いつも控えめだったラッキー君
     天国
 遠慮せずに甘えていいんだよ・・


これまで口内炎で度々通院していましたが、エイズ発症しているクーゴと似た症状なのでエイズではないかと思っていました。最近激痩せしたのと摂食しなくなったので水曜日に受診した結果、エイズの典型的症状で末期と思われます。ここ二日間で症状の進行が早く、今日には水も飲めなくなってしまいました。
悪化の進行が早いのも末期症状です。


180416_1043~01
病院では力を振り絞って暴れるので体力を消耗してしまいます。

180419_0941~03
外に出たがるので好きにさせていますが、余命が短いことを悟っているので姿を隠すのではないかと冷や冷やしています。

180419_1033~01
歩く姿もフラフラしています。

180419_0940~01 180419_0940~02
ラッキーは10年前に大崎保健所から迎えた子でした。重篤な感染症で助からないと覚悟していたのですが、何とか克服したのでラッキーと命名。これまで自分から甘える仕草はしなかったのに、最近ではお客様に甘えるようになり、不思議に思っていました。
  天使

180419_1307~01 
命が長くないことを悟って自分を解放し、遠慮がちではありますが、人に甘え始めていたのではないかと・・
ラッキーはいつも人を観察していて、甘えるタイミングを見て遠慮がちに甘えていました。


180419_1035~01 180419_1036~01
水を飲もうと思っても口を開くこともできません。
このような状態になってしまったら数日の命と思われます。


180415_0916~03
ラッキーの眼差しが「もうすぐお別れだよ・・」と言っているようです。
    
  神様
    「落ち着けない環境ですまんかったのう・・」 



■チビ軍団、その後

180416_0211~01 180416_0210~02
下痢がひどく受診の結果、カンピロバクターという寄生虫がどっさり・・母乳を通じての感染です。

180416_0209~01 180416_0210~01
重篤な食中毒症状で、血便・嘔吐・水溶性下痢などの症状でこのような仔猫ではすぐに衰弱して命取りになります。
服薬していますが、とても苦く、吐き出してしまうのでちゅーると混ぜていますが、薬の効果が出ることを願います。


180413_1318~02
ポイントの可愛い子。
春ちゃん、今回はあまり関心を示しません。


    毛糸
    「離乳期は腸内細菌のバランスが崩れて大変なんだよ」


■珍しいツーショット

180416_0208~01 180416_0207~02
春ちゃんが甘えている感じも珍しく、チャチヤが怒らないのも珍しい・・


■引き続きお勧めの子です。

180412_0003~01
音音猫さんが来た時、こたつに隠れてお見合いは没。

180418_1422~01
共に人なつこいメスです。

   里親
    「是非、家族に迎えて下さい。」


スポンサーサイト
     ここが天国の入り口?   
     犬天国


■もう頑張らなくていいよ
日曜日の深夜0時頃、ダン君は逝きました。そばに付き添っていたのは、オヨネさんでした。

180407_0926~01 180407_0925~02
遠藤さんから頂いたベビーベッドが居心地良いようでした。オヨネさんがダン君の足元に入り込んで来たのを見ながら、睡魔には勝てずに椅子で寝てしまいました。
目が覚めると、ダン君が息を引き取っていました。オヨネさんはダン君から離れ、近くのクッションの上に・・「もう私の役目は済んだからね」と言っているようでした。
ダン君は人間に最期の時を見られるのが嫌だったのではないか・・動物同士、オヨネさんがダン君の最期を見届けてくれたのだと思います。


180408_1342~01
 まだ意識のある、最後の写真。時折襲う内蔵の痙攣のようなものは傷みを伴うのか、のけぞって吠えていました。
そんな姿に「頑張って」という言葉はかけられず、「早く楽になって・・」と。

