新入りさん・卒業さん・出戻りさん
       
      猫娘
        結果オーライ・・かな?


■泉ケ岳野外キャンプ場で保護

保護
どこからか、か細い猫の泣き号がする・・

保護4
すっかり痩せてしまった猫・・「僕が助けてあげるよ」
民家はないのできっと捨てられたのでしょう。


保護2
とにかく、ここから連れ出さないと・・「さぁ、行くぞ!」

保護3
という訳で、サロンにやって来ました。

            若造
   小さな命を無視することができなかった好青年です

★里親募集でーす
171013_2338~02 171013_2336~01
サビのメス・推定5~8歳・とても人なつこく大人しい
171013_2339~01 171013_2338~03
初心者向きの飼いやすい子です。

     青年
      「よろしくお願いします」(好青年より)


■ストレスに弱いセブンでした。
171013_1631~01 171013_1633~03
昨日、セブンがトライヤルされましたが、環境の変化によるストレスで嘔吐が続き、1日でトライヤル終了。セブンは看板猫として活躍してもらうよう期待します。


171014_1516~01 171014_1517~02
セブンの代わりに虐待現場から保護されたチビちゃんが譲渡されました。
171014_1517~01 171014_1516~02
離乳食とミルクの与え方を練習し、今日からは若いママにお世話してもらうことになりました。


    ふくろう
    「子育ての練習じゃのう・・」

171014_1000~01 171014_1000~02
春ママさん、お疲れ様でした


■お富さん、トライアルへ

171014_1458~01 171014_1458~02
生後5ヶ月の子が活発すぎてお母様がギブアップ・・
代わりに穏やかなお富さんがトライアルになりました。
サロンでは猫だらけでお富さんにとってはストレスになっていたので今日からは落ち着いて過ごせるでしょう。


171014_1459~01
仔猫は活発すぎて疲れます。成猫の良さは性格も明確だし、落ち着いていて猫本来の魅力をすぐに味わえることですね。

   猫かぼちゃ
     「お富さん、良かったね」

★里親募集でーす
171015_0214~02 171015_0214~01
出戻って来た子です。キジ白の長毛でワクチン済み。



■通院続きの日々
皆様からの支援金は医療費に使わせて頂いております。ありがとうございます。

171013_1847~02 171013_1851~02
カリシウィルスとヘルペスウィルスのダブルで強制給餌が続いているミケちゃん。

171013_1908~01 171013_1908~02
虐待現場から保護されたクロちゃんは肺炎のため厳しい状態です。

171014_1640~01 171014_1634~02
エイズが発症しているクーゴの慢性口内炎は悪臭を放ち、かなり悪化しています。

171014_1644~01 171013_1857~01
カリシウィルスとヘルペスウィルスの合併症で辛い状態が続いているミケちゃん。頑張って欲しいです。

皆、強制給餌が続いています。
支援して頂いた退院サポートやad缶、OS-1が命をつなぎ止めています。感謝申し上げます。


    クリ
     「みんな頑張って」


★ あんさんへ
 初コメントありがとうございました。優しい申し出に感謝致します。譲渡対象の仔猫は1頭になりました。
お子さんが猫アレルギーを持っていなければ良いですね。内定を希望される場合はご連絡下さい。


171014_1001~01
   「この子でございます」(春)



スポンサーサイト

   お乳が出なくて育児放棄に・・
          泣く猫
 
■春ちゃんの出番です。    
虐待現場から迎えた親子でしたが、母猫のお乳の張りはなく母乳が出ません。仔猫がお乳に吸いつくのを嫌がり、母猫もケージから出たい一心で摂食もせず、落ち着きがなくなってしまいました。粉ミルクに切り換え、仔猫の世話は春ちゃんに頼みました。

171011_2352~01 
お乳が出なくても吸うことで仔猫は安心します。

171010_1207~02 171011_2353~01
子宮蓄膿症で子宮を摘出したのに母性本能強し・・
仔猫の世話役に生きがいを感じている様子です。


171011_0236~01
母猫は第二猫部屋に移動するとすっかり落ち着きました。
ケージ生活が嫌だったのですね。


     撮影
      「春ちゃん、よろしくねー」


★ 連休中のご来場です ★

■保護者が面会にいらっしゃいました。
敷地にいつしか迷い込んでいた5ヶ月位の仔猫。具合が悪そう、とのことで保護依頼がありました。
受診の結果、カリシウィルスに感染していて痛みで食べられず、ヘルペイウィルスによる鼻器官炎も患っていて強制給餌が必要です。
 

