雪解けとともにお客様も
   ラブ猫
    新入りさんのご紹介です


■サロンに迎えて3日目ですが、様子を見てから里親募集の掲載をするつもりでしたが、本日内定しちゃいました。

170319_2336~01 170318_2348~01
先日、ご紹介したチャリティーコンサート主催の吉川さんが保護したメスです。野良ちゃんらしい・・ということでしたので里親募集はまだ先と思っていましたが、2日目で甘えて来るようになったので飼われていた可能性が高いです。

170319_2335~01 170318_2346~03
里親募集は大丈夫、と確信して本日掲載予定でしたが、なんと、本日内定しました。

170319_2330~01 170318_2345~02
まだ1歳未満と思われる大人しい子で性格も太鼓判!!
パステル三毛のメスで、ナナちゃんと呼ばれていました。


マリリン
「美猫から決まるのよねー」



■ペット可のアパートに引っ越してお迎え万端!!

170320_1429~02
中央の山中さんご夫妻が本日偶然いらしてナナちゃんに一目惚れ。
これがご縁というものですね。当然、トライアル期間を設けますのでお迎えをお待ちしております。


170320_1426~01 170320_1428~02
2月末に引越しをされて、本日ナナちゃんとの出会いがあって・・早い展開です。
山中さんご夫妻はこれまで度々サロンを訪れていらっしゃいました。光君が亡くなる間際にも見舞いに来て下さって、光君を外で抱っこし、涙されていたのを覚えています。その節はちゅーるの差し入れをありがとうございました。 


170320_1428~01アビシニアン
ご主人の妹さんもチロを抱っこ 


      看護婦
        「明日ナナちゃんのワクチンを致します」



★ 譲渡に当たっては、ノミ・ダニ駆除と検便は当サロンで行いますのでご負担はありません。エイズ・白血病検査は希望される場合は当方で行いますが、陰性の時のみ実費をご負担して頂きます。陽性の場合は譲渡をキャンセルして頂いて結構です。
(内定の場合は譲渡まで期間がありますので検査は可能ですが、中には検査しなくても良いという方もいらっしゃいますので、その都度相談していきたいと考えております。)



■3年前に譲渡した里親さんが古川から見えました。

170320_1316~03 170320_1317~01
3年前に古川で開催された譲渡会に参加した時にキジトラの仔猫の里親になって頂きました。ココアちゃんと命名され、先住猫が母性本能を発揮して可愛がってくれたとのことです。

170320_1327~01 170320_1317~03
息子さんは超猫好き・・海をすんなりと抱っこ

170320_1329~02 170320_1332~01
ルナちゃん釣りに成功!

170320_1316~02 170320_1317~02
パパさんも素敵な笑顔です。

170320_1339~01 170320_1340~02
 「猫に囲まれて幸せだっー」

170320_1429~01
息子さん、カメラマン顔負けの出来栄えでした。

メタボ猫
   「また来いよなー」(海より)



■チャコとモモちゃん受診です。
170319_1810~01 170319_1809~01
鼻づまりと口内炎で食べられず、脱水症のため点滴をしました。高齢なので免疫力も低下気味・・しばらくはケージで様子観察が必要です。
病院で退院サポートを水で溶いたものを口にしたのでサロンでも試みてみます。



170319_1825~01 170319_1826~01
モモちゃんも鼻器官炎で点滴とインターフェロン注射。
退院サポートで栄養補給しなくちゃ。


      ベッド猫
     「静養してね」


■フェリシモの助成金でフード購入しました。
170320_1216~01
 ロイヤルカナンの体重コントロールと高齢猫用フードを購入。やはり食いつきが違います。
 ご支援感謝致します。ありがとうございました。



   お花
      「みなさんのおかげで猫たちも幸せです」


スポンサーサイト
新入りさんは可愛いお嬢ちゃまでーす

    夢見る猫


■東松島から迎えたミミちゃんです。
一緒に飼っているトイプードルがミミちゃんに攻撃しかけて来るので、これ以上関係が悪化するのを避けようと里親探しの依頼を受けました。

170312_1802~03 170312_1803~01
  3歳で避妊手術、ワクチン済みです。

170312_1802~01 170312_1802~02
とても大人しく、初めて飼う方にはお勧めの子です。

170312_1845~01
馴れるまではケージ生活ですが、様子を見て第二猫部屋に移動させる予定です。

  乙姫猫
「ご応募お待ちしておりますわ」


■里親さん便り
愛護センターからゆず君たちと一緒に迎えた茶トラ君。
加美町の青木さん宅ではのんびり過ごしているようです。


IMG_20170118_150434.jpg IMG_20170118_150144.jpg
譲渡間もなくのお家での様子。

IMG_20170312_180810.jpg IMG_20170312_180122.jpg
サロンではいじめられていたためストレス性嘔吐が続いていたのですが、譲渡後は嘔吐はないとのことで安心しました。
昨日去勢手術を無事に終え、今日はほっとしているとのことです。
IMG_20170312_180849.jpg
(容量が大きすぎて画面からはみ出してしまうのでこのサイズになってしまいました。
すみません)

