生徒が校内で仔猫2頭を保護して、教育委員会に問い合わせたら保健所にやるように、という指示だったが、自分の本意ではないので保護してもらえないか、というお話。様子を聞いたら、まだ目が開いていないというので生後1週間程度かな・・・と思い、保護を承諾しました。

150828_2032~02
目が開いていないのは目ヤニでベッタリと瞼がくっついていたからでした。ひどい鼻気管炎を患っていて、すぐに受診したところ、両目から膿みがドロドロ出てきて悲惨な状態。生後40日位の仔猫です。膿みを出したら目が少し開いてきました。

150828_2028~01150828_2030~01
150828_2032~01 150828_2026~02
黒ちゃんも両目から膿みが・・精製水で洗浄して抗生剤の目薬を差すとお目目パッチリ!プルトの二の舞にならず良かったです。150828_2033~01
プルトが新入り仔猫に近づいてきました。匂いを察知したのかな?

★仔猫用のケージが不足状態で、先に保護したチビたちと一緒にしてみました。
150828_2151~01
ミケちゃん、いきなり威嚇モードに!!

150828_2151~02 150828_2151~03
固まったまま・・なかなか治まらないので同居はあきらめました 
■ 泉ヶ岳猫シェルターへの道中の様子

150827_1741~03 150827_1739~01
閑静な場所に別荘が数件点在しています。

150827_1741~01 150827_1736~01
この道を通ると誰もが不安になります。「本当に人が住めるの?」 
トムママは道中、イノシシの子ウリ坊と遭遇!
150828_1551~01 150828_1553~01
着きました。「クラインガルテン」という別荘地域です。
150828_1555~01 150828_1555~02 
猫シェルター・サロンから見える景色です。
150828_1554~01
シェルターの後ろもステキ


 猫ハウスの完成はもうすぐ・・
150827_1608~02窓と屋根を設置。

150827_1607~01
トムママのご主人は本業の現場が終わった後で来てくれています。
休み無しの日々で申し訳ない・・感謝、感謝 


150827_1715~02
部屋は間仕切りして2部屋にします。エイズ組とマーキング組です 

泉の街までは車で30分。一見不便ですが、湧き水豊富、山菜豊富・・そして何よりも猫のためにどのように使っても良いという不動産社長のお言葉がここに決めた理由です。土地付きの物件を買う余裕がない以上、贅沢は言っていられません。寒さ対策、野生動物対策を万全にして、訪れる人のリフレッシュにもなればいいですね。雪は深い時で膝までとの話。下半身冷え症の私には辛い話です。除雪は社長がやっていたようですが、連絡してもすぐにはしてもらえないという情報を得ているので、私が除雪車を運転できないか社長に相談するつもりです。
■ 5月末に多賀城の多頭飼育崩壊現場から保護され、逸早く譲渡された「さくら」ちゃん。
現在は「めい」ちゃんと改名して家族皆のアイドルとなっています。

1439676797549.jpg
我が家の猫部屋からセレブな生活に・・苦労が報われる時です。

1439676823246.jpg
白血病キャリアですが、受け入れて頂いております。
1439676814694.jpg
めいちゃん、亡くなった子たちの分まで幸せになってね 
■ 白黒軍団から更に1頭の里親が内定しました。 

スコティッシュ・フォールドを保護した三本木の佐藤さんの知人からの依頼で仔猫が欲しいとの話があり、スコティッシュ・フォールドを勧めたのでいが、先方の希望でメスの黒白ちゃんに内定しました。

150827_2244~03
もう1頭のオスのそっくりさんは東京の猫カフェに内定・・我が家での狭い生活環境からもうすぐおさらばです。

150827_2244~01 150827_2245~01
チョロチョロしてなかなか画像が撮れないので固定!!

■ プルトを連れて来た方が再び・・
生後5ヵ月位ですが、まだ性別は確認できていません。

150827_2335~02
近所の猫嫌いの人々が野良猫に餌をやっていることを攻められて辛い思いをしているとのこと。このままでは猫たちに何をされるかわからないので保護して欲しいと連絡がありました。黒ちゃんに罪はないのに・・・

150827_2334~02
威嚇の真っ最中で・・・しばらくは性別不明 
お1人暮らしのこの方は言い残して帰りました。「以前連れて来た仔猫(プルト)の母親を避妊しますので、その後は引き取って欲しい・・・」と。 
★ 病院で術後の経過を診ましたが良好とのことで、抜糸は31日になりました。 

150824_2112~02
右目に白膜のない部分が僅かに残っていて、そこからうっすらと見えているような気がするのですが、医師の診たてでは見えていないでしょうとのことでした
150825_0917~01
見えなくともベッドに飛び乗ることができるとしたら、素晴らしい猫の身体能力です。ちなみにこの介護ベッドは姑が使っていたもので、私の専用ベッドの購入は断念していました。

150824_2357~01
遠くのものは見えないけど近くにあるオモチャで遊んだり、ベッドに飛び乗るのはやはり微かに見えているのでは・・と思って目の摘出は行わないことにしました。医師にも了承して頂きました。