171009_1414~01 171009_1414~03
人馴れしていませんが、今は具合が悪いので逃げる元気もなく、大人しく食べています。
171009_1414~02

171011_0259~01 171010_1612~01
支援品と支援金をありがとうございます。
ミケちゃんの医療費に使わせて頂きます。

    風邪2
    「合併症は辛いよ・・」



■支援品をありがとうございます。


171008_1254~01 171008_1255~02
ダン君がお出迎え。
トイレ砂の在庫が無くなっていたので助かります。


トイレ中
   「小まめに取り替えてくれよなー」


◎ 協力店のご紹介
仙台市青葉区五橋の雑貨店「ブッチ」様
images.jpg
ルークママ製作の髪止を店内で販売し、その売上を当サロンに寄付して下さっています。
また、仙台中央の猫サロン「アイキャット」様でも髪止を店内で販売して下さり、その売上を寄付して下さっております。共にこの場を借りて御礼申し上げます。
ご協力ありがとうごさいます。



■早坂さんご夫妻がいらっしゃいました。

171009_1420~01 171009_1417~01
猫部屋の掃除終了後、猫たちの無駄毛の処理をして下さいました。無駄毛がカットされるタイプのものです。

171009_1416~01
 ハチも気持ち良さそう・・

171009_1415~02 171009_1415~03
お富さんのお腹は毛玉がたくさんでしたが、スッキリしました。ありがとうございます。

171011_1515~01 171011_1514~01
知人からの寄付を届けて下さいました。
この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 

     ヤマト
       「是非遊びに来てね」     


■お富さんに面会にいらっしゃいました。
お富さんの飼い主が亡くなった後、お富さんの面倒を見ていた方が面会にいらっしゃいました。
お富さん、嘔吐が続いていて食欲不振でしたが、面会者の差し入れの缶詰をペロリと・・高齢で歯もないので仔猫用の極小粒のフードをあげていましたが、ウエットに切り換えることも考えます。
支援金を頂戴しましてありがとうございます。お富さん用のウェットフードを購入したいと思います。


171009_1415~03
 「美味しいのを買っておくれ・・」


     不良猫
     「高齢猫は敬意を持って扱えよ」


■仔猫に鼻器官炎は大敵

171011_1202~01 171011_1204~01
まだワクチンができない仔猫にとって猫風邪は命取りにもなります。
3日間の通院でもなかなか回復の兆しが見えません。


171011_1211~01 171011_1208~02
カリシウィルスによる舌炎症がひどかった茶トラ君ですが、回復したと思ったら再び再発。
カリシウィルスもヘルペスウィルスも再発しやすいですので様子観察を怠らないように・・


171011_1207~01
ミケのチビちゃんも鼻詰まりで食べられません。

月と猫
   みんな回復しますように・・


■本格的に薪ストーブを焚いています
171004_2021~01
人間が寒いと感じるその倍の寒さを猫は感じているといいます。
171007_1738~01
間もなく、ストーブの前の場所取り合戦が始まることでしょう。



若葉ちゃん、快適環境にお引越し
    カップルうさぎ


■仙台総合ペット専門学校さん、若葉ちゃんを受け入れて下さいました。

厳しい寒さに加えて、猫はうさぎの天敵・・猫サロンが居心地良い訳がありません。デッキ生活はそろそろ限界・・ペット専門学校さんに相談したところ、快く預かりを承諾して下さいました。


171005_1507~01 171005_1508~03
ペットショップ室の先生、若葉ちゃん用のケージを準備していて下さいました。

171005_1507~02 171005_1508~01
実習の時、若葉ちゃんの便で固まったお尻の処置をして下さった教員の菅原さん。

171005_1512~01 171005_1512~02
暖かい室温に保たれ、お世話は生徒さんたちがして下さるとのことです。

171005_1512~03 171005_1513~02
お隣さんです。        これからよろしく!!