   天国5

ダン3
先天的な障害のため走ることができず、犬本来の楽しみを味わうことができなかったダン君ですが、今頃はこの写真のように笑顔で天国を走り回っていることでしょう。

ダン2
 現世で身体障害であっても、亡くなったら人間もペットも天国で本来の健康な身体に戻る、ということを聞きました。

  泣き
    徹夜でブログ更新を終えた頃、パソコンの画面が勝手に動き、時にフリーズし、最終的にはエラー表示になり、「作業中のプログラムは失われてしまいます」という非情な警告文が出てきました。画面終了せざるを得ず、心がボッキリと折れてしまいました。すぐに更新し直す気力もなく、9時半の見合いに備えて掃除を開始。
再び深夜になり、睡魔と闘いながら、ダン君の冥福を祈り更新しました。
本日はこれにて終了・・寝ます。


    神様
          「まだXP使っているからじゃ、」



★SUZUさんへ
 コメントありがとうございます。今のところサロンにいる予定ですが、急遽動物病院に行くこともありますので、いらっしゃる当日、Cメールでも構わないので、およその来場時間を連絡頂ければありがたいです。
現在、不足しているものは特にありませんので、お気遣いなくおいで下さい。

  携帯  080-3018-5209


 長靴
     「お待ちしております」

引越しのお手伝いをありがとうございます。
  荷物

■残すは洗濯機やストッカーの大物だけ
土曜日にちゃまめさんと西田さんがお手伝いに来て下さいました。本当に助かりました。ありがとうございます。

180331_1508~05 180331_1508~02
家屋が少し道路にはみ出しているため登記ができないお宅をお借りして当面、荷物を置かせて頂く事になりました。

180331_1542~02 180331_1508~01
災害時のことも考えて、ほとんどが備蓄の物資です。
    ひっこし
     車検切れでも軽トラを買っていて正解でした!
(公道を走らなければ大丈夫です)   

180331_1542~01 180331_1508~03
貴重な休日をありがとうございました。

180331_1508~04
おかげ様で、かなりの荷物を移動できました。
あとは品物別に整理するだけです。
問題は洗濯機の設置場所がないこと・・何とか工夫しないと・・。


      toto.png

180331_1354~02 180331_1354~03
時々コメントを下さるちゃまめさん(向かって左)と西田さん(右)。


180331_1353~04 180331_1338~01
仔猫たちの排泄のお手伝い、ありがとうございました。
180331_1353~05 180331_1352~01
これから仔猫たちの譲渡予約を受け付けます。

180401_2022~01 180401_2022~02
差し入れと猫ポーチの購入をありがとうございます。
  
     猫トリオ
        早くお家が決まるといいなー


■ポーチの売れ行き好調です。
岩下さん製作のポーチが人気です。残り5個となりました。
180331_1354~04
土曜日にいらっしゃった方はポメラニアンを飼っているので猫は飼えないとのことです。
猫好きの友人へのプレゼントにポーチ購入されました。

        花
        「お買い上げありがとうございます。」


■日曜日は賑やかでした。

180401_1504~04 180401_1503~02
いっちゃんパパご一家。
天気も良く、楽しくバーベキューをされていました。


180401_1504~01
早坂さんご夫妻。
コストコのフード10袋を頼んでいましたので、それを運搬して下さいました。
更にローストチキンとパンの差し入れも・・ありがとうございます。
ご主人よりポシェットタイプのリクエストがありました。
(岩下さん、ご検討をお願い致します)


180401_1504~03
山中さんご夫妻。
いつも猫部屋のお掃除をありがとうございます。

     猫だんご


■扉の無いプレハブを設置      
同じ別荘地内に転がっていたプレハブを不動産会社から譲り受けたものの、裏庭に設置することができず諦めていました。

180401_1615~03 
 経費節約のため利用できるものは何でも使います。
皆さんで運んで下さり感激!!


