手製のケージに挑戦してみて!  

  アシカ

■材料は100円ショップ。3.000円で完成!!
FullSizeRender.jpg
里親の庄司さん宅で作ったケージをご紹介致します。
仔猫用ケージはこれで十分です。


170522_2148~03 170522_2156~01
猫ちゃんたちが使用しなくなったとのことで、本日サロンに寄贈して下さいました。ありがとうございます。


    猫
     「踏み台を設置しないと上段に行けないよ」


アヒルのライン


■里親募集でーす。
本日、鶴巣パーキングエリアで保護された野良の仔猫。くっきーさんがリレーして下さいました。

   連絡先) 080-3018-5209


170522_2149~02 170522_2151~01
頂戴したケージを新入り仔猫に使わせて頂きました。

170522_2159~01 170522_2148~01
① 1ヶ月の長毛のオス。


170523_1049~02 170523_1050~01
② オス。


170522_2029~01
くっきーさんと仔猫を保護した方の差し入れ。
 ありがとうございます。

   
キングパンダ
    「離乳食を食べさせられる飼い主さん、よろしく!」

★ コメント欄でのお問い合わせの場合は、管理人のみの閲覧指定で結構ですので、必ず連絡先の記入をお願いします。

ケーキライン


■庄司さん、授乳に挑戦

170522_1512~01 170522_1513~01
ケージを運んで下さってありがとうございました。
お礼に・・ではなく、仔猫のミルクやりをお願いしちゃいました。


170522_1512~02
お手手でしっかり捕まえているのが可愛いですね。

       チューリップ


怪獣ライン


■支援品をありがとうございます。
多賀城市の佐々木さんより頂戴しました。
お電話を差し上げたのですが、別のお宅のようで・・画面で御礼申し上げます。
ありがとうございました。是非遊びにお越し下さい。


170522_2019~01
愛猫(ちゃちゃちゃん)が小粒しか食べられなくなったので在庫フードと支援金を送って下さいました。
(中継を見て送って下さいました)


    魚と猫
     「シーバが来たぞ・・早い者勝ちだっ!」

★ 土、日曜日の多忙のため、どなたからどの支援品を頂戴したか混乱してしまいました。
中継を見て持参して下さった方、はるなさん、ルークママ、岩本さん、遠藤さん、山中さん、和泉さん、他皆さん、ありがとうございました。
はるなさんから頂戴したトイレはナナちゃんの里親さんに差し上げました。(ナナちゃんの砂の掻き出しがすごくて普通のトイレでは掃除が大変です。私も心が折れそうに・・)


170523_0132~01 お母さんと猫
遠藤さん、ありがとうございます。

170523_0410~01もち食う猫
和泉さん、ありがとうございます。

170523_0131~01 工事現場の猫
いろんな方のいろんなもの・・すみません 
ありがとうございます。


170523_0853~01クッション猫
ルークママからドッサリ・・助かります。
ありがとうございます。


       はなかご
         「ありがたいニャ 

170523_0120~01 170523_0143~01
岩本さん、ありがとうございます。
猫食器も下段に収納し、キッチン周りがスッキリ。



170522_2026~01 170523_0309~01
コットンは常備品。猫の目ヤニ取りに使用。
ルークママのお母様からです。ありがとうございます。


ありがとう

170523_0308~01 170523_0303~01
クッションカバーはありがたいです。    (使用前)

170523_0252~02 170523_0252~03
お勧めのアイムス新製品サンプル60g。
1日の摂取量は体重4kgでフード60g(理想的体重です)。これを日に2回に分けて理想的体重を維持。
この分量を目安にして愛猫の摂取量を再確認して下さい。(写真撮りしていると横からオヨネ)


オヨネ
「今は食い気ばかりだけど、若い頃は・・ウッフン」(オヨネ)

ハートライン


お客様

  中継後の皆さんからのお問い合わせとご来場、御礼申し上げます。お陰様で仔猫たちの譲渡が次々と決まり嬉しく思っております。
仔猫たちはどんな病気を持っているか・・譲渡の時は元気でも、落ち着いた頃に体調の変化などが表れることがありますのでご了承下さい。
 サロンではいろんな猫がやって来ますので感染症のリスクも高いです。一日も早く飼い主さんに託して保護猫の安全を確保したいと思っておりますのでご理解とご協力をよろしくお願い致します。