170110_1741~02 170110_1738~02
サロンに来た日はおどおどしていました。



ラブ猫
  「ボク、幸せだよー」


■オヨネの恋?
先日、デッキでオヨネと野良君(ノラオと命名)がいい雰囲気になっていたのを目撃。すぐさまノラオを追い払ったのですが・・

170312_0853~02 170312_0851~02
 オヨネはいるか?」 「どちらさんで?」(クーゴ)

170312_0850~01 170312_0855~02
「あら、あんた来たの?」 
嬉しさを表すかのように戸にスリスリするオヨネ。


170312_0855~01
「ねぇー、私を出すか、ノラオを入れてあげて」(オヨネ)

170312_0853~03 170312_0852~01
オヨネさん、諦めて下さい・・

      スゲー
         「オヨネ、スゲー!」

    マリリン
   「老猫の魅力ってものがあるのよ」

猫の円陣里親募集中!猫の円陣



猫とケーキサビちゃんでーす
161216_1831~01 161216_1835~01
① 推定4ヶ月のメス・ワクチン済み
甘えん坊で猫じゃらしが大好き。


161216_1836~02 161216_1836~01


クロ猫リボンクロちゃんでーす

161217_2243~01 161217_2245~01


161216_1832~01
②推定3ヶ月のオス・ワクチン済み
やんちゃで甘えん坊。


猫の食事ピーチちゃんでーす
161216_1820~01 161216_1826~02
161216_1821~01
③三毛のメス(長毛)・推定5ヶ月・ワクチン済み
おとなしい。⇒里親決定


雪だるまと猫 ラムちゃんでーす

161216_1819~03

161216_1819~02 161216_1819~01
④ラストグレーの長毛メス(③と姉妹)・ワクチン済み
おとなしいです。⇒里親決定




「さむっ・・」猫マフラー

サロンでは仔猫の里親が皆決まったので、里親がなかなか決まらない4頭を愛護センターから本日迎えました。クリスマスとお正月を暖かい家庭で迎えさせたく、皆様からの里親の申し込みをお待ちしております。

よろしくカエル

国旗ライン


にゃんこ フット回復しました。
これまで膿がひどかったのですが、ようやく穴が塞ぎ、膿が止まりました。
161214_0202~01

161214_0201~01
 
     クッション猫 
    「やれやれ・・良かった」

ハートライン


トナカイ
「オヨネさん、脱走して寒さが身にしみたようで・・」

161215_2023~01 161215_2023~02
外から中に入るなり・・よほど寒かったのですね。
161215_2030~01
   
    お母さんと猫
    「オヨネ・・起きなさい」


ケーキライン

■里親さん便り
松良ひなたちゃん、「発情が来たらしく、避妊手術を終えました」と画像が添えられて連絡がありました。

IMG_20161214_172958.jpg
 おしゃれなカラーですね。
IMG_20161213_165757.jpg
写真ありがとうございました。
容量の関係でこのサイズに・・すみません。



■やはり離れられない関係・・
161214_1244~01 161214_1243~04
リリーの愛情は海より深し・・
161212_1844~01 161214_1243~02

 ん・・??
161215_2351~01
リリーがいない時は・・ 



   クロ猫と月
「お月さん・・ボクたちを見守っていてね」


2016.12.07 新入りさん2頭
里親募集中
   ペンギン
  「ゴージャスな新入りさんだぞ・・」

■本日、石巻保健所より2頭が仲間入りしました。

見合いを希望の方はコメント欄に連絡先を明記して頂くか、携帯電話にご連絡下さい。

      080-3018-5209   安倍


161207_2016~01 161207_2017~02
① 1歳から3歳位のアメリカンカールのメス。
ワクチン済み・マイクロチップ有。


161207_2017~01 161207_1949~02
おとなしく、マイペース。

161207_1839~01 161207_1838~02
② 2歳から4歳位のキジ白のメス 
超ビビリ屋さんのため多少威嚇あり。
長い目で見て下さい。



怪獣ライン

■伊東さんよりポニーの差し入れ
ありがとうございます。

161205_1423~01
最初に食らいつくのは・・・?