171005_1514~01
快適な環境で飼い主さんも安心だと思います。
本当にありがとうございました。


   うさぎ
      「居心地悪かったけど世話になったな・・」


■ 雪が降る前に遊びに来ました
171006_1232~01
中村さんは4度目のご来場。
今回は猫を飼っている知り合いのお嬢さんと一緒に。


171006_1233~01 171004_2018~01
お孫さんにプレゼントしたいとお買い上げ。
まいどありがとうございます。


171006_1234~01 171006_1233~02
どんな物でも仔猫の遊び道具になってしまいます。
       若葉
     「またのお越しをお待ちしております」



■あっちでグスグス・・こっちでグズグス
鼻器官炎が流行っています。

風邪

171006_1836~01 171006_1836~02
早めの受診が大切です。
10月になって一気に風邪が蔓延・・1頭のくしゃみが瞬く間に感染を広げてしまいます。


171006_1828~01 171006_1830~01
人馴れしていないミケちゃんはネットのまま点滴。
    風邪2
      「人間も風邪に気をつけましょう」




   2年振りの再会
         ルビー
   

■立派なレディーに成長したルビー

生後3ヶ月で別れて以来です。
素晴らしい里親の角田さんと共に生きているルビーは本当に幸せ者です。


171004_1355~02 171004_1356~01
ルビーとの再会を心待ちにしていました。

171004_1358~04 171004_1358~01
サロンに居た当時のことが記憶の片隅に残っているのか否か・・当時のことはすっかり忘れて、大好きなご主人のこと以外は目に入らないといった様子でした。それでいいのです。

    子犬

171004_1458~01 171004_1456~02
お座りもお手も完璧!! 
ずっとサロンに居たら野生児のまま・・。ルビーを預かり、躾け教室に通わせて下さった宮澤さんのお陰と、宮澤さん宅に遊びに行ってルビーに一目惚れした角田さんとのご縁に感謝!!


171004_1457~02 171004_1358~02
サロン内に居る角田さんを慕っているのがわかります。

e1.jpg
    「幸せよ」

★ ルビーとの日々
171004_1929~01
山歩きが好きな角田さんといつも一緒のルビー

171004_1928~02
犬にとっては最高の生活です。

171004_1928~01 171004_1927~02
ルビーとの素晴らしい絆が感じられます。


151027_1655~02 151115_0913~02
低体温症になっていた保護当時のルビー。
その後順調に育ちました。


160116_0907~01  151229_0907~02
これ以降、宮澤さんに託しました。それ以来の再会です。

犬

★ 手作り猫バッグを物販として寄付して下さいました。
171004_2020~01
市販では高額と思われる程の腕前です。

171004_2018~01 171004_2018~02
1,500円から5,000円の価格で販売したいと思います。
171004_2007~01 171004_2008~01
早速、注文を受けました。

       秋田犬子犬
        子犬の頃はやんちゃだったルビー


■片岡さん、お久しぶりです。
乳がんのオヨネさんのお見舞いに来て下さいました。
片岡さんの愛猫も乳がんと診断されてから3ヶ月で亡くなったとのことです。オヨネさんも3ヶ月、長くて半年と見ていた方が良いかもしれません。乳がんはいずれ化膿して手当てが大変になりますので、その当時の闘病の様子など今後の参考にさせて頂きたいと思います。

171004_1321~01 171004_1322~01
片岡さん、早速バッグを注文されました。
また、支援金を頂戴しましてありがとうございます。


     祈り
オヨネさん、何かを言いたげに前脚でしきりに私の胸をひっかくのが気になります。せめて痛みを感じることなく逝って欲しい・・    



■体調不良が続いています。
171003_1727~01 171003_1742~01
お富さん、3日前から嘔吐がみられ摂食なしです。
検査の結果異常なし。ストレスかもしれません。強制給餌するも嫌がって大変・・
高齢猫には心休まる環境が欲しいです。


