FC2ブログ
  仔猫ラッシュですが、
     TV放映に期待しています。

         テール
    問い合わせが殺到?



■多賀城からの保護依頼です。
野良ちゃんが敷地内で出産。
2頭は里親を見つけましたが、残り3頭はなかなか見つからず、保護依頼がありました。


DSCN2463.jpg

DSCN2464.jpgDSCN2482.jpg
もうすぐ2ヶ月。ちょうど今頃が譲渡に適した月齢です。
仔猫用フードと支援金をありがとうございます。


DSCN2483.jpg
手前の白茶と奥の八割れがオス。
茶トラは珍しいメスです。


DSCN2485.jpgDSCN2484.jpg
八割れ君と茶トラは少々ビビリ屋さんですが、白茶はケージから「出せ出せ攻撃」です。


DSCN2492.jpg
「お問い合わせ待っているよ」
     おやじ
       080-3018-5209まで・・




■クーゴ、最後の写真です。

DSCN2456.jpg
エイズ発症してからすでに5年が経過し、今命の灯火が消えかかっています。点滴をすると2日位持ち直しますが、3日目には歩行もフラフラ・・自力摂食は困難です。

DSCN2532.jpg
DSCN2533.jpg

DSCN2502.jpg
今はad缶を強制給仕していますが、明日には飲み込みも大変となる状況。

DSCN2503.jpgDSCN2504.jpg
生後5ヶ月位の時に3兄弟で石巻保健所から引き取り、兄弟2頭の内1頭は譲渡になり、1頭は死亡。
今年で11歳・・頑張りました。


DSCN2501.jpg
「今度は人間に生まれて来るんだよ」と声がけするとじっと見つめていました。

    虹
    安らかに虹の橋を渡って欲しいです。


■6月23日

DSCN2467.jpg
山中さんご夫妻、倉田さん、里親の遠藤さんがご来場。
仕事の後にはティータイム。


DSCN2468.jpg
「とうもろこし、うんめー!!」

DSCN2469.jpg
「えっーと、とうもろこし×焼きそば=?」(倉田さん)
      
     うんめー
    「わしは、これかよ」

DSCN2466.jpg
倉田さん、今日は薪割りをして下さいました。

DSCN2470.jpg
昨年の5月に黒の仔猫を譲渡した遠藤さん。
「もう1頭飼おうかと考えています」


DSCN2496.jpg
DSCN2500.jpg
支援品をありがとうございます。ワラワラと臭いを嗅ぎつけてきました。

    猫娘
   メスがいいか、オスがいいか・・
    お試しでトライしてみて・・



■6月24日
仙台総合ペット専門学校の実習です。

DSCN2523.jpg
「爪切りは任せて下さい」
今回はサイクルが一周して2回目。仕事の流れも把握して、手際よく進んでいきました。


DSCN2524.jpg

DSCN2522.jpg

DSCN2512.jpg
和山さんからの差し入れのコロッケを暖かいうちに頂きました。

DSCN2531.jpg
チビちゃん達のお尻も綺麗にしてもらいました。

DSCN2525.jpg
「ハイ、出来上がりました」

DSCN2529.jpg
離乳食を踏みつけて食べるのでベタベタ・・


      チューリップ
     綺麗にしてもらって良かったね。


DSCN2513.jpg
テールの爪切り・・暴れて2人がかり。

DSCN2517.jpg
「出来ましたー」


       ありがとう
      ご面倒おかけしました。


     DSCN2538.jpg
     山中さんから頂戴したジュース戴きました。


DSCN2536.jpg
和山さんもいらして、包丁や草刈、枝切りバサミなどを研いで頂きました。

    水玉


■支援品をありがとうございます。
DSCN2455.jpg
佐々木さんより、差し入れが届きました。
来客時、仕事後のティータイム時に頂きます。

       いつも




スポンサーサイト
  猫あるある・・
      開運
      飼ったら運気が良くなった!


