2018.06.06 仔猫続々・・
  
        出産は今がピーク
      猫顔
        元気に育ちますように・・



■母猫が忘れて行った?
会社の倉庫の棚で出産した野良猫が引越しをする際に、棚から落ちた2頭の仔猫を残して移動してしまったようで、その後姿を現さないのでどうしたら良いものか・・とのご相談でした。
保護された方から仔猫のための医療費を寄付して頂き、ありがとうございます。

180604_1952~01 180604_1951~01
生後10日位の三毛と白黒のオス。
三毛ちゃんは目が開いています。


180604_1949~02
白黒君はまだ目が開きません。
     ミルク
       
180606_0318~01 180606_0320~01
力強く上手にミルクを飲むので順調に育つと思います。

         力
        「よっしゃー!!」



■小牛田から6頭

里親さんの勤務先の倉庫で野良ちゃんが出産。
だけどオーナーさんが仔猫たちを捨てて来ると言うので、保護依頼がありました。
危機一発!


180605_1638~01 180605_1637~05
三毛2頭(メス)・キジトラ1頭(メス)・キジ白1頭(メス)
 白茶2頭(オス)


180605_1636~02 180605_1637~03
生後1ヶ月位で、離乳食開始。
寄付して頂いたミルクは補助的に使用します。ありがとうございました。


        鈴
180605_1955~02 180605_1955~01
    キジ白のメス。

180605_1636~01 180605_1637~04
                       ただいま威嚇中!
180605_2001~03 180605_1634~01
     即席ママの春ちゃん、出番です。
 
親子
   私がいるから大丈夫よ。



■高森5丁目の迷子
脱走してしまったテンちゃん。高森5丁目付近にお住まいの方、見かけましたらご連絡をお願いします。

20180604テンちゃん 
テンてん
外世界が始めてで、恐らく怖くて動けないでいると思います。寄付して頂いた捕獲機をお貸ししていますが、昨日野良が入っただけでその後変化なしとのこと。
テンちゃん、入ってくれるといいのですが・・

    はじめまして
    ご近所の方、ご協力を・・



■仔猫にとってストレスは大変!
180604_1952~02
野良ちゃんの子で人馴れしておらず、嘔吐と下痢が見られたので受診。40度の熱もあり、感染症を疑って検査しましたが結果はマイナス。考えられるのは急激なストレスとのこと。
母猫と離れた上に環境の変化で一気に体調不良に・・猫は本当にストレスに弱いです。
特に仔猫と老猫は命に関わります。


180604_1952~04 180604_1953~01
時々一緒に遊んでいるので何とか回復して欲しいです。
グレーの八割れちゃんは20日にお迎え予定です。

    
    トイレ猫
      ストレス症状は猫も人間も同じなのだ。



■短い命でした。
2日前、急死しました。ミルクを飲んでもお腹に張りがなく、嫌な予感がしていました。

180530_2210~01
亡くなった時お腹がプヨプヨしていたので腹水があったのだと思います。先天的な消化器官の異常で、やはり母猫が野良だとこのようなケースが多いようです。
オヨネさんの傍に埋葬しました。一緒に天国に連れて行ってくれるでしょう。

                 
      トラ
       オヨネさん、お世話になります。



★ 今月半ばに更に8頭の仔猫が来る予定です。

   そこで大変厚かましいお願いなのですが、もし差し入れして頂く際には、ロイヤルカナンの離乳食かスペスフィックの高栄養缶詰だとありがたいです。以前、ユキママの菅井さんに頂いたスペスフィックの高栄養の在庫がまだ少しあるのですが、この頭数の勢いですとあっという間に無くなる見込みです。


          はじめまして
     申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。


スポンサーサイト
       だんだん増えてくる・・
      猫顔
       余力のある方いませんかー?


今朝、玄関先にダンボールに入って捨てられていたとのことです。保護宅ではすでに11頭の猫を飼っているのでこれ以上増やせない、と保護依頼がありました。
猫を飼っている優しいお宅と知った上で頼られたのでしょう。