171003_1721~02 171003_1721~01
風邪がなかなか回復しないので注射2回目です。
こちらも強制給餌ですが、比較的食べてくれます。


    ラブ
    季節の変わり目は体調を崩すことが多いです。



■虐待について

動物の虐待は、現行犯か証拠(写真など)を警察に持っていかなければ警察は動きません。
動物虐待する人物は基本的に異常者です。異常者は仕返しに何をするかわかりません。仕返しをされても良いと腹をくくれば証拠を持って警察に訴えても良いでしょう。しかし、近所トラブルの怖さは警察から罰則を受けたその後の仕返しにあります。それが解っているから泣き寝入りする人が多いのだと思います。異常者がする仕返し・・猫の死体を庭にバラ撒くかもしれないし、飼い猫に仕返しをされるかもしれない。毒を撒いたとしても証拠がなければどうにもなりません(今回の虐待人物はそのようなことをする可能性がありそうだと考えました)。ですので、現在の虐待の取り締まりはあまり意味のないものだと考えます。ドイツのアニマルポリスのように、証拠がなくても通報でドンドン踏み込んでいくシステムでなければ虐待防止の効果はないと考えます。
今回、相談者が事を大きくしたくないと言う以上、その虐待男の近所に住み続けなければならない心労も大変かと思います。
 当サロンのご近所でもわざと私の目の前で我が家の猫に石を投げつける人がいます。そのような人物に動物愛護を説いたところで逆上するだけです。当サロンへの誘導標識を倒されたりする程度で済んでいるから良しとしなければ・・と自分を納得させています。
怖いのは、自分の居ない時に猫たちに何かをされることです。猫の安全を思ったら、不本意ではありますが、できるだけ波風立てないようにすることも策の一つと考えます。
ご近所に虐待人物がいたらどう対処するか・・個々の価値観で対処していくしかないのかもしれません。



     ひでー話だぜ・・
       不良猫
        俺らが何したっていうんだ?  

■緊急保護です。
高圧洗浄機で猫たちを殺しているご近所の男性から親子を救って欲しいと連絡がありました。本来なら動物虐待で警察に訴えることができますが、ご近所ということもあり、嫌がらせが充分予測できそうな人なので猫を移動するしか方法はないようです。
依頼者はすでに6頭の猫を飼っていらっしゃるとのことで、これ以上は無理とのことでした。

171001_1456~02 171001_1455~04
生後10日ほどのチビちゃん4頭です。

171001_1545~01 171001_1455~03
母猫はナナちゃんそっくり。無事で良かったね。

171001_1456~01

     犬
       「猫だって生きる権利があるんだ」
  

山中さん撮影
2017100121351600.jpg

2017100119280700.jpg 2017100119253900.jpg
仔猫を見たら舐めずにはいられない春ちゃん。
新たに来た仔猫たちの写真撮りをしていると鳴き声を聞きつけて駆けつけました。


2017100119245000.jpg
「この子たちが離乳食になったら家族に迎えて下さい」

よろしく
        「よろしくお願いします」



■木山さんと只野さん久しぶりのご来場です

171001_1251~01 171001_1254~01
チビ軍団に離乳食を食べさせて頂きました。

171001_1254~02 171001_1252~01


171001_1344~01 171001_1252~04
只野さん、可愛らしいクッションをありがとうございます。


171001_1557~01 171001_1252~02
木山さん、素晴らしいものを持って来て下さいました。
コインを置くと箱から猫の手がサッとコインを箱の中に入れます。


     グレイ
       「地球人のアイデアは素晴らしい!!」


■支援品をありがとうございます。
ゆのままさんより、いつもすみません。

171001_1806~02 171001_1804~01
退院サポート、冬用のスリッパも助かります。

171001_1806~01 171001_1800~01
スペスフィックの低カロリー缶詰は下痢の時重宝します。
薬がなくてもこれを食べていると回復する場合も多々あります。


    イカ宇宙人
     「何が出てくるか・・いつも玉手箱なのよね」  


■日曜日はにぎやかでした。
171001_1527~01 171001_1526~01
早坂さんとお母様、山中さんご夫妻

171001_1527~02 171001_1447~01
山中さんご主人、いつも全部の猫にご挨拶。
お花と猫砂をありがとうございます。


171001_1440~01 
早坂さんがコストコで購入して下さったアメリカ産のフード。
着色料無添加、小麦粉は使用せず、チキンの含有量が多いので食いつきが良いです。これはお勧めです。


171001_1550~01 171001_1551~01
くっきーさんにベッタリのラッキー

171001_1557~03
 接待係りは鷲尾さんにもお愛想。 

 猫とイチゴ
     「ラッキーも時々接客係りになるのよ」


Collage 2017-10-01 23_00_21
早坂さん作成。キャッチコピーが素晴らしい!!
社内に貼って下さるそうです。感謝!!


   ジドリ
  「見合い用の写真を撮らないと・・」


■猫サロン開設2周年!!
2年前の10月1日に猫サロンを開設。駆け足で過ぎた2年間でしたが、皆様のご支援のおかげで多くの猫たちが救われました。本当にありがとうございます。
2年が経ち、ようやく地元に定着してきた感があります。仙台総合ペット専門学校の実習生を受け入れるという新たなご縁もでき、実習生に恥ずかしくない猫サロンとなるべく努力していく所存です。
今後とも皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

   カネーシャ