■ガソリンを入れに行ったスタンドで・・
DSCN2453.jpg
スタンドには三毛の母猫と5頭の仔猫がいましたが、仔猫のうち、2頭が鼻器官炎でした。そのままだと悪化しそうだったので保護しました。

DSCN2452.jpgDSCN2449.jpg
毛の縞模様から父親はアメショーと思われます。
1年前に保護した子も同様でした。


DSCN2454.jpg
生後45日位のオスとメス。1週間もすれば譲渡可能です。

      ピクニック
      これから修行の旅が始まるんだ・・



■くっきーさんと鷲尾さんご来場。
夕飯を兼ねてゆっくりとした時間が持てました。
DSCN2428.jpg
 新入りさんを紹介するための写真を撮らせていただきました。 

         ハート
        猫を口実にしております・・     

DSCN2441.jpgDSCN2444.jpg
砂の差し入れをありがとうございます。

DSCN2440.jpg
DSCN2437.jpg
 猫を盾に顔を隠しても無駄でーす!

DSCN2429.jpg
 こんな素敵な写真が撮れたのですから 
     
    ラブラブ
    「好きよ!」 「僕も好きだよ・・」     


DSCN2424.jpg
鷲尾さんお手製の料理。とても美味しかったです。

DSCN2425.jpg
こちらはくっきーさん持参の料理。どれも美味しかったです。しょうがのスライスを豚肉で巻いたものはお勧めです。


       満腹
       ご馳走様でした。


■名前は「ザビエル」と・・
DSCN2421.jpg
チビちゃん、頭が真菌になってしまいました。
フランシスコ・ザビエルのヘアスタイルにちなんで「ザビエル」と命名。


DSCN2420.jpg
「チュッ

DSCN2423.jpg
「頭、大丈夫?」(エイト)
治ったら改名しないと・・このままでいい?


       猫
     飼い主さんに素敵な名前をつけてもらいたい・・



    新入りさんは長毛だどー!
      しんちゃん
       なかなかのイケメンだどー!



■多賀城から来ました。
庭先に現れた迷い猫。保護者宅には猫アレルギーの家族がいて飼うことができず、近所には猫嫌いの人がいて、猫への嫌がらせが心配とのことで里親探しの依頼がありました。
保護者の方は1年前に看板につられてフラッとサロンを訪れたことがありました。


DSCN2186.jpg
保護者の方が「レオ」君と名づけ、感染症検査を終えて下さいました。エイズ、白血病検査はマイナスです。

DSCN2203.jpgDSCN2195.jpg
推定3~4歳のオス。人慣れしていて甘えん坊です。
多くの猫がいる環境はストレスになっているようです。
早く新しい飼い主をさんを探してあげたいので宜しくお願いします。


DSCN2191.jpgDSCN2190.jpg
ただ今発情期のようで雄たけびがハンパない!
金曜日に去勢手術の予定ですので譲渡はそれ以降になります。
まずは、雄たけびの沈静を確認してからですね・・。

      しんちゃん2
      フミフミもするぞ
     


■猫カフェ「あいきゃっと」さんへ

DSCN1932.jpg
捨てられていたハチコとハチオ。
これからはみんなに遊んでもらえます。


190605_1358~02
「あいきゃっと」さんにはサロンからの先輩猫も多くいます。

190605_1354~02 (1)
サロン名ジュリエちゃんから「シャッー!!」の洗礼。

190605_1357~04
いつも優しく出迎えてくれるのは、先に譲渡になったミミちゃんです。
    
        虹
     ミミちゃん、仔猫たちをよろしくね。



■6月10日 
仙台総合ペット専門学校キャット科の実習第二回目


DSCN2126.jpg
先週に引き続き、チビ軍団の食事介助。
ほとんどが自力で食べられるようになりました。


DSCN2124.jpg

DSCN2125.jpgDSCN2128.jpg
上手に食べられるようになったクリーム君は譲渡内定し、日曜日にお迎えです。
  
       やーさん
「ミケちゃんもお見合いが入ってるでやんす」

DSCN2138.jpg
ブラッシングは順番待ち。

DSCN2140.jpg
「ブラッシングよりチューがいい!」
(私の顔にマーキングしたチロ)