            抱っこされる仔猫

スポンサーサイト
■ゆのちゃん、ママと久しぶりのご対面です 
151104_1556~02 151104_1556~01 わーい!
我が家で表情がきつくなってしまったゆのちゃんですが、お家に帰ったら元のほんわかお顔に戻ってね 

151104_1511~01
151104_1410~01
器用なご夫妻は道路標識にペイントして下さいました。
151104_1905~01 お見事・・
不安一杯の林道もこれで安心して来れます 

■トムパパの同級生家族が会していも煮会
食材や容器などすべて準備して来て下さいました。
151103_1304~02 151103_1302~02
151103_1301~02
カレーライス・いも煮・ホルモン鍋・サラダと焼きいも・・と豪華な昼食。
食べるのに一生懸命で写真撮るのを忘れてしまいました。とても美味しかったです。

151103_1301~03
151103_152558.jpg
焚き火も豪快・・火もご馳走のうちです。

151103_140318.jpg
左から、トムパパ、ゆのパパ、二軒隣の木山さん、トムパパの同級生・・
頼もしい男性陣。 


■リース講座も急遽開催・・材料は現地調達。

151103_1614~04 151103_1614~02
ゆのママさんご指導の元、楽しく時間が過ぎていきました。
151103_1614~01 151103_1615~03
151103_1615~02 骨組みができました
151103_1615~01 あじさいと山ぶどう

151103_1646~01

151103_1647~02
完成しました! どちらもステキ 

151103_1106~02 151104_1359~01
ゆのママさん作成のリース。 
151103_1106~01
部屋に華やかさが加わりました。

■子供たちは子犬と仔猫のそばから離れません

151103_1156~01 151103_1157~01
動物にさわれなかった妹さんもこの通り・・ 

151103_1149~01 151103_1159~01
ルピーにミルクを飲ませて、優しくスリスリ・・膝でスヤスヤ寝ました。

151103_1107~01 151103_1109~01
どちらも大きくなりました 

151103_1158~01 151104_1115~01
ルビーは少し目が開きましたが、まだ見えていない様子。

★相変わらずイタズラが絶えないプルト
151107_1918~03 151107_1918~01
新拠点の泉ヶ岳の猫シェルター&里親サロンの様子がわかります😊
ブログ同様、宜しくお願い致します✨
facebookへはこちらをクリック
■カラーが外れて、仔猫たちとタックルを始めたプルト

150901_1818~01
クンクン・・プルトの匂いをかぐチビちゃん。

150901_1819~02 150901_1819~03
「私にも飲ませて・・」

150901_1817~02 150901_1817~01
プルトのタックルの犠牲に・・でもちゃんと手加減しています。
まるで見えているような仕草です。やはり急いで眼球摘出しなくて良かった! 


■ 黒白仔猫2頭が猫カフェに決まりました 

150831_1150~01 150831_1153~02
今週中にお店に行きます  


■目が見えるようになって元気一杯の2頭です。
150829_0933~02 150829_0933~01
食欲も旺盛。このまま順調に育つように願います。

150828_2025~01
「出たいよ~」

■ エイズ組はほのぼの雰囲気・・だけどメス同士です。

150828_0913~02 150828_0913~03
トム君のママとメタボのハチ。ハチはすっかり頼りきっています。
トムママは誰にも優しい性格です。


150828_0913~04 150828_0913~01
ハチはエイズでありませんが、エイズはそう簡単にはうつらないので同じ部屋でも大丈夫てす。
★ プルトの眼が最悪の状態に・・角膜腫瘍に 

150813_0558~01
悲惨の症状ですが、仔猫の目ヤニをそのままにしておくとウィルスが蔓延して角膜が腫瘍化してしまう、最悪の結果になるので目ヤニをあなどらない・・早めの処置が大切です。保護した時点ですでにウィルスに侵されていたブルトの眼。このようになってしまっては両眼摘出するしかないようです。片目の手術に1時間かかり、ブルトの身体では2時間の手術に耐えられない危険があるとのことで、もう少し体重が増えるまで手術を見合わせることになりました。

150812_1034~01 150812_1034~02
看護士のお姉さんに抱かれてゴロゴロ・・・