180401_1611~03180401_1615~02
偶然いらした鷲尾さんと伊東さんもお疲れ様でした。
      180401_1614~01
濡れてもよい猫トイレやケージ入れに使いたいと思います。
皆様のお陰です。ありがとうございました。
入り口はこれから工夫します。


        泣き猫
         又も猫天国からの召集がかかったんだね・・


■ゆのままさんより
風邪で花見をキャンセルし、風邪が回復した後、一人で桜ドライブをして来たそうです。

サクラ
駒沢公園付近の桜並木。

桜
毎年、綺麗な桜の写真をありがとうございます。

さくら
サロン周辺には桜がないので少し寂しいです。


     ありがとう
     不思議・おもしろ写真もあったら送ってね。


      仙台は31日が開花  
  
       花とだんご


■ 名前は紬(つむぎ)ちゃんになりました。
お隣のお子さんがルナちゃんという名前なので改名し、愛称はムギちゃんと。
IMG_20180323_172007.jpg
ワクチン接種を済ませ、健康チェックもOK!

IMG_20180321_091655.jpg
サロンでは居場所が定まらず、脱走に燃えていました。
     威嚇
     威嚇されてばっかり・・

IMG_20180321_121313.jpg
他の猫に気兼ねすることなく、自分の居場所が定まり、落ち着いた表情ですね。

IMG_20180318_204322.jpg
「居心地いいわー」


     よろしく



■くっきーさん、お久しぶりです。
四ヶ月ぶりの来場ですが、初めて会う猫が多いので挨拶しまくりでした。
180328_1402~01 180328_1403~01
飼い主が入院のため預かっている長毛の茶トラ君はすぐに挨拶に行きました。

180328_1403~02 180328_1402~03
上の子と兄弟です。


180328_1339~01 180328_1340~02
第二猫部屋と第一猫部屋の掃除をありがとうございました。


180328_1339~02
    花びら

180328_1341~01
いっちゃんパパも廃材処理に来て下さいました。

180328_1600~01 180328_1601~01
仕事後のティータイム。
写真を撮ろうとすると、皆あさっての方を見てしまいます。
(あさっての方を見るとは、「オラ、知らねー」というように意図的に顔をそらている状態の時に使っていますが、これは方言?)


180328_1603~02
仕事の合間に来て下さった鷲尾さんにべったりのマイケル。
     
180328_0120~02 180328_0120~01
いっちゃんパパがマイケルと命名して下さいました。
これからは茶太郎転じてマイケルと。
性格はピカイチ・・お勧めのオスです。

    
   カエル
       「お手伝い、ありがとうございました。」



■みちのく霊園さんのご縁です。

今月愛猫のみゃみゃちゃんが21歳で亡くなり、食べなかったフードなどを持って来て下さいました。
みゃみゃちゃんのご冥福をお祈りします。


 180327_1415~01 180327_1414~01
亡くなったばかりで辛い時ですが、子猫に思わず笑顔。
子猫の威力、恐るべし!!


180327_1909~01 180327_1910~01
栄養価の高いフードでオヨネさん、クーゴ、メリー優先に頂きます。
バスケットは子猫用に丁度いいですね。
みゃみゃちゃん、ありがとうございます。


     泣き猫
      「天国の仲間たち、ありがとう・・」
       (サロン猫一同より)




■なぜにこんな所で・・

180327_0955~01 180317_2319~02
暖かくなって来たので朝一番にデッキに出るチャチャですが、理解に苦しみます。

180327_0954~02
持ち上げても動じることなく・・

     ひっこし
     チャチャは車の上もお気に入り。




★ 早坂さん、チャック付きのポーチです。
   まだ在庫がありますので予約できますよ。 


★ 中村さんへ
 お問い合わせありがとうございます。
残念ながら秋田犬の譲渡はすべて決定しております。


花見



      動物は人間の気持ちを読む
女の子
          そして恩を忘れない




■みちのく動物霊園様より供物の提供がありました。
お供え物が溜まったとの連絡があり、頂いて来ました。
缶詰やおやつが6箱も・・本当に助かります。
ありがとうございました。