           チュッ

DSCN2130.jpg
エイト君はみんなの人気者。
石川さんお手製の首輪をしてもらっています。


DSCN2132.jpgDSCN2144.jpg
千葉先生にはいつもトイレ掃除をして頂き恐縮です。
動物体温計を寄付して頂きました。受診の目安になります。


DSCN2162.jpg
第三猫部屋のピーコ君が大のお気に入りでーす。

DSCN2147.jpg
実習を終えて・・今回はお茶の時間を持てました。

DSCN2146.jpg
和泉さんより頂戴したお菓子、ご馳走様でした。
       馬
      「ウマかったでーす」

DSCN2157.jpgDSCN2151.jpg
最後にお気に入りの子と記念写真。
千葉先生はテール。佐藤さんはジア君。


DSCN2150.jpgDSCN2161.jpg
小松さんはどこでもトイレのチャチャ。

      しんちゃん3
      お疲れ様でした。



■眼鏡店でサロンのチラシを見ていらっしゃいました。
眼鏡チェーンを作って下さった亘理の堀原明日香さん。お勤め眼鏡店ということで納得。サロンのチラシを店内に置いて下さり、それを見た方が二度目の来場です。
遠方よりありがとうございます。


DSCN2106.jpg

DSCN2110.jpg
仔猫に思わず笑顔。
DSCN2116.jpg
支援物資を持って来て下さいました。
ありがとうございました。


      仔猫
      お家にもたくさんの猫がいるんだって。



■お手伝いありがとうございます。
DSCN2094.jpg
石川さん、体調が優れない時にお掃除にいらっしゃいます。「猫部屋の掃除をするとスッキリするのよねー」と。

DSCN2100.jpg
差し入れのモンプチ新製品。
これまでのフードと違って添加物なしです。


DSCN2096.jpg
ジラル、ポタポタ下痢便が落ちるのでお尻の毛は大変なことに!

DSCN2098.jpg
生後2ヶ月からずっと下痢が続いて、一番心を痛めている子です。薬が超~苦いのでなかなか飲んでくれません。性格はお勧めなのですが・・


       猫トイレ
        ジラルのトイレ掃除は大変なのだ・・



     ママー 
      捨て猫



■母猫が帰って来ません。
これまで母猫らしき姿を見かけていましたが、3日程見かけなくなったかと思っていたら、納屋で仔猫が鳴きながらヨチヨチ出てきました。お腹が空いて母猫を探しに出てきたのでしょう。母猫は喧嘩に巻き込まれたか交通事故に遭ったか・・保護したものの育てることができないと保護依頼がありました。
仔猫たちは皆元気一杯で健康状態も良いです。生後1ヶ月程度で食欲旺盛。
離乳食を食べさせることができれば譲渡可能です。


DSCN1990.jpg
DSCN1994.jpg
①三毛・メス

DSCN1985.jpg
DSCN1984.jpg
②黒白・オス

DSCN1981.jpg
DSCN1980.jpg
③ベージュのトラ・オス

DSCN1983.jpg
DSCN1982.jpg
④三毛・メス

DSCN1988.jpg
DSCN1989.jpg
⑤グレーのトラ・オス

       恐竜
       連絡お待ちしています。
  080-3018-5209




■捨てられていました。
長命ケ丘の鍼灸院の近くにダンボールに入って捨てられていました。家族に猫アレルギーがいるので飼えないとのことでサロンに連れて来ました。

DSCN1940.jpg
生後2ヶ月の黒白3兄弟。ワクチン接種済みです。

DSCN1932.jpg
八割れのオス(上)とメス(下)。見分けがつきません。

DSCN1924.jpg
手前の子はマダラ君。少々ビビリのオスです。
DSCN1927.jpg
オス。

DSCN1939.jpg
いつでも譲渡可能です。

DSCN1950.jpg

       やーさん
       「あっしからもお頼み申し上げます」


★猫カフェ「あいきゃっと」さんから八割れのオスとメスの予約を頂きました。
 良かった、良かった・・ありがとうございました。



■こちらも捨てられていました。上記と同じ方が保護。

DSCN1945.jpg
生後20日位。

DSCN1942.jpg
離乳食開始しましたが、もっとしっかりしたら個々に紹介致します。
DSCN1943.jpgDSCN1947.jpg

      きつね
       「仔猫たちも魂、ポーン」


■譲渡になりました。
くっきーさんのTwitterを見て連絡がありました。3ヶ月前に愛猫を亡くし、同じキジトラの仔猫を探していたそうです。
画像を見て「この子だ!」と・・運命の子に出会えて良かったですね。