180519_1221~01 180519_1222~01
みんな状態が良く、明らかに野良の子ではないです。
元気で人慣れしているのですぐに譲渡可能です。


180519_1223~02 180519_1214~01
小粒のカリカリは大丈夫です。
    天使5
      よろしくお願い致します。  

★里親募集でーす

180519_1208~01 180519_1222~04
③ メス

180519_1208~03 180519_1222~02
④ メス
       輝輝坊主
        「みんな可愛いよ」

180519_1210~02 180519_1222~03
⑤ オス

180519_1209~02 180519_1245~01
⑥ オス

180519_1224~01 180519_1224~03
「う~ん・・」            「出た?」
トイレも大丈夫です。


       里親
        仔猫なら先住猫とも大丈夫かしら・・



■猫の幽体離脱第二話

早坂さん宅に譲渡されたクロちゃん。元の飼い主のSさん(奥さん)から数日前に電話がありました。
すでに早坂さんにもらわれていったことは伝えていましたが、「クロちゃんは元気ですか?」と聞いてきました。
クロちゃんを譲渡したことを忘れているのかしら・・と思いましたが「新しい飼い主さんの所で元気にしていますよ」と伝えると、「亡くなったのではないかと思って・・」と言うのです。なぜそう思ったのか理由を尋ねると、これが驚き!!
「クロちゃん、毎晩布団の上に乗ってくるから亡くなったのではないかと・・」。


       クロ
       「毎晩おじゃましています・・」

クロちゃん、いつもSさんの布団の上で寝ていたそうです。しかし、3年前にクロちゃんを戻してからというもの、クロちゃんにすまないという気持ちと寂しい気持ちとで、爪とぎや食器を処分することができずにそのままにしているということです。そしてクロちゃんは決まって3時半になると布団に乗ってくるそうです。


猫の幽体離脱の話はこれで二回目。クロちゃんが戻りたいのではなく、Sさんのクロちゃんを思う気持ちがあまりに強いためクロちゃんの魂を引き寄せたのではないかと思います。「猫は熟睡している時に魂が遊びに行っている」という話を聞いたことがありますが、まさにその通りです。もちろんクロちゃんを戻すことはできないので、新たにミミちゃんを迎えることをご主人と相談してみるように伝えました。
ミミ
高齢のミミちゃんを看取ることになるかもしれない旨も了解して頂きました。

ご高齢なので飼えなくなった時はサロンに戻してもらうということで余生を猫と楽しく暮らしてもらいたいと思います。しかし、娘さんはペットを飼うことには反対。現在まで連絡がないということはご主人にも反対されたのだと思います。
飼い主の早坂さん、3時半頃のクロちゃんの様子をチェックしてみて下さい。 


         サーフィン
          今度はサーフィンでもすっか・・





    また仔猫が来たよ

      猫たち


■里親募集

 中山にお住まいの方からのご相談です。
敷地内で野良ちゃんが4頭の仔猫を生み、母猫に餌をやっていましたが、ご近所からクレームがあり「保健所に連れて行け」と責められているとのことでした。とりあえず2頭が捕まり、残りの子は母猫がしっかり守っているのでダンボールから取り出せないとのことで、後日に捕獲できたら追って2頭を迎えます。

180518_1638~02
まだ警戒して固まっています。
生後45日位の子たちです。


180518_1638~01
① メス

180518_1637~02
② オス

     女の子
       もう大丈夫だからね・・
     

    ご希望の方はご連絡下さい。
        080-3018-5209



■初めてのご来場

ブログをご覧になっての来場です。

180518_1028~02 180518_2319~01
チーちゃんの飼い主さんと知り合いとのことで、チーちゃんの写真を撮っていました。飼い主さんは現在施設に入っているそうです。チーちゃんの元気な姿を見て安心してくれるでしょう。

180518_1026~01 180518_1026~02
手作りポーチをブログで見て購入を検討中・・
途中でモーモーが邪魔しに来ました。


       蝶
        お気に入りのがあるといいね。

180518_1027~01 180518_1131~01
どれにしようかしら・・。     「これに決めました!」
    180518_1819~01
     猫砂の支援をありがとうございました。

            ありがとう猫
             お買い上げありがとうございます。



■里親便り
山形の里親さん宅で譲渡されたメスのさくらちゃんとオスのエゴマ君が夫婦となり、5頭の仔猫が誕生しました。
母子
赤ちゃんを産ませたいのだけど・・と相談がありました。仔猫の里親さんはすでに決定しているとのことですので、問題なし。猫の子育てから学ぶことは多々あります。

仔猫
パパのエゴマ君は白茶ですが、白茶の子がいないということは、母猫の遺伝子の方が強く引き継がれたということですね。唯一、三毛ちゃんの茶にパパの遺伝子の茶が出ています。


チビ2
愛猫の子供を見てみたいという気持ちも理解できます。育児が終了したら避妊する予定とのことです。

チビ


チビ3
私も孫を見るような気持ちです。

       猫一家
       みんな元気に育っています。


■お疲れ様でした。
水曜日、いっちゃんパパが裏庭の廃材を処理して下さいました。

180516_1727~02 180516_1727~03
いつも綺麗に並べて下さってありがとうございます。
今日は寒いくらいで1日中ストーブを焚いていました。




■猫と犬、どっちが自己アピールする?
猫との生活で感じるのは、自己顕示欲が強く、自己アピールが強引。メリーは視線に入るようにさりげなく傍に来ますが、あまりかまってもらえないとすぐに寝てしまいます。

180512_0646~01 180512_0646~02
バイトの校正をしていると、これみよがしに邪魔をするモーモー。

         猫ハート
          いつもボクのハートを感じて!