180313_2206~02
天国にいる猫ちゃん、犬ちゃんありがとうございます。


★代表の工藤さんから聞いた話を紹介いたします。
以前、初めてみちのく霊園さんに伺った時に待合室に置いてある絵本の話をご紹介しました。天国にいるベットたちは生前可愛がってくれた飼い主が亡くなると、それまで居た動物天国から飼い主を迎えに出て、一緒に虹の橋を渡り、共に本来の光の存在になる・・という内容。正にそのような話です。代表の工藤さんも愛犬を亡くしましたが、愛犬の友達の犬(ご近所のルルちゃん)も亡くなり、それでも時々飼い主同士の交流はあったそうです。
ですが1ヶ月前、奥様からご主人が突然死したとの連絡をもらい、告別式に行って来たのですが、その後に奥様から聞いた話では、ご主人は亡くなる兆候は何もなかったとのことでした。しかし、死後に書置きを見つけ、そこには「自分が亡くなっても亡くなったルルちゃんが迎えに来てくれるから心配ない」、「みちのく霊園の工藤さんに自分の死亡を連絡をして欲しい」と書いてあったとのこと。「主人は自分の死が近いことを予感していたのではなかったか・・数日前に親戚の来客があった時、普段は無口なのに、その日は今まで見たことがないほど饒舌に幼少期からのいろんな話をしていたのが印象的だった」と。その後も奥様は外出中にご主人一人で逝かせてしまった事を後悔し続けていて、この話をたまたま霊園を利用している人(霊能者)に伝えたところ、「ご主人の息を引き取る最後の気持ちは、やはり奥様に家に居て欲しかったということ」、「ご主人が息を引き取った時、ルルちゃんがそばに居て、お母さんがもうすぐ帰って来るから目を覚まして!!と一生懸命ご主人の顔を舐めていた」との話。
奥様があまりにも自分を責めているので工藤さんは「ご主人は一人で逝ったのでなく、ルルちゃんがそばにいてくれだんだよ」と伝えてあげたそうです。もちろん、ご主人の最後の気持ちは伝えずに・・

       こたつ猫
        「いいお話ですね」

鳥ライン

★ 「自分が亡くなる時には先に逝った子が迎えに来て欲しい」と思っていらっしゃる方も多いと思います。私もその一人。工藤さんの話しを聞いて、やはりペットは大切にしてくれた飼い主の死の間際には居てくれるのだと確信しました。それほどに犬や猫たちは愛情深く、飼い主を慕っているのです。
「うちの猫はツンデレで甘えてくれない・・」という方、そのような猫こそ思いもよらない力があるかもしれませんよ。ペットは飼い主の命の危機を察して知らせたり、時には身代わりになったり、憑いている悪いものを取ったり、いつも飼い主を守ろうとしているのです。
だからこそ、ペットが亡くなった時には悲しみよりも感謝が大切! 
 悲しみは伴うけど、それだけではペットは喜びません。 悲しみを乗り越えて、感謝、感謝・・「楽しい思い出をありがとう、守ってくれてありがとう」という前向きな気持ちでペットを天国に送ってやることこそ飼い主の務めなのだと思います。


サクラつくし
      「ペットは死後も守っているんだよ」


■里親さんが遊びにいらっしゃいました。
猫部屋の掃除をして下さった上に、寄付金まで頂戴して恐縮です。ありがとうございました。

180311_1401~01 180311_1539~03
画質が悪くてすみません。

180311_1446~01 180311_1539~05
タラママさん。
いちご

180311_1400~01 180311_1358~02
シオンママさん、爪とぎの寄付をありがとうございました。

180311_1358~01 180311_1445~01

180311_1541~01 180311_1541~02
ソラ君、接客係りなのに御菓子のおねだりに忙しいようで・・
   
        だめかー
     「もらえないかぁー・・」(ソラ)



■支援物資をありがとうございます。

180312_1234~01 180312_1235~01
日曜日にちゃまめさんと西田さんがタヌ君とあかりちゃんの面会に見えました。いつも鶏肉の差し入れを持って来てくれるので、この日は外猫にとってはごちそうの日。


鳥ライン


180311_1930~01 180311_1928~02
昨年9月にいらっしゃった亘理の堀原さん。
数日前に猫砂も送って頂き、またまた届きました。


180311_1927~03 180311_1928~01
新しいものはすぐにチェックのモーモー。
今月末には四駆でなくても大丈夫になるでしょう。
再訪お待ちしております。


    眠り猫
          ベッドが増えたー