DSCN1954.jpg
名前は萌風(モフ)ちゃんになりました。

DSCN1956.jpg

      コアラ
     これから楽しい子育てが待っているね。



■いつもありがとうございます。

日曜日ご出勤の山中さんご夫妻。接客でトイレ掃除もできなかったので助かりました。

DSCN1912.jpg
一旦治まった集団下痢でしたが、再び下痢族現る。
ジラルは慢性下痢で肛門が開いているので下痢をボタボタ落として歩きます。よってケージに隔離。
ご主人、超~臭いジラルのトイレを、すみません。


DSCN1916.jpg
手際よくお掃除して下さいます。
DSCN1906.jpg
差し入れありがとうございます。

針葉樹のペレットですが、システムトイレに充分使えます。ストーブ用ペレットとしてホームセンターで売っているようですが、今は季節外れ商品なので売り場は目立たない所にあるようです。
1袋で5~6個分のトイレに使えてとても経済的。ペレットは尿を吸収すると粉になり、トレイに落ちますのでシートでくるんでポイ。
今のところ問題はなく、もっと早くに使っていれば良かったと・・。もし、猫砂をご支援頂ける際には、このペレットでも構いません。
もちろん、これまでの砂でも構いません。
宜しくお願い致します。



     涙猫
      これで、こまめに砂を交換してもらえる・・


■第一猫部屋から隔離
DSCN1969.jpg
ビリオもひどい下痢のため隔離。
ジラルと同じトリコモナス原虫がいました。トイレを共有できないのでしばらくはゲージ生活です。


DSCN1968.jpg
威嚇しっぱなしのクロでしたが、ケージ生活になったら大人しくなりました。カンピロバクターがいましたが、現在は検便クリア。でも下痢が続いているので様子観察しています。猫じゃらしに食いつきますので遊んであげて下さい。


    花壇
    
     ママに捨てられちゃったよ・・
     猫


■昨日、母猫が庭先に置いて行きました。
菅野さんからのSOSでした。
庭先に置いて行って、その後は現れなかったとのこと。お乳が出なくなったので菅野さんに育児を託したのでしょう。菅野さん⇒猫サロンという道筋を分かっていた賢い猫ちゃんでした 


IMG_20190522_101521_20190522152349.jpg
菅野さん撮影の保護時の2頭。明らかに体格に差があります。お乳の出る乳首は奪い合い。押しの強い白黒ちゃんが独占していたのでしょう。
お乳の出にバラつきがあったということがわかりますね。


DSCN1844.jpg
生後1ヶ月程度のメス。少し赤みのある黒です。


DSCN1853.jpg
少し毛が長い? 長毛になるかなー

DSCN1842.jpg
兄弟と比べると一回り身体が小さいけど元気一杯です。

       恐竜
      医療費のカンパ、ありがとうございます。

DSCN1855.jpg
こちらは母乳を独り占めしていただろう男の子。

DSCN1862.jpg
可愛さピカイチ。

DSCN1861.jpg
こちらも長毛?と思わせる毛並みです。

DSCN1859.jpg
兄弟一緒でもらって下さる方優先とさせて頂きます。
       目隠し
     天秤にはかけられないわ・・
080-3018-5209へご連絡を。



■お手伝いありがとうございました。
菅野さんと妹の藤原さん、月曜日に古着を持って来て下さいました。
DSCN1832.jpg
菅野さんの「立って洗えると楽なんだけど・・」という一言で目黒さんが不用になっていた流し場を設置して下さいました。これでトイレの容器掃除がとても楽になりました。感謝!!

DSCN1825.jpg
お掃除ありがとうございます。古着はまだ私が着れるので、私のお古を猫ベッドに使わせて頂きますね。
下痢の子が多いく、ベッドがすぐに汚れるので古着は助かります。



■里親さん便り

1558352819695.jpg
石川チビ君(上)とナッツ君。

1558352807458.jpg
もう1歳になります。

1558352791975.jpg
チビ君の方がママにベタベタとのことです。

小鳥

1558051310874.jpg
平山紅(べに)ちゃん。とてもお利口だそうです。
可愛い首輪をしてもらって良かったね。


         白
       これからも宜しくお願いします。




★レオ君のお問い合わせについて

DSCN1883.jpg
レオ君の引き合いがありましたが、現在真菌のため頭や背中が脱毛状態です。且つ、トリコモナス原虫が見つかり、免疫力が低下した際にはひどい下痢になる可能性があります。ですのであまりお勧めはできません。
他に気になる子がいましたら再度ご連絡下さい。