★クーゴも結構しつこい・・
180518_1820~01 180518_1821~03
セミのようにへばりついて来るクーゴ。
離してもすぐにしがみついてきます。


180518_1821~02
忙しくてもこのつぶらな瞳で見つめられると・・

        天使
        猫によって甘え方が違うんだね。



■ゆのままさん撮影
連休にいらした時、散歩しながらサロン周辺を撮ったとのこと。
見慣れた風景も、綺麗な写真で見ると素晴らしい・・

DSC_1001.jpg

DSC_0800.jpg

     いちご
     こんな可憐な花があったなんて気がつきませんでした。

DSC_1055.jpg
 サロンに通じる林道

DSC_0500.jpg

        キツネ
         これから一番いい季節だよー!    



★ 薪ストーブに関して
いろいろアドバイスをありがとうございます。冬のピークにはストーブの温度を250度から300度に保たないと室温が20度にならず、断熱材のない30畳の部屋を暖めるには苦労です。乾燥した太い薪が温度上昇には一番ですが、残念ながら湿った自然木が多く、乾燥が不十分だと室温が上がりません。ですので頂戴する太い建材がとても貴重です。
それと豆炭が多量にありますので、併用することで室温の保持に有効だと最近気がつきました。
今後とも皆さんのご意見を参考にさせて頂きます。

         薪割り猫
          「猫も手伝えっー!」ってか?


     黒チビちゃん、里親募集でーす。
      よろしく


■3ヶ月半の姉妹です。
2ヶ月位で保護し、1ヶ月里親探しをしましたが行き詰まり、APの管理人にバレて退去を命じられ、保護依頼がありました。
仕事で山形に行った時に道路脇に3頭が固まっていたとのことです。


180415_0736~01 180415_0737~01
① メス・ワクチン済み

180415_0754~01 180415_0754~02
② メス・ワクチン済み
花びら

180415_0755~02 180415_0755~01
③ メス・ワクチン済み

      蝶

姉妹ですが、お互いあまり仲良いという訳ではなさそうで、お互いに威嚇し合っています。
保護宅では仲良しだったとのことですので、経験のないケージ生活と環境の変化がストレスになっているのだと思います。


  ご連絡お待ちしております。  080-3018-5209

      だめかー

            見分けがつかない・・


■ママちゃん、少し食べ始めました。

180415_0915~01
2回目の通院後、少しですが食べました。でも熱が40.5度もあり、まだ安心はできません。
エイズは陽性ですので、エイズの発症に伴う膿胸かもしれないとのこと。
回復には時間がかかりそうです。


180415_0916~01
「なに盗み撮りしているのよっ! 

180415_0916~02
 「まったく・・」

        猫泣き
    少しでも食べてくれてありがとう・・


■長毛君は人気者?
金曜日に猫カフェ「ニャンズ・カンパニー」さんへお試しで行きました。
180412_0004~02 180412_0007~02
仔猫たちに囲まれ、匂いのチェック洗礼を受けて超ービビッていました。みんなと仲良くなってくれることを願っています。


  180412_0003~01
 兄弟のクロちゃんは猫カフェ「音音猫」さんがお見合い予定です。

          おすまし
   長毛は猫カフェさんに人気よねー


■ほのぼの??
180407_1330~01 180407_1330~03
猫嫌いのチーちゃんですが、同じ八割れだからなのか怒りません。
並んでいると、ひ孫のように見えます。


180408_1016~01
去勢していても若い子には一応乗っかってみる?
第一猫部屋はメスが多く、ハーレム状態。
ビリオは若いメスには目がないようで・・画面端のパステルミケちゃんともいい仲です。


      ボケ猫
       「ビリオ・・ほどほどにしろよ・・」



    今度は大きい子です。
    バイカラー
      ヨロシク!!