161206_1821~01 
「ん?」 

161206_1821~02 161206_1819~02
「なんだ、こいつ!!」

161206_1822~01 161206_1821~03
「うりゃー!!」

161206_1834~01 161206_1822~02
多少やんちゃですが、性格の良さは保証します。


ハートライン

■モモちゃん、元気ですよ。
161205_1016~01
部屋に入るとこたつの中に逃げますので、ガラス越しに撮影。

■膝の上は満員御礼
161206_1117~01 161206_1117~02
リリーとマリとクーゴで重し・・

161206_1125~01 161206_1118~02

     ふくろう
     「みんな仲良くしてね。」
  

にゃんこ
 Rinoさん、コメントありがとうございます。
ご丁寧なコメントを頂きましてありがとうございます。力及ばすで本当に残念です。
頂戴した支援金はまゆみちゃんの医療費に使用させて頂きました。ありがとうごさいました。
バス通りまでバスで来て頂きましたら、看板の所まで迎えに行きますので是非遊びにいらっしゃって下さい。




里親募集中
      動物音楽隊
         「可愛いチビちゃんがやってきたー


■トムママの事務所(東照宮)にひょっこり現れた迷子の仔猫ちゃん・・
1ヶ月ほど里親探しを頑張りましたが、なかなか見つからず、サロンで預かることになりました。名前はJIJIジジです。
161201_0232~01 161201_1550~01
生後3ヶ月位のサビ柄のメスでワクチン済みです。
猫の受精卵は左右からそれぞれの細胞が独自に成長していくので、身体を二等分したような模様が入ると言われています。まさに、そのとおりの顔の模様です。


20161201_135239179.jpg
個性的なお顔が魅力!!

161201_1549~01 161201_1549~02
クッキーさん猫部屋掃除に来て下さったので、ジジの撮影に協力してもらいました。

161201_1550~02 161201_161252.jpg
とても人なつこくて、甘えん坊。性格の良さは保証します。

161202_0419~01 うさぎ
うさぎ用フードとチキンペーストのバウチの差し入れ
ありがとうごさいます。



黒猫
「毛色が濃いほど丈夫だぞ!」

ハートライン


■体調不良が続いています。

161130_1202~03 161130_1202~02
 サロンに来た当日から嘔吐が続いていて、受診の結果、過度のストレスによるカタル性下痢(胃腸炎)と診断。血液検査の結果、白血球が現象していましたが、パルボ検査はマイナス。胃粘膜に血が混ざったもの(重症化)を嘔吐するようになりました。腹部にストレスによる自傷行為(毛をむしる)が確認できています。
 搬送して来た飼い主の親族にそれまでの様子を聞いてみると、やはり嘔吐は見られていたとのことでした。アメリカンショートヘアはストレスに弱く、多頭飼いには向いていません。亡くなった飼い主はそれまで10頭近くの猫を飼っていて、残ったのはミカちゃんとサッちゃんということでしたので、これまでのストレスが蓄積していたところにサロンに来てのストレスも加わって症状が悪化してものと思われます。
それと缶詰を食べていたようでしたが、缶詰もアメリカンショートヘアには胃腸に負担をかけて良くないとの医師の話でした。今後はドライ中心に切り替えていかなくてはなりませんが、衰弱した現在の胃腸の状態では低カロリーの消化の良いちゅーるが適しているので光君のために頂いたちゅーるを嘔吐の続いているミカちゃんたちに使わせて頂きます。


161130_1135~01 161130_1135~02
まゆみちゃんも相変わらず嘔吐が続いています。カンピロバクターの薬が苦いらしく、飲み込まずに押し出してしまいます。注射で対応しなければならず、本日受診。脱水症防止のためしばらく点滴に通います。


161124_1357~02
サッちゃんも嘔吐が続いており、血便もみられますので状態は思わしくありません。12歳ということですが、身体機能が実年齢よりも落ちているように感じられます。痩せていて身体がゴツゴツし、膀胱炎から腎盂炎になり腹痛もあったことでしょう。高齢化した飼い主は猫の異変に気付くこともできなかったのでしょう。(気付いても病院に連れて行くこともできなかったのかもしれません)

      ふくろう
    「回復しますよう祈っています」(ふくろう一同)

怪獣ライン

■ジョイは何をする猫ぞ?

161201_0243~02 161201_0243~01
「どうやって降りればいいの?」(ジョイ)


ワンちゃんの豆知識
子犬
病院で診察を待っている間、犬を連れて来た方が夜鳴きについて医師と話をしていました。その内容が参考になりましたのでご紹介したいと思います。

 ① 夜に飼い犬が吠えることで睡眠不測になる飼い主さんも多いはず。犬は夜行性ですので日中寝て、夜に活発になり吠えます。
ですので吠えるのを抑えるには電気をつけるのも効果的とのことです。真っ暗にするのは逆効果です。それでもダメな時は睡眠剤を使用するのも解決策とのことです。

 ② 痴呆の確認⇒犬を狭い場所に誘導して様子を見ます。そのままの姿勢でバックできるようでしたらOK。どうしたらよいか戸惑うようにしている時は痴呆症とのことです。バック出来るか否か・・簡単に自宅でチェックできますので該当する方は試してみて下さい。ちなみに我が家のチワワのメリーは大丈夫でした。(私もチェックしてみる必要あり?) 




熊と雪だるま
 今年は大雪とのこと・・たくさんの薪を用意しなくちゃ