DSCN1884.jpg
「僕、はげてしまったし・・別の子を選んでいいよ」
DSCN1885.jpg

   虹
   真菌は完治に1ヶ月位かかります。




■21日のお客様
いつもお供物を寄付して下さっている「みちのく動物霊園」の工藤さんと霊能者の池田さん(男性)がいらっしゃいました。池田さんが来場する旨を工藤さんに伝えたところ、ご職業柄いろいろ教わりたいということでしたので、急遽プチ勉強会になりました。

DSCN1833.jpg
数年間奥様を介護してきた池田さんですが、3月に奥様が他界されたとのことです。まだ逝く時期ではないのに「どうして早く逝ったの?」と聞いたところ、「早く貴方のお仕事の手伝いをしたいと思って・・」とのこと。自分が亡くなることで精一杯仕事をすることができ、且つ、あの世から何か手伝いたい、という奥様の思いです。池田さんによると「人間は魂があるので誕生も死も選べる」ということでした。

     動物園
    猫はいいよな・・
オレたちペットにはなれないし・・


★池田さん、今回じっくりといろんな猫を見て、これまで知ることのなかったことを知ったと話していました。そして猫のことをもっと知ることがこれからの勉強だとも・・
現在、サロンには症状の重い子がいますが、その子たちのヒーリングを依頼しました。クーゴと春ちゃんの蓄膿症とジラルのトリコモナス原虫によるひどい下痢。薬もほとんど効果無しで、最後の頼み綱は霊的なヒーリングでした。「猫はなぜ病気になるのか」・・それにはいろんな心の思いがあるようです。
 池田さんの話を要約すると、まず基本的に動物には魂はない。でも、猫と犬は人間から本物の愛情を受けることによって魂を持つことができ、猫も犬も魂を得たいと願っている。だから猫や犬は必死に人間との関わりを求め、愛情を求めている。すんなりと魂を持てる子もいれば、なかなか魂を持てない子もいるので、病気になることで飼い主の愛情を一心に自分に向けさせ、早く魂を持とうとする。なぜなら、魂を持つことで死後に楽園に行くことができ、転生ができるようになる。魂を持たないものは転生はできずに消滅の道をたどる。人間は魂があるので転生し、その過程で魂の進化を成し遂げた者は天国へと入る。天国へ入ったものは転生する必要がなくなるが、強い希望(目的)があれば転生可能。魂の進化の努力をせず、極悪非道の人生を送った者は次には動物や昆虫に転生し、やがて魂は消滅する。


     涙猫
     魂の形成には人間の愛情が必要なのです・・

以前、池田さんが見えた時にパルボに感染した仔猫がいましたが、霊視してもらったところ、とても心を痛めているとのことでした。「この子は『自分はおもちゃ代わりで、本当の愛情ではなかった』と言っているよ。」と。実は、一旦里親宅に行ったのですが、1週間ほどでパルボになり、治療のために引き取った子でした。幸い、その子は克服して里親宅に戻りました。もちろん、池田さんの言葉をそのまま伝えました。里親宅ではみんな気持ちを入れ替えて、本当の愛情で迎えて下さったので今ではとても元気です。「仔猫といえ本当の愛情がどのようなものか理解している」という大切なことを私も教わりました。
 今回、池田さんの話しを伺って、ペットが難病や重度の病気になった時は、飼い主の愛情を一心に受けたいという心の表れと捉え、症状を単に悲しむのではなく、「魂が欲しかったのね」と理解してあげることの方が、飼い主もペットも心が和らぐと思いました。池田さんから「サロンの猫のほとんどは魂を持てました」とのありがたいお言葉を頂きましたが、中にはまだ魂を持てない子もいるはず。触れない子、威嚇し続ける子などがそうだと思います。ですので、これからは「魂を持とうね」と声がけしていきたいと思います。触れなくても、「ここに来たご縁で魂が誕生しますように」と伝えてあげたいと思います。
実際、今日はサロン内にいる猫たちに「魂ができたよー。ポーン!」とおまじないのように話していました。



猫娘
まだまだ話は尽きませんが、今日はこの程度で・・