■1歳の兄弟です。
飼い主さんが入院のために4ヶ月間預かっていましたが、今後は飼育できそうにもないとのことで、里親募集となりました。

180412_0007~02 180412_0006~01
長毛のオスでとても甘えん坊さんです。

180412_0004~02
去勢手術・ワクチン済みです。


180412_0002~01 180412_0003~01
この子も長毛のオスで去勢手術・ワクチン済みです。

    スプリング猫
     兄弟一緒だといいけど、別々でも大丈夫です。




■膿胸という重症でした。
猫部屋にいるママちゃん、どことなく元気がなく、食欲もない様子でしたのでサロン内に移動して様子観察をしていましたが、やはり摂食がなく、呼吸も速く浅いので体調が悪いのではないかと顔を覗き込んだら、声を出さず、口をパクパク。「助けて・・」という気持ちが伝わってきました。
水曜日は午前中で診察が終了するので、急いで病院へ。


180411_1221~02
レントゲンでは胸内は水で真っ白。肺は水で圧迫されて小さく写っています。
これでは呼吸が苦しいはず・・重篤な状態でした。


180411_1214~01
膿の混ざった水がこんなに取れました。
「これでは苦しくて眠ることもできなかったはずです」という医師の言葉に胸が痛みます。


180411_1818~01 180411_1817~02
帰宅後、ゆっくり休めるようにケージを布で囲いました。

      安静
            安静が必要です。

ママちゃん、少しメタボになったかな・・と思っていましたが、メタボではなく水が胸に溜まっていたのです。長毛だと身体が大きく見えて、体の変化に気がつくのが遅くなってしまいがち。あまり食べないのに太った、食べているのに痩せてきている、という場合は何処かに問題があるかもしれないので一度受診することをお勧めします。
もっと早くに異常に気がつけば・・と思いましたが、異常に気がついた時点ですでに重症化していたというのが今回の事例です。
身体が小さい猫は、1日発見が遅れるのは10日間放置しておいたのと同じということが本に書かれていましたが、本当にそうだと思いました。

    ガーン
       こんなになっていたなんて・・

★ 膿胸(のうきょう)とは? ★
  胸の中に膿が溜まる病気で、犬に比べて猫に多い。病気の初期には症状があまり見られず、呼吸が多少荒いなどの軽い症状しか現れないこともあり、飼い主は病気の発生に気がつかず、症状を悪化させることがある。重症になると呼吸困難をおこしてあえぐように呼吸し、元気や食欲を失う。呼吸器感染などをおこしている場合は咳や鼻汁などのほかの呼吸器疾患の症状が同時におこることもある。
原因は、事故やケンカによるケガ(=爪が入る)、強い咳などの衝撃によって胸壁や気管、肺などに穴があき、そこから細菌が胸に入り込み、胸の中に膿が溜まる。治療としてては、抗生物質の投与、針を刺して胸から膿汁を出すなど、症状が完全に消えるまで何度か続ける必要がある。
>

病院から頂いた資料を紹介しましたが、多頭飼育の場合はケンカで爪や牙による傷から思いもよらない症状になることがあるので常に様子観察を心がけなければならないという今回の教訓です。

  泣き
   1日食べなかったら病院に連れて行って。             



■里親さん便り

2年前譲渡になった、サロン1の美猫のメルちゃん。
看板を見て引かれるようにご主人がいらっしゃって一目惚れ。


メル1
「縁のある子を探していました」というご主人。

メル
お嬢様扱いされているのでしょうね。

     おすまし
      愛情をかけられるとみんな光るのよ

メル2
先住猫のテトちゃんとも仲良し。テトちゃんは塚区の酒屋の駐車場で生まれ、酒屋のおばさんが作ったダンボールハウスに住んでいたそうです。3頭の兄弟は皆交通事故に遭い、たまたまおばさんに会った時に「この猫を飼って・・」と渡され、飼うことになったとのことです。

メル3
7歳のココちゃんは真夏の暑い日に道路脇に倒れていて、近づいたら一旦逃げたのですが、その後足にスリスリして来たのでそのまま飼うことに。広瀬川に捨てられた子だったということが後でわかったそうです。保護当時は950gだった体重が、現在では10キロの巨体に。
テトちゃんもココちゃんも赤い糸で繋がっていたのでしょうね。

     神様
      「猫は幸せを運んでくるのだよ」



★佐賀さん、コメントありがとうございます。
ミケお母さん、安住の場所を得て今頃はのんびりと過ごしていると思います。
キキちゃんも大きくなりましたので是非面会にいらして下さい。



★ suzuさんへ
私も昨年から車のトラブルが相次いでいましたが、大難にならないための小難と考えて時期が整いましたら是非ご来場下さい。


   仔猫
    ご来場、お待ちしております。