■ 「すまない・・」という気持ちがいつまでも残る2頭の猫

ともに石巻保健所から昨年に引き出した猫でしたが、同じ時期に他の保健所から引き出した仔猫がパルボウィルスに感染していたためにこの2頭にも感染してしまい命を亡くしてしまいました。このようなケースは度々ありますが、携帯に残されているこの2頭の画像が誤って消えない内にブログに残しておきたいと思いました。なぜかこの2頭の画像を残しておかなければならないような気がしてならないのです。

141121_1326~01
「銀二」はとても甘えん坊で保護した時の栄養状態は悪く、すぐにワクチンを打てる状態ではありませんでした。少し体力を付けてからの方が良いとの医師の見解もあり、せっせと太らせていたのです。ようやくふっくらとして来た頃にパルボに感染してしまい、申し訳ない気持ちで一杯でした。せっかく助けた命でも、たった1頭の感染症で数頭が犠牲になることがあるという現実・・この時はさすが保健所からの保護はもう止めようと思いました。

141210_1419~01
この子はまだ名前も付けない内に亡くなってしまいました。この子を石巻保健所から保護した同じ日に別の保健所から引き出した仔猫がパルボに感染していました。直接の接触はなかったのですが、銀二同様、私を介して感染してしまったと思われます。甘えん坊でスリスリする子ほど私を通して感染してしまう・・とてもやり切れないです。感染源である仔猫は通院した結果死亡を免れ、優しい里親の元で元気に暮らしています。それがせめてもの救いです。
■ 生後3ヵ月~4ヵ月のミケちゃんが田尻からやって来ました。

150822_0953~01 150822_0952~01
以前里親になって下さった成澤さんから連絡があり、捨てられたのか迷ったのか、人馴れしているミケちゃんがウロウロしているので保護して欲しいと・・。人馴れしているのであれば良い里親さんと巡り会う望みがあります。とても可愛い、性格の良い子です。

■ 三本木からスコテイッシュ、フォールドmixの仔猫2頭が仲間に・・
三本木にお住まいの里親の佐藤さんからの依頼です。知人宅で仔猫が生まれて里親探しをしているが限界を感じて相談があったようです。母親がスコティッシュフォールドで父親が雑種のよう。他の兄弟は里親にもらわれて行ったとのことです。

150824_0925~01 150824_0923~03
不安で一杯の表情

150824_0928~01 150824_0925~03
耳がたれているのがメス。スコティッシュフォールドの特徴が出ていますね。

150824_0924~02 150824_0927~01
オスはキリリとした顔をしています。性格はメスより大人しいです。

■ 黒白兄弟軍団

150822_0956~03 150822_0956~01
150822_0949~01
かなり活発になってケージから飛び降りるようになりました。でも少し怖い・・
■ 石巻保健所からやって来たチビちゃんたち
中にはまだミルクが必要な子がいますが、2頭は離乳食開始。元気に育ってね!!

150822_1157~02 150822_1157~01
良い里親さんと出会えるといいね!

150822_1201~02  150822_0004~01
みんな元気だけど、一番活発で甘えんぼうのシロ君

150823_0719~03 150823_0725~01
 ミルクをたくさん飲んで、お腹一杯 
150822_1201~01 150822_0001~02
キジトラの子はミルクを充分飲めていなかったとみえて一番小さい。
150822_0621~01 150822_0622~01
身体を支える足の力が不十分なのか、踵を着いたままで本来の歩行ではありません。
股関節に問題があるかもしれないので様子を見ながら受診予定。


150823_0718~02 150823_0719~01
離乳食をパクパク・・ミルクも大好き。

150822_0619~01 150822_0616~01
ミケちゃんはミルクは飲まず、ひたすら離乳食を自力でパクパク・・しっかり自立しています。
150822_0002~01茶白の子はまだヨチヨチ・・

150822_0004~02 150822_0619~02
プルトを慕って仔猫たちが・・残った右目は摘出しなくてもいいかもしれません。腫れが引き、オモチャで遊ぶ様子からうっすらと見えているような気がします。明日は受診日なので医師にその事を報告!きっと大丈夫です。 
★ お盆明けに急いで病院へ・・・
予定の22日まで待てずに早めに手術してもらえないか19日に病院に行きました。医師もひどい腫れに当日の夕方に手術する決心を・・・ありがたいです。そして本日退院。術後の腫れはまだありますが、ほっとしました。

150820_1301~02頑張ったね

150820_1301~01 150820_1303~01
残った右目は様子を見て手術する予定です。視力はすでにないものの、何とか摘出しなくてもいいようにケアしていきたいと思います。
■ シェルターを兼ねた猫サロンで猫部屋製作中 
 製作初日、以前ご紹介した長沢さんも棚の取り付けや家具の組み立てなどを手伝って下さいました。
150815_1627~01 150815_1617~03
       トムママの娘さんの千代ちゃんもお手伝い 

150815_1618~01壁の製作1日目
トムママのご主人の康一さんはお盆休みの間ずっと来てくれました。ありがたいです

■製作4日目
150817_1446~01窓が二つ入ります
150817_1446~02